PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば
嫉妬されるべき存在であるために

清水尋也 インタビュー

嫉妬されるべき存在であるために

SNSで最新情報をチェック!
「言えるよ どんなに謙遜したとこで 嫉妬されるべき人生だったと
言えるよ どんなにどんなに謙遜したって 嫉妬されるべき人生でしたと」
これは、宇多田ヒカルさんの「嫉妬されるべき人生」(アルバム『初恋』収録)の歌詞の一節です。映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日に公開)の主題歌として、エンディングを彩っています。
今作は、二つの並行世界に迷い込んだ主人公・崇史(玉森裕太)が、どちらが本当の世界なのか、何が本当で嘘なのか、観客も一緒になって惑わされ、観終わった後誰かと語りたくなるミステリー作品。親友・智彦(染谷将太)と、一人の女性 麻由子(吉岡里帆)をふたつの世界で奪い合う三角関係を描いたラブストーリーでもあります。
ひとつの世界では、自分の恋人である女性が、もうひとつの世界では親友の恋人になっている世界を行き来し、親友と愛する人への“嫉妬”を抱き、苦しむ主人公の姿に感情が揺さぶられます。そんな主人公の後輩・篠崎を演じる清水尋也さんに、嫉妬について伺いました。俳優としては、他人と比べて羨むことは一切なく、「嫉妬する側でなく、嫉妬される側でありたい」と語るいさぎよさ。自分の中からポジティブな感情をひねり出したいという、清水さんの大人びた魅力と、若いエネルギーに魅了されるインタビューです。
清水尋也 インタビュー

誰かの背中は追いたくない。
戦う相手は他人ではなく、自分自身

今作では、主人公とその親友が、一人の女性を巡って抱く“嫉妬”という感情が、物語のキーとなって展開します。二つの異なる世界を主人公が行き来しますが、“嫉妬”という感情は世界が変わっても自分の中に強く残り続けるものとして描かれていました。自分のコントロールが効かないところも多分にある感情ですが、清水さんは嫉妬することはありますか?

清水嫉妬にも色々な形がありますが、恋愛関係における嫉妬は、誰もが一度は抱いたことのある感情なんではないでしょうか。

清水さんは恋人に嫉妬したとき、どうされるんですか?

清水言います! 例えば、彼女が他の男性と一緒にいて嫉妬したときは、「嫌だ」って(笑)

恋人に直接ですか?

清水はい(笑)。自分の思ったことを直接伝えてくれる人の方が、関係が上手くいくのかなと思います。

これは恋愛に限らずですが、相手には「お互い思ったことを言葉にして伝えよう」という話をするし、喧嘩が起きたら、その場で原因を探ります。「僕はこれが嫌だから、やめてほしい」「君が嫌なら、今後気をつける。ごめんね」とか。そうやって問題を二人で解決することで、同じ性質の問題って起きなくなるじゃないですか。

清水尋也 インタビュー

清水さんご自身が思ったことを伝えるタイプだから、相手も同じ価値観で、意見を言い合える人の方が関係が上手くいくんですね。

清水衝突したときに、例えば「わかったわかった。とりあえず、ごめんね。」と言って自分の意見を曲げる人もいるけれど、その場はそれで収まっても結局は問題が解決されていない。だったら、衝突を避けないで、これからより良い関係を築いていくためにも、喧嘩というか、お互いの意見をぶつけることは重要だと思いますね。

今作の崇史が智彦の才能に嫉妬を抱くように、友人や周りの俳優に嫉妬することはありますか?

清水一切しないですね。

即答ですね!

清水はい(笑)。僕はいま19歳なんですが、同世代の役者は誰が頭ひとつ出るのか、やはりみんな周りを伺っている感じはあります。僕らの上の世代の、例えば23、24歳の役者の方は、たくさん活躍されている俳優さんがいらっしゃるので、そこを目指して2~3年後までの助走の一歩目が“現在”という感覚があるんだと思います。

山崎賢人さん、吉沢亮さん、二階堂ふみさん、土屋太鳳さん、小松菜奈さんなどが23、24歳の世代の役者さんですね。

清水でも、僕はそういうことに一切興味がなくて。誰かに嫉妬する時点で、もう背中を見てしまっているというか。

清水尋也 インタビュー

誰かの背中は追っていないと。

清水そういう図々しさというか、ある程度の自信は必要だと思っていて。例えば、僕が出演している作品を観て「あのお芝居よかったよ」と言われた時に、「いやぁ、まだまだですよ」と謙遜するのではなく、「ありがとうございます」って素直に答えられるようにしたい。

そうじゃないと作品に対して失礼じゃないですか。せっかく、作品に関わる人みんなが全身全霊をかけてつくっているのだから、自信を持って「すごくいい映画です」って言うためにも、120%のクオリティのものを出したと言えないといけないと思います。

いい作品をつくるためには、他人の才能に嫉妬している場合ではないということですか。

清水そうですね。ネガティブな考えが全くないわけではないですが、基本あまり後ろ向きなことは考えないタイプです。あと、周りと比べてやる気になるよりは、自分との戦いの中でそういう感情を捻り出していきたいと思っています。

清水尋也 インタビュー

清水尋也の「心の一本」の映画

今作で清水さんは、主人公と同じ研究所に所属する後輩・篠崎を演じられました。中盤、篠崎は何かに取り憑かれたように変貌していき、そこから段々と主人公が見ている世界が歪み始めます。一瞬で、その世界に“不穏さ”を持ち込む演技が印象的でした。以前、清水さんは映画『ダークナイト』(2008)でジョーカーを演じたヒース・レジャーのように、俳優の中でも少しズレた位置にいたいとおっしゃっていましたね。

清水僕は、この仕事をしている以上、オリジナリティは大事だと思っています。俳優であれば、みなそういう想いを抱くと思うのですが、“代わりのない存在”になりたい。「この役は、清水尋也しかできない」って思ってもらえる役者になりたいんです。

今回共演させていただいた染谷将太さんは、まさにそういう役者さんだと思います。染谷さんが演じる役って、「これは、染谷さんにしかできない!」って感じるじゃないですか。

今作の森義隆監督も、智彦という「天才で、障害を抱えていて、内面的で、と非常にアプローチが難しい役」に、「僕があの世代で一番いいと思っている染谷くんに声をかけました」とおっしゃっていますね。清水さんは、15歳の時に観た映画『ヒミズ』での染谷さんや二階堂ふみさんの演技に、大変衝撃を受けたと伺いました。

清水僕はあの時、映画のことも、演技のことも、全くわからなかった15歳でした。それなのに、この作品を観て、染谷さんや二階堂さんの演技に圧倒されて「すごい!」と感じたんです。お二人は、未成年で自分のアイデンティティを確立できなくてもがき苦しむという役柄を演じていました。未成年のもがきって、当事者である場合、それを客観的に捉えることって難しいと思うんですよ。

清水尋也 インタビュー

当時、お二人は染谷さんが19歳、二階堂さんが16歳でした。

清水だから、自身が未成年でリアルタイムに経験していることを、演技で表現するって相当至難の技だと思うんです。それを、未成年のお二人がリアリティを持って演じられていて、演技のことは何もわからなかった僕にもそのすごさが伝わった。その経験が僕にとっては大きくて。この作品を観て「自分はこの道でやっていく」と役者に本腰を入れました。

僕も「清水尋也」というオリジナルになって、染谷さんと一緒に肩を並べて作品がつくれるようになりたい。だから、「目標とする人はいますか?」と聞かれたら、「目標にされる人になりたいんです」って答えていますね。

嫉妬するより、嫉妬される側でいたいと。

清水嫉妬されるのって気持ちいいですよね(笑)。

では、最後に心の一本の映画を教えてください。

清水悩みますね~。役者としてなら『ユージュアル・サスペクツ』(1995)のケヴィン・スペイシーが一番印象に残っているんですが、作品として一番心に残っているのは『トレインスポッティング』(1996)です。何度も繰り返し観ていて、今でも月に一度は観ます。

ダニー・ボイル監督のイギリス映画ですね。当時まだ無名だったユアン・マクレガーが主演を務めています。

清水僕はUKロックが好きでよく聴くのですが、この作品には、イギー・ポップやアンダーワールドなどの曲が作中で使われていたり、登場人物のファッションもかっこよかったりして。

当時、オアシスのスタイリングを担当していたレイチェル・フレミングが衣裳を手掛けていたんですよね。

清水あの作品に込められているカルチャー全部が好きですね。あそこまで泥臭くて汚いのに、オシャレに見える映画ってなかなかない。しかも「俺たちオシャレだろ?」って構えてないのが、さらに良くて。

もちろん続編の『T2 トレインスポッティング』も観ました。なんか悪ガキっぽいテンションになりたい時とか(笑)、ちょっと心が荒んだ時に観たくなる映画ですね。

PROFILE
俳優
清水尋也
Hiroya Shimizu
1999年、東京都生まれ。
『渇き。』(2014)で注目を集める。主な出演映画に、『ソロモンの偽証 前編・事件/後編・裁判』(2015)、『ちはやふる(上の句 下の句・結び)』(2016・2018)、『3D彼女 リアルガール』(2018)など。待機作に5/24公開『貞子』、6/28公開『ホットギミック ガールミーツボーイ』、2020年公開予定「甘いお酒でうがい」など。
INFORMATION
『パラレルワールド・ラブストーリー』
出演:玉森裕太 吉岡里帆 染谷将太 筒井道隆 美村里江 清水尋也 水間ロン 石田ニコル / 田口トモロヲ
原作:東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」(講談社文庫)
監督:森義隆 
主題歌:宇多田ヒカル「嫉妬されるべき人生」(Epic Records Japan)
企画・配給:松竹
2019年5月31日全国ロードショー
©2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 ©東野圭吾/講談社
累計発行部数150万部を超える東野圭吾のベストセラー小説「パラレルワールド・ラブストーリー」。これまで映像化不可能と言われて続けてきた本作が、ついに待望の映画化!

ある日突然、崇史(玉森裕太)が迷い込んだ2つの世界。1つの世界では、愛する麻由子(吉岡里帆)と自分が恋人同士。しかし、もう1つの世界では麻由子が親友の智彦(染谷将太)の恋人に…。混乱する崇史の前に現れる、2つの世界をつなぐ【謎】の暗号。目が覚めるたびに変わる世界の中で、真実にたどりつけるのか——
RANKING
  1. 01
    映画を観た日のアレコレ No.64
    フリーアナウンサー
    大橋未歩の映画日記
    2022年4月3日
  2. 02
    映画を観た日のアレコレ No.65
    ダンサー・振付師
    Seishiroの映画日記
    2022年4月26日
  3. 03
    グラフィックデザイナー 大島依提亜 インタビュー
    映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる!
    宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは?
  4. 愛情の残酷さと、バカバカしさと。 04
    瀬戸康史×城定秀夫監督 インタビュー
    愛情の残酷さと、バカバカしさと。
  5. 臆病なライダーが、カレーの脇道をひた走る。/『イージー・ライダー』 05
    水野仁輔の旅と映画をめぐる話 vol.17
    臆病なライダーが、カレーの脇道をひた走る。/『イージー・ライダー』
  6. 世界は暗いままではない。 映画をとおして「生きる力」を描く 06
    伊東蒼×片山慎三監督 インタビュー
    世界は暗いままではない。
    映画をとおして「生きる力」を描く
  7. スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』 07
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第16回
    スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』
  8. 「耳」を映画館の環境に! おうち映画をもっと楽しむ、おすすめヘッドホン・イヤホン9選 08
    映画鑑賞におすすめ! おすすめヘッドホン・イヤホン特集
    「耳」を映画館の環境に!
    おうち映画をもっと楽しむ、おすすめヘッドホン・イヤホン9選
  9. 「目の前にいる人」へ想いを巡らすことは、見知らぬ他人への想像力となる 09
    嵐莉菜×奥平大兼×川和田恵真監督 インタビュー
    「目の前にいる人」へ想いを巡らすことは、見知らぬ他人への想像力となる
  10. 「悪かった」 「僕もごめんね」 10
    映画の言葉『カモン カモン』ジョニーとジェシーの言葉
    「悪かった」
    「僕もごめんね」
シェアする