PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば
白いリボン

白いリボン

ツイート
LINEで送る
映画情報
あらすじ

第一次世界大戦直前、北ドイツの小さな村。
大地主の男爵が実権を握るプロテスタントの村で、敬虔な人々は静かな暮らしを送っていた。
きっかけはある事故である。
帰宅途中のドクターが落馬して大怪我を負う。道に張られていたワイヤーが原因だった。
そして誘発されるように次々と不可解な事件が起こる。
小作人の死、荒らされるキャベツ畑、そして子供の失踪。
村の人々は疑心を募らせていく。果たして誰の仕業なのか?
人々の疑心によりやがて村全体を張り詰めた緊張感が覆っていく・・・。

映画を楽しむ
映画の言葉
記憶というのは 生きていくための燃料のようなものです
By 心療内科の医師
『母とわたしの3日間』より
5周年