PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の大切な映画があれば…人と映画の物語

生島淳の映画と世界をあるいてみれば vol.6

ブリジット・ジョーンズやシャーロック・ホームズのように暮らし、ハリー・ポッターの世界を歩く。生活してみたくなる街ロンドン

SNSで最新情報をチェック!
生島淳の映画と街をあるいてみれば

(スポーツジャーナリストとして活躍する生島淳さんが、「映画」を「街」と「スポーツ」からひもときます。洋画のシーンに登場する、街ごとの歴史やカルチャー、スポーツの意味を知ると、映画がもっとおもしろくなる! 隔月連載中です。生島さんを取材した連載「DVD棚、見せてください。」はこちら。)

ロンドンのヒースロー空港に着いたら、町の中心部に向かうのに、私はいつも「ヒースローエクスプレス」を使う。
のんびり地下鉄で行くという手もあるが、時間がもったいないので、割高だけれどこの列車を使う。

生島淳の映画と街をあるいてみれば vol.6

乗ることおよそ15分。到着するのは、「パディントン駅」だ。
そう、映画にもなった熊のパディントンの名前の由来となったのは、このターミナル駅である。
ずらりと列車が並ぶ様子は、壮観。
ここからロンドンの旅が始まる。
では、パディントンで地下鉄のサークル線かディストリクト線に乗り換えてみよう。
目指すは、「ノッティングヒル・ゲート」。そう、ジュリア・ロバーツと『ノッティングヒルの恋人』(1999年)の舞台だ。
ノッティングヒルは高級住宅地の代名詞。そしてまたフリーマーケットが開かれることでも有名だ。
『ノッティングヒルの恋人』は、ジュリア・ロバーツ演じる世界的に有名な女優が撮影でロンドンを訪れ、ヒュー・グラント演じる旅行書専門店の店主と出会うという映画だ。
1999年に公開され大ヒットしたが、ジュリア・ロバーツの美しさもさることながら、ノッティングヒルの街の風景が美しい。特に、関係に行き詰ってしまったヒュー・グラントが散歩するシーンがあり、ここで四季の移ろいが描かれ、長い時間、ふたりが音信不通だったことが示される。
このロンドンの季節の移り変わりが素晴らしい。

ロンドンを舞台にした映画やテレビドラマは、俳優たちの歩く姿が生き生きとしている。
『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年)でも、レネー・ゼルウィガーが生き生きとしてロンドンを歩き回っているし、テレビドラマ『シャーロック』では、ベネディクト・カンバーバッチ扮するシャーロックが、ロンドンのあらゆる情報を頭に入れ、ワトソンを連れて、彼の場合は走り回る。
ロンドンは地下鉄が発達しているからどこに行くにも便利だが、『ノッティングヒルの恋人』のロケ地は観光客が訪れているし、ブリジット・ジョーンズが住んでいた建物も、改装はされているが、いまも残っている。
映画に描かれたロンドンは、特別な場所ではなく、生活の一部分としてそこにある。

生島淳の映画と街をあるいてみれば vol.6

ロンドンは世界に冠たる大都市だけあって、映画を観る体験もまた豊かだ(映画都市パリとまではいかないけれど)。
2018年の秋にラグビーの取材でロンドンに行った際、日曜の夜は時間が空いたので、インターネットで調べると、気になる映画がかかっていた。
『9 to 5』。
ドリー・パートン、リリー・トムリン、そして全盛期のジェーン・フォンダ主演のアメリカ映画。日本では『9時から5時まで』という題名で、1981年に公開された作品のリバイバル上演があるではないか!
この映画、中学2年の時に、岩手県に当時あった映画館・高田公友館で観て以来の再会だ。
映画館はテムズ川沿いの「BFI(British Film Institute) Southbank」。
このシアターは新旧取り交ぜた番組編成になっていて、たとえば2019年の8月には「ケイリー・グラント特集」が組まれ、『汚名』(1946年)、『断崖』(1941年)、『ママのご帰還』(1940年)などのクラシックが上映される一方で、『ライオン・キング』(2019年)といった新作、ロンドンらしくスタンリー・キューブリックの『時計じかけのオレンジ』(1971年)がかかるという。選択肢が多いので、いつ行っても観たい映画がある。
37年ぶりに観た『9時から5時まで』は、記憶に残っているものとはまったく違っていた。「ウーマンリブ」(いまや死語だよね。もっと、社会は進んだ)が盛んだった時代の息吹があり、いまにも通じる内容で、改めてジェーン・フォンダの先見性に驚かされた。

生島淳の映画と街をあるいてみれば vol.6

BFI Southbankで映画を観た後は、テムズ川を渡るという贅沢もできる。
現代美術を集めた「テート・モダン美術館」と「セントポール寺院」を結ぶ橋こそが、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)の冒頭で、デス・イーターたちによって破壊された「ミレニアム・ブリッジ」。
この橋は天気のいい日中に歩くのもいいが、ライトアップされた夜に渡るのも趣がある。

映画の主人公たちと同じように歩く。ロンドンはいま、私が世界でいちばん好きな街かもしれないが、それは歩いて楽しいということが大きい(比較的安全という要素も欠かせない)。
朝、走り出せばほぼ必ず公園に出くわし、芝生の絨毯の上をジョギングすることもできる。
私がよく民泊で使うのは、「キングス・クロス・セント・パンクラス駅」周辺なので(ここは『ハリー・ポッター』シリーズで有名な“9と4分の3番線”のロケ地がある駅ね)、近くには「リージェンツ・パーク」がある。
ここには400mトラックや、サッカーグラウンドが数えきれないほどあり、週末になると親子連れがたくさんやって来て、サッカーに興じている。
これだけの環境があれば、うまくなるよね……。
そしてジョギングの後は、ブランチ。民泊する仲間とよく連れ立って出かけるのは、「カムデンタウン」(最近、若者に大人気の街)にあるカフェ「Coffee Jar」。
このお店、うなぎの寝床のようになっていて、とても狭く、店内には10席と椅子がない。それでも、ここのコーヒーは“特別”であり、お店の人が常連さんに声を掛けている姿を見ていると、とても気分が良くなる。

生島淳の映画と街をあるいてみれば vol.6
生島淳の映画と街をあるいてみれば vol.6

Coffee Jarの帰りにはスーパーマーケットに寄って、野菜、果物(UKはベリー天国)、そして肉などを買い込む。ロンドンは外食をすると高くつくけれど、キッチン付きの民泊であれば、東京と同じように生活できる。

もしも、「3か月間、世界のどこでも住んでいいですよ」と言われたら、きっとロンドンを選ぶと思う。
朝、原稿を書き、ジョギングをしてからコーヒーを飲む。また、少し原稿を書いたら、ウェストエンドに行って、好きなミュージカルを安い席で観るのも良し。自炊がベースだけれど、インド、中華、エスニック料理も充実しているから、食事も飽きない。天気が悪いのは受け入れるとして、夏だって涼しい。
おっと、ロンドンの顔でもあるパブのことを一行も書いてなかった。
ロンドンのことなら、もう一度書きたいくらいだな。

生島淳の映画と街をあるいてみれば vol.6
RANKING
  1. No.01
    ANARCHY監督 インタビュー
    自分の思いを吐き出すことができない少年へ。そこからでも、君の言葉はきっと届く
  2. No.02
    松岡茉優×小説家・恩田陸 インタビュー
    誰かがどこかで諦めたとしても、私だけは絶対に諦めない。悩んだ分、その苦労は報われるから
  3. No.03
    上田慎一郎監督 インタビュー
    人の魅力を再発見し、引き出し、伝える。
  4. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? No.04
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  5. 大切な誰かとともに、淡々と運命を乗り越える。その人間性の強さに、僕は勇気づけられるんだ No.05
    松重豊 インタビュー
    大切な誰かとともに、淡々と運命を乗り越える。その人間性の強さに、僕は勇気づけられるんだ
  6. 「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。 No.06
    有村架純 インタビュー
    「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。
  7. 映画を通して見つけだした、福士蒼汰の考える「本当の優しさ」とは No.07
    福士蒼汰 インタビュー
    映画を通して見つけだした、福士蒼汰の考える「本当の優しさ」とは
  8. 「わからなさ」を恐れるな。 人生はわからないからこそ、おもしろい No.08
    オダギリジョー監督×柄本明 インタビュー
    「わからなさ」を恐れるな。
    人生はわからないからこそ、おもしろい
  9. 過去を捨てて生きてきた。頼れるのは自分しかいない。中井貴一の“今しか見ない”生き方とは? No.09
    中井貴一 インタビュー
    過去を捨てて生きてきた。頼れるのは自分しかいない。中井貴一の“今しか見ない”生き方とは?
  10. “不器用だからこそ、わかる” 木村文乃が迷った時に、先に進む方法とは No.10
    木村文乃 インタビュー
    “不器用だからこそ、わかる”
    木村文乃が迷った時に、先に進む方法とは
PROFILE
スポーツジャーナリスト
生島淳
Jun Ikushima
1967年生まれ、宮城県気仙沼市出身。早稲田大学社会科学部卒業。スポーツジャーナリストとしてラグビー、駅伝、野球を中心に、国内から国外スポーツまで旬の話題を幅広く掘り下げる。歌舞伎や神田松之丞など、日本の伝統芸能にも造詣が深い。著書に『エディー・ウォーズ』『エディー・ジョーンズとの対話 コーチングとは信じること」』『気仙沼に消えた姉を追って』(文藝春秋)、『箱根駅伝 ナイン・ストーリーズ』(文春文庫)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(幻冬舎新書)、『箱根駅伝 勝利の方程式』(講談社+α文庫)など多数。