PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば
ノルウェイの森

ノルウェイの森

ツイート
LINEで送る
映画情報
あらすじ
高校時代に親友・キズキ(高良健吾)を自殺で喪ったワタナベ(松山ケンイチ)は、誰も知っている人間がいない東京の大学に行く。そこでワタナベは空っぽな日々を送るが、偶然キズキの恋人だった直子(菊地凛子)と再会する。大切なものを喪った者同士付き合いを深めていき、ワタナベは直子に魅かれていく。そして、直子の二十歳の誕生日に二人は夜を共にする。ところが、ワタナベの想いが深まれば深まるほど直子の喪失感はより深く大きなものになっていき、直子は結局京都の療養所に入院することになる。そんな折にワタナベは大学で、小動物のように瑞々しい緑(水原希子)と出会う。ワタナベは、直子とは対照的な緑と会うようになり、あるとき緑の自宅で唇を重ねる。その後、直子から手紙が届き、ワタナベは直子に会い行く。そこで、ワタナベはギターによるビートルズの「ノルウェイの森」を聴くことになる。それは、直子が大好きな曲だった。彼女はその曲を聴くといつも涙が止まらなくなるのだった…。
映画を楽しむ
映画の言葉
記憶というのは 生きていくための燃料のようなものです
By 心療内科の医師
『母とわたしの3日間』より
5周年