PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の大切な映画があれば…人と映画の物語
凸凹だっていい! “最低だけど最高な家族”に気持ちが晴れていく

妻夫木聡×蒼井優 対談

凸凹だっていい! “最低だけど最高な家族”に気持ちが晴れていく

SNSで最新情報をチェック!

二人は空気感が似ている、と感じました。恋人や夫婦役で何度も共演をしている妻夫木聡さんと蒼井優さん。実際でも仲良くなりすぎて、二人の間に壁が全くなくなっているそうです。「普段は家電やカードのポイントのこととか、ママ友みたいな会話をしているね」と、和やかな会話の中で取材はスタートしました。

家族をテーマにした映画を多く生み出す山田洋次監督の作品で、ふたりは『東京家族』(2012年)で共演後、『家族はつらいよ』シリーズでも夫婦を演じ、シリーズ3作目の最新作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』(2018年5月公開)で実に4作品目。『家族はつらいよ』シリーズは、両親と3人兄弟、そして彼らそれぞれの家族が集合する場でもある平田家を中心に、日常に訪れる事件や出来事を通した物語が描かれます。その3兄弟の末っ子庄太役を妻夫木さん、庄太の妻になった憲子役を蒼井さんが演じています。生死を彷徨う大事件も、途方もない不幸も訪れないのですが、身内だからこその余計なひと言や甘えが巻き起こす騒動に、笑ったり泣いたり、「あるある」とうなずいてしまうことも。

そんな、『家族はつらいよ』シリーズに出演し、家族を見つめてきた公私ともに仲良しの二人が考える“家族”について。そして、影響を受けた映画についてお話を伺いました。

妻夫木聡×蒼井優 対談
© 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会
図々しくていい、芯が温かければ。そんな家族って希望だと思う。

『家族はつらいよ』シリーズも3作目で、平田家の面々もさらに遠慮をしない関係になった気がします。あつかましさが増しているような。家族っていい意味で、図々しさを出せる場所なんだなと。

蒼井平田家の人たちって、図々しいですよね。たいがいひどいこと言い合っていますし、実際にはあまりいない家族だと思うんです。当初は末っ子の嫁、という立場でおとなしかった憲子も、今作では旦那の実家に来てすぐに焼きそばを食べたり、第一ボタンを外していたりと、作品を重ねるごとに次第に図々しくなってきました(笑)。でも平田家は、観ていて「これでいいんだ」と気持ちが楽になるというか、希望だと思うんですよね。最低だけど最高な家族である理由は、根っこがものすごく温かいからだなって。だから私は、山田監督の映画が好きなんだよなと映画を観ながら思いました。今回が一番好きですね。大人の色気がある、ヨーロッパ映画のように感じました。

妻夫木あまり無理することなく、だからといってお互いを気にしないわけではなく、平田家のように家族は凸凹のままでいいと思うんですよね。『家族はつらいよ2』(2017年)のときも感じたのですが、「家族ってこれでいいんだ」と改めて思いました。究極まで溝が深くなってしまったら取り返しはつかないかもしれないけれど、何かあったらあったで真摯に自分の想いを相手に伝えれば届くはずです。完璧な家族なんていないので、凸凹のままでいいと考えるようになりましたね。

劇中での皆さんの会話もテンポよく、家族としての図々しさが笑って泣けるいい物語になっていると感じました。今作での、そうした平田家のあけすけな会話の中で、お好きなセリフはありますでしょうか?

妻夫木聡×蒼井優 対談

妻夫木うーん、難しいですね……喜劇的な言い回しという点から選ぶと平田家の母・富子(吉行和子)が「このまま転んだらお墓に入っちゃうわ」という台詞が好きですね。この台詞はちょっとシリアスな言葉なのに、吉行さんがのんびりした口調で言うのでおもしろいんです(笑)。富子というキャラクターのボキャブラリーがにじみ出ているセリフだなあ、と思いましたね。

蒼井セリフというよりもシーンになってしまうのですが、今回のお義兄さん(西村雅彦)のシーンはどれも素敵で印象に残りました。〔今作は、堅物で不器用な性格のお義兄さんの気遣いのない言葉によって、妻・史枝(夏川結衣)の不満が爆発し、家を出てしまうという騒動から始まります。〕

なんか……ちゃんと目の前のことに向き合おうとしている人の会話って素敵だなと思ったんですよね。あと、お義姉さん(中嶋朋子)が西村さんを追いかけて「お兄ちゃん!」と言うシーンも好きですね。

妻夫木聡×蒼井優 対談

妻夫木あー! 中嶋さんは「お兄ちゃん」が一番似合う人だね。

蒼井あのひと言だけで、ふたりの幼少期までが見えてくるように感じたんだよね。

妻夫木僕もシーンで言うと、兄役の西村さんに向かって弟の僕が忠告することで、大喧嘩に発展するシーンがあるんです。その場では物別れに終わるのですが、騒動がおさまった後に「礼を言うのは嫌だけど……」と僕に言うんです。その「……」がすごくよかったですね。それで、現場にいたみんなが西村さんの芝居に感動して、思わず泣いてしまったんですよ。

妻夫木聡×蒼井優 対談

蒼井私なんか顔が映ってなくてニットの端が映っているかどうかなのに、泣いてしまいました。

妻夫木橋爪さん(平田家の父・周造役)以外、みんな泣いていたね(笑)。

蒼井血も涙もない人だからね(笑)。

妻夫木聡×蒼井優 対談

そうだったんですか。思わず泣いてしまうのは初めてのことでしたか?

妻夫木完成した作品を観てホロリとすることはあっても、芝居の中で思わず泣いてしまうことはなかったですね。恐らく、ここまで危機的な状況は平田家にこれまでなかったんです。免許証を取り上げたり離婚を言い出したりと喜劇中心だったけど、今作のように兄嫁が家を出て行くのは結構シリアスです。そういう物語の中で、今回はきちんと互いの思いを言って、心から喧嘩できて、家族の深さを確かめられるいい機会になったと思います。だから、西村さんの芝居でぐっときたのかな。

蒼井その後の橋爪さんの「もういい、もういい」というセリフもよかったよね。友人同士では使いづらい言葉だけれど、深い関係にある身内だからこそ言えるいいセリフだなと思いました。

言葉は、相手と自分の関係性を見つめなおすキッカケになる。

今作でも、印象的な台詞や行間が散りばめられていることがわかりました。妻夫木聡さんは『東京家族』から、蒼井優さんは『おとうと』から山田組に参加されていますが、台詞の言葉以外に、山田組の現場で言われて印象に残っている言葉はありますか?

妻夫木本読みで山田監督から「血の通った芝居にしたい」と言われたことは印象に残っていますね。喜劇だからこそ笑いを届けるだけでなく、真剣に取り組むこと。誰しもが日常で感じることが題材なので、笑えてホロリとくるような、そんな物語にするには大事なことだなと思っています。

蒼井私は、監督が打ち上げで話してくださった、初めて監督をした日の話を覚えていますね。クランクイン前、緊張して眠れなかったそうで、先輩の監督のお宅に伺って「明日から自分はどうすればいいか、アドバイスをください」とお願いしたら、「現場の人間を信じることも、監督の才能のひとつだ」と言われたそうなんです。それは俳優にも言えることだし、映画の現場に携わる人たちみんなが大事にしなければいけないことだなと思います。

妻夫木聡×蒼井優 対談

「仲間を信じてゆだねる」ことは、チームで動くこと全般に当てはまる言葉かもしれませんね。そういった言葉によって、演技や現場での振る舞いが変わることはあるのでしょうか?

妻夫木大きく変わることはないですが、自分が相手をどう思っているのか、人との関係性を言葉によって見つめ直すことは多いかもしれませんね。

蒼井現場にいて迷いが出そうなとき、たとえば現場での居方に対して根を張れていないと感じるときなどは、山田監督のおっしゃった言葉のように先輩からもらった言葉によって助けてもらうこともありますね。

妻夫木僕の場合は自分を追い込んじゃう癖があるので、迷うときはとことん迷うことも多いですけどね。この現場に関してはないですけど。

蒼井『家族はつらいよ』のスタッフ、キャストに関してはもう全然壁がないですね。「先輩だった!」と後で気がつくくらい、壁がないです。でもそれは、安心できる妻夫木くんという存在が突破口となって、山田組に入れたからだと思いますね。

妻夫木聡×蒼井優 対談
映画に夢みた瞬間を思い出す、二人の大切な映画

最後に、大切にされている映画を教えていただけますか。

(二人、いろいろな映画の候補をあげて悩みながら)

妻夫木他のインタビューでも話すことが多いんですが、やっぱり『シコふんじゃった。』(1991年)が自分の基盤だと思います。全然映画を知らないころから、唯一好きな日本映画だったんです。ダメな人間が這い上がっていく、日本人の汗臭さ、泥臭さが描かれていて、僕もなにか頑張れば一歩でもステップアップできるんじゃないかという思いを奮い立たせてくれる映画ですね。あとは自分の出演作でいうなら、『ウォーターボーイズ』(2001年)ですかね。

妻夫木聡×蒼井優 対談

蒼井私は『顔』(2000年)や『双生児 -GEMINI-』(1956年)ですね。ジブリ作品とか劇場版の『ドラえもん』しか観ない家だったので、この2本を観て「こんなにおもしろい分野を私は知らなかった!」と、日本映画にハマり始めたんですよ。それから、岩井俊二監督の映画も好きになっていって……なんか、そのときの映画に夢みた瞬間の感覚はいいものですよね。それにしても、一本は難しい(笑)。死ぬ前に観たい映画とかもインタビューで聞かれるけど、難しくて答えられないですもん。

妻夫木まず、やりたいことが多すぎて、死ぬ前に映画観るかどうかが怪しいですよね(笑)。

妻夫木聡×蒼井優 対談
RANKING
  1. No.01
    ANARCHY監督 インタビュー
    自分の思いを吐き出すことができない少年へ。そこからでも、君の言葉はきっと届く
  2. No.02
    松岡茉優×小説家・恩田陸 インタビュー
    誰かがどこかで諦めたとしても、私だけは絶対に諦めない。悩んだ分、その苦労は報われるから
  3. No.03
    上田慎一郎監督 インタビュー
    人の魅力を再発見し、引き出し、伝える。
  4. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? No.04
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  5. 大切な誰かとともに、淡々と運命を乗り越える。その人間性の強さに、僕は勇気づけられるんだ No.05
    松重豊 インタビュー
    大切な誰かとともに、淡々と運命を乗り越える。その人間性の強さに、僕は勇気づけられるんだ
  6. 「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。 No.06
    有村架純 インタビュー
    「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。
  7. 映画を通して見つけだした、福士蒼汰の考える「本当の優しさ」とは No.07
    福士蒼汰 インタビュー
    映画を通して見つけだした、福士蒼汰の考える「本当の優しさ」とは
  8. 「わからなさ」を恐れるな。 人生はわからないからこそ、おもしろい No.08
    オダギリジョー監督×柄本明 インタビュー
    「わからなさ」を恐れるな。
    人生はわからないからこそ、おもしろい
  9. 過去を捨てて生きてきた。頼れるのは自分しかいない。中井貴一の“今しか見ない”生き方とは? No.09
    中井貴一 インタビュー
    過去を捨てて生きてきた。頼れるのは自分しかいない。中井貴一の“今しか見ない”生き方とは?
  10. “不器用だからこそ、わかる” 木村文乃が迷った時に、先に進む方法とは No.10
    木村文乃 インタビュー
    “不器用だからこそ、わかる”
    木村文乃が迷った時に、先に進む方法とは
INFORMATION
『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』
監督:山田洋次  脚本:山田洋次 平松恵美子 音楽:久石譲
出演:橋爪功 吉行和子 / 西村まさ彦 夏川結衣 / 中嶋朋子 林家正蔵 / 妻夫木聡 蒼井優
発売日:2018年11月7日
税抜価格:DVD ¥3,800+税 / Blu-ray ¥4,700+税
発売元:松竹
販売元:松竹
© 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会
映画界の巨匠・山田洋次監督が、国民的映画「男はつらいよ」シリーズ終了から20年の時を経て作り上げた、ファン待望の喜劇映画「家族はつらいよ」。第1作は「熟年離婚」、第2作では「無縁社会」をテーマに、日本中の家族をもつ多くの人々が共感し大ヒット。そんなシリーズ最新作のテーマは【主婦への賛歌】!気遣いのなさ過ぎる夫の言葉に、溜りに溜まった不満が爆発!ついに家を出てしまった妻と、一家の家事を担う主婦がいなくなる!という緊急事態に直面した家族の大騒動を描きます。
PROFILE
俳優
妻夫木聡
Satoshi Tsumabuki
1980年福岡県生まれ。『ウォーターボーイズ』(01/矢口史靖監督)で映画初主演。『ジョゼと虎と魚たち』(03/犬童一心監督)でキネマ旬報ベストテン最優秀主演男優賞、『悪人』(10/李相日監督)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『怒り』(16/李相日監督)で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など、数々の賞に輝く。09年にはNHK大河ドラマ「天地人」に主演。その他出演作に『バンクーバーの朝日』(14/石井裕也監督)、『ミュージアム』(16/大友啓史監督)など。その演技力には海外での注目も高く、2018年2月に公開した中国の大ヒットコメディ映画『唐人街探案2』(陳思誠監督)にも出演。山田洋次監督作品では『東京家族』(13)、『小さいおうち』(14)などに出演。
女優
蒼井優
Yu Aoi
1985年福岡県生まれ。99年、ミュージカル「アニー」でデビュー。『花とアリス』(04/岩井俊二監督)などの出演を経て、『フラガール』(06/李相日監督)で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など数多くの映画賞を受賞。その他映画出演作品に、『百万円と苦虫女』(08/タナダユキ監督)、『オーバー・フェンス』(16/山下敦弘監督)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17/白石和彌監督)など。山田洋次監督作品では『おとうと』(10)、『東京家族』(13)などに出演。