PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば
哀愁

哀愁

ツイート
LINEで送る
映画情報
あらすじ
空襲下のロンドン。英国将校クローニンはフランス前線に赴く前日、ウォータールー橋でバレリーナのマイラと出会う。瞬く間に恋に落ちたふたりは結婚を約束するが、クローニンがフランスに渡って数日後、マイラは彼の戦死を新聞で知る。絶望感から“夜の女”へと身を落としていくマイラ。しかし、1年後、ふたりは思わぬ再会をする・・・。戦争で引き裂かれた男女の悲恋物語が涙を誘う不朽のラブ・ロマンス!
映画を楽しむ
関連記事を読む
映画の言葉
記憶というのは 生きていくための燃料のようなものです
By 心療内科の医師
『母とわたしの3日間』より
5周年