PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば
の・ようなもの

の・ようなもの

ツイート
LINEで送る
映画情報
あらすじ
古典落語の修業に励む二ツ目の落語家、志ん魚は23歳の誕生日、初めてソープランドに行く。 そこで出会ったソープ嬢エリザベスと惹かれあい、デートを重ねるようになる。 そんなある日、志ん魚は女子高の落研からコーチの依頼を受けた。 そして部員の一人、由美とのデートにこぎつけたが、由美の父親の前で一席噺をしたところ、ちっとも面白くないと言われ、大いに傷ついてしまう。 その頃、先輩の落語家志ん米の真打ち昇進が決まる。 先輩の昇進を喜ぶと同時に取り残されたような気持ちの志ん魚は、その夜仲間と将来の夢を語り合うのであった・・・。
映画を楽しむ
関連記事を読む
映画の言葉
記憶というのは 生きていくための燃料のようなものです
By 心療内科の医師
『母とわたしの3日間』より
5周年