PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば
台北ストーリー

台北ストーリー

ツイート
LINEで送る
映画情報
あらすじ
急激に経済成長し、大きく変わりゆく台北。一組の男女がマンションの下見に訪れた。不動産ディベロッパーで働くキャリアウーマンのアジン。家業を継ぎ、廸化街で布地問屋を営むアリョン。そんなある日、突然勤めていた会社が買収され解雇されてしまったアジンは、アリョンにアメリカへの移住を提案するのだったーー。
映画を楽しむ
関連記事を読む
映画の言葉
記憶というのは 生きていくための燃料のようなものです
By 心療内科の医師
『母とわたしの3日間』より
5周年