PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば
パーマネント・バケーション

パーマネント・バケーション

ツイート
LINEで送る
映画情報
あらすじ
NYの裏町のアパートでわびしい都会暮らしを送る16歳の少年アリー。眠れない晩、いつものように町をあちこち歩き回って部屋に戻ってきた彼は、同居生活を送りながらどこか心がすれ違う恋人リーラに対し、自身の孤独感と漂流の必要性を訴えるが…。
映画を楽しむ
映画の言葉
記憶というのは 生きていくための燃料のようなものです
By 心療内科の医師
『母とわたしの3日間』より
5周年