PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の大切な映画があれば…人と映画の物語

おしえて! みんなの映画デート vol.1

イラストレーターHさんの場合「わたしの思いも沈没デート」

SNSで最新情報をチェック!
おしえて!みんなの映画デート

デートの定番といえば「映画デート」。
映画館やおうちでなど、映画鑑賞は今もデートの鉄板です。

「映画 デート」とネットで検索してみると、「気をつけるポイント」「思わぬ落とし穴!」「デート向き映画の注意点」という見出しが。どうやら映画デートには、ちょっとしたコツがいるようですね。映画デートは、暗がりの中、2時間近くを共に過ごすという特殊なシチュエーション。どんな映画を選ぶかもまた、恋の駆け引きや顛末に大きな影響を与えるものです。では、どんなところに注意すればいいのでしょうか…?

そこで、みなさんのいろんな意味で心に残る映画デートを教えていただき、そこから教訓を導きだそうというコーナーをはじめます! 題して「おしえて! みんなの映画デート」。

第1回の教訓はこちら!!

映画デート 教訓その1
「洋画でも邦画でも“濡れ場”はある」

では、その一例をご紹介しましょう。

vol.1 イラストレーターHさん(20代女性)の場合
(あるある度★★★ 後悔度★★★ いい思い出度★★★)

中学3年生の夏、同級生の野球少年に告白しました。彼はクラスでも目立つタイプの明るい男子。いつも廊下をスライディングしたり先生にカンチョーしたりと先頭を切ってふざけているのに、勉強の成績はいつもトップ。おバカな姿と頭のよさのギャップにやられて想いを伝え、めでたく付き合うことに。

そんな彼との初デートが、映画デートだったんです。

行き先は、当時うちの地元で定番の初デートスポットだった東京郊外のシネコン。休日に彼に会うのは初めてで、ふたりきりで出かけること自体がうれしくて、観る作品は当日映画館で決めようと約束しました。

デート当日、わたしはちょっとでも相手に「かわいい」と思ってほしくて、精一杯大人びたおしゃれをして出かけたんです。

ところが、待ち合わせ場所に現れた彼の姿に仰天!

意味不明な英字プリントTシャツ(色は赤!)に、くすんだベージュのハーフパンツ、明らかに子ども向けのマジックテープ止めのサンダルという出で立ち。たしかに、学生服と野球のユニフォーム姿の彼しか見たことがなかったな…」と頭の片隅で思いつつ、もうドン引き。

とはいえ、映画館に着く頃には「これから男の子とふたりで映画を観るんだ」という事実に、気づけば再びテンションはマックスに。

その日、上映中の映画は『ゾディアック』と『日本沈没』。わたしは瞬時に頭を働かせて「洋画だと、エロいシーンがあって気まずくなりそうだよな…邦画のほうが無難なはず!」と考え、『日本沈没』を観ることを彼に提案。

席について間もなく『日本沈没』の上映が開始し、日本列島沈没の危機が迫る中で巻き起こる、人々の愛や葛藤のドラマに、ドキドキハラハラしながら夢中で映画を観ていたのですが…。
終盤、事件は起きました。

日本列島沈没前夜、「日本の運命はどうなってしまうの…!?」と物語への不安が絶頂に達するわたしの前で、まさかの展開が……!
柴咲コウさん演じるレスキュー隊員・玲子が急に、草彅剛さん演じる潜水艇のパイロット・小野寺に「小野寺さんが好き。もうどうしたらいいかわからない」と、告白したのです!!

「こっ、これは…まさか…」といやな予感がした瞬間、濃厚なキスシーンがスタート。挙げ句の果てに、玲子は「抱いて」と小野寺の耳元でささやくではないですか!!!

ウブだったわたしには、最悪のシチュエーション。

小野寺は泣きながら、非常事態を目前に控えているから「今はできない」と玲子に伝え、玲子はショックを受けながらも彼の答えを受け止め、ドラマはクライマックスへ(ベッドシーンがなかったのだけが救いでした)。

「もう! できない、なら最初から『抱いて』なんてセリフ登場させないでよ!!!」(当時のわたしの心の声)

その間、隣の野球少年との間にはピーンと張り詰めた空気が流れ続け、変な汗が出まくり。ラブシーンに反応してるとは絶対に思われたくなかったので、必死に意識を抜きながら映画を観ました。

この日の事件で彼への気持ちがすっかり冷めてしまったわたしは、デートの翌週、学校の廊下で彼に別れを告げました。

そのときの彼の「え、なんで?」という表情が今でも忘れられません。

おしえて!みんなの映画デート

《教訓その1 まとめ》

「付き合う前・付き合いたての映画デートはオススメ!」と言われがちですが、意外な落とし穴がここ! いわゆる“濡れ場”です。

まだ手をつないだこともないふたりだからこそ、映画館での席の近さにドキドキしてそれがいいはずなのに、濡れ場はこの“近さ”を地獄に変化させます!!

当時のHさんのように、ティーンエイジャーであればなおのこと。感情を無にして映画を観るしかないですよねー…。

まだお付き合いしていない人とのデートのとき、一体濡れ場をどんな表情で観るのが正解なんでしょうか…? ぜひ、みなさんの体験も教えてください!

PROFILE
イラストレーター、漫画家
日向山葵
Wasabi Hinata
すっとどっこいなテンションとほのぼのとした空気感が持ち味。
ポカポカしつつ、ピリッとからい。
RANKING最新ランキング
  1. No.01
    木村文乃 インタビュー
    “不器用だからこそ、わかる”
    木村文乃が迷った時に、先に進む方法とは
  2. No.02
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  3. No.03
    DVD棚、見せてください。第15回
    「映画を観続けてきた自分の人生を、誰かに見せたい」
    映画ファンが集う空間をつくった、飲食店オーナーのDVD棚
  4. 多部未華子が“恋する”人と映画 No.04
    多部未華子 インタビュー
    多部未華子が“恋する”人と映画
  5. 僕の永遠のスター“ビル・マーレイ” No.05
    Homecomings 福富優樹のビデオショップ・コーナーズ vol.6
    僕の永遠のスター“ビル・マーレイ”
  6. 「愛とはなんだ?」<br>めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない? No.06
    岸井ゆきの×成田凌×深川麻衣×若葉竜也
    「愛とはなんだ?」
    めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない?
  7. 壁を突破していく力を ヒーローをつくりだす男から学ぶ No.07
    脚本家・中島かずき インタビュー
    壁を突破していく力を
    ヒーローをつくりだす男から学ぶ
  8. 凸凹だっていい! “最低だけど最高な家族”に気持ちが晴れていく No.08
    妻夫木聡×蒼井優 対談
    凸凹だっていい! “最低だけど最高な家族”に気持ちが晴れていく
  9. 表現者として、ひとりの人として。井浦新が語る、いちばん大切なもの【後編】 No.09
    井浦新 インタビュー
    表現者として、ひとりの人として。井浦新が語る、いちばん大切なもの【後編】
  10. 「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」という“呪い”から、映画と旅が解放してくれた。『生きるって、なに?』を生んだ、愛と葛藤の日々とは? No.10
    地球の広報・旅人・エッセイスト たかのてるこインタビュー
    「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」という“呪い”から、映画と旅が解放してくれた。『生きるって、なに?』を生んだ、愛と葛藤の日々とは?