PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば
ライフ・アクアティック

ライフ・アクアティック

ツイート
LINEで送る
映画情報
あらすじ

世界的に有名な海洋学者にして海洋ドキュメンタリー監督のスティーヴ・ズイスーは、ここ数年ヒット作に恵まれていない。さらには、撮影中に長年のパートナーが幻の怪魚"ジャガーザメ”に喰われてしまった。
なんとしても仲間のリベンジを果たし、自身の名声をも取り戻すため、ズイスーは新たな航海に出ることを決める。突然名乗り出てきた昔の恋人の息子ネッドや、取材に押しかけた女性記者ジェーンも加わって、探査船ベラフォンテ号は運命を賭けた航海に乗り出した。しかし、そこには思わぬ“悲劇"が待ち受けていたーー。

映画を楽しむ
関連記事を読む
映画の言葉
記憶というのは 生きていくための燃料のようなものです
By 心療内科の医師
『母とわたしの3日間』より
5周年