PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば
ひばり・チエミの弥次喜多道中

ひばり・チエミの弥次喜多道中

ツイート
LINEで送る
映画情報
あらすじ
芝居小屋で下足番として働く二人の娘、お君とおとしをめぐって急展開。ひょんなことから二人は麻薬事件に巻き込まれ、へっぽこ役人にワルの一味と勘違いされて東海道をスタコラ逃亡。テンヤワンヤの道中を続けるうちに、麻薬団を追う青年与力・秋月七之丞と知り合うことに。忽ち二人はカッコイイお侍にウットリ、それぞれ勝手な恋の想いを胸に描くことに。憧れの秋月をめぐって一度は仲違いをするものの、やがては秋月を助けて大奮闘。見事、麻薬団のワルどもをやっつけてしまうのです。
映画を楽しむ
関連記事を読む
映画の言葉
記憶というのは 生きていくための燃料のようなものです
By 心療内科の医師
『母とわたしの3日間』より
5周年