PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば
相手の中に映る「予想外の自分」を どう受け入れるか

松田龍平 インタビュー

相手の中に映る「予想外の自分」を
どう受け入れるか

SNSで最新情報をチェック!

大切な人が自分の思っていた姿と異なる面を持っていた時、また、相手から見えている自分が予想外の姿だった時、そのギャップに戸惑ってしまい、どう対応してよいか迷ってしまった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

家族、友人、仕事相手、恋人。私たちは、それぞれの関係性の中で、いくつもの異なる顔を持っています。映画『影裏』(2月14日公開)は、そんな人の多面性や、誰もが持っている「影」の部分やそのまた「裏」の姿を描いた作品です。今作で松田龍平さんは、主人公が見知らぬ土地で心を許したただ一人の友人でありながら、ある日突然姿を消してしまう、ミステリアスで謎の多い男・日浅を演じました。

松田さんは、「自分が思う」自分の姿と、「相手から見えている」自分の姿にギャップを感じた時、そのギャップを埋めたり否定したりするのではなく、「それをどう受け入れるか」を考えるのだそうです。ひとつのことに固執せず、流れに身を任せるという松田さんの言葉からは、どんな作品にでも自然体で佇むことのできる、その理由が見えてきました。

 alt=

自分にも相手にも固執しないことで、
その先にある可能性を見つける

『影裏』での第2回海南島国際映画祭ベストアクター(最優秀俳優賞)受賞おめでとうございます! 綾野剛さん、大友啓史監督と出席されていましたが、現地の雰囲気はいかがでしたか?

松田観客の皆様が温かく迎え入れてくれましたね。会場には5000人近くの方が集まっていたと聞いていますが、その熱気も感じました。

受賞が発表された時、驚いてキョトンとされていたように感じました。

松田そうですね、セレモニーを観ていて、つい自分もいち観客のような気分になってしまっていたので、本当に驚きました。

いろんな意味でびっくりされたと(笑)。

松田まさか自分が賞をいただけるとは思ってもいなかったので。

受賞スピーチでは「何の言葉も用意していなくて」とおっしゃっていました。

松田そうですね、今思い返しても、あの時は驚いていて余裕がなかったですね。

映画祭で、一緒に登壇された綾野剛さんは「龍平君との時間が長かったので彼との時間をすごく大切にしました」とおっしゃっていましたね。綾野さんが演じた主人公・今野と日浅の関係性が、盛岡の自然に重ねられながら描かれた今作で何度も登場する“釣りのシーン”は、二人が関係を深めていく場面として印象深かったです。

松田最初に台本を読んだ時、釣りが上手いという設定なんですが、これまでまともに魚を触ったこともなかったので、「大丈夫かな」とまず思いました(笑)。

(笑)。

松田でも、その釣りのシーンが、日浅と今野の感情が行き交う大切なシーンでもあったので、撮影前に実際に盛岡に行って渓流釣りのレッスンを受けたんです。

松田龍平インタビュー。相手の中に映る「予想外の自分」をどう受け入れる
©2020「影裏」製作委員会

今作では「川」や「雨」など、“水”が重要なモチーフとなっています。日浅の行動と、水の変容が並行して進んでいきましたが、それは松田さんの演技に触発された表現だと大友さんがおっしゃっていました。

松田この映画の中で僕が演じた日浅というキャラクターは、今野から見えている側面と、家族や同僚など他の視点から語られる側面と、様々な目線から描かれているんですよね。いろんな人の目線から語られる人って実態がつかめないじゃないですか。かといって、自分で「ミステリアスだ」と意識して演じるのもおかしいし。

だから、今野を演じる綾野君と、会話をキャッチボールしていく中で見えてくる日浅を大事にしていました。始めは戸惑いもありましたけど。

映画祭で綾野さんは、「まずは演じるというよりもその人物を生きるという感覚が強いです。映画の中でちゃんと生活するということを心掛けました」ともおっしゃっていましたが、松田さんもご自身の感覚を大切にされていたと。

松田シーンを積み重ねていくことで、つかんでいくことが多かったかもしれないです。そうやって現場で感じたことから、役の可能性を広げていくのが楽しかったですね。

こうやって色々話していたら、結構楽しんで演じていたことを思い出しました(笑)。

楽しかったんですね(笑)。

松田大友監督は、セリフが終わってもカットをかけずに撮り続けることが多かったんですが、それも楽しかったです。

大友監督は松田さんについて、「一人の等身大の人物として、日浅の足を地につけさせようとする姿に刺激を受けた」と現場での印象を語っています。

 alt=

松田日浅に限らず、人って誰しもいろんな側面を持っているんじゃないかなと思っていました。自分が思う自分自身と、人から見えている自分の姿って違うこともあるじゃないですか。それは家族だったり親友だったりと、相手との関係性によっても変わるし、そういう、人から見えている自分の姿を知ることで、「自分ってこういう人間なんだな」と形作られていく。

今回の『影裏』というタイトルにもあるように、人は誰でもそういう多面性を持っていると思うんです。だから、日浅も普通に生きているだけで、彼だけが何か特別なわけではないと捉えていました。

松田さんも、自分が思う自身の姿と、人から見えている印象にギャップを感じることはありますか?

松田「自分ではそんなつもりじゃなかったのに、そんな風に捉えられていたんだ」と、後から思うことはありますね。

そういう時は、そのギャップを埋めようとしますか?

松田ネガティブに受け止められていたら、誤解をときたいとは思いますね。 でも、相手の中にある自分の姿、というのはコントロールできないことだと僕は思うので、ある程度は仕方ないと割り切っています。それよりも、相手が見ている「自分」をどう受け入れるのか、ということじゃないかなって。

今作の中でも、日浅が、今野の中に映っていた予想外の自分の姿に、戸惑う場面がありますよね。

松田そうですね。日浅は「え、お前そんな風に俺のこと見てたの?」という驚きがあって一度は拒絶するんですが、その後、二人で夜釣りに行くキャンプの焚き火のシーンで、日浅は今野が見ていた「予想外の自分の姿」を、少し受け入れようとしたんじゃないかと思って演じていました。

ネタバレになるので詳しくは語れませんが、今野が見ていた「予想外の自分の姿」を日浅が受け入れるということは、相当柔軟に「他人の自分像」を受け入れないといけない気がします。

松田僕自身も人が自分に対してどう思っているかということをコントロールしたいというよりは、そこに対してどう対応していくか、ということを考える方かもしれません。そういう意味では、日浅の人との付き合い方に似ているかもしれないですね。

松田龍平インタビュー。相手の中に映る「予想外の自分」をどう受け入れる
©2020「影裏」製作委員会

「心が動く瞬間」を逃さないように

綾野さんと松田さん演じる今野と日浅は、釣りをしたりお酒を酌み交わしたりすることで意気投合していきますが、松田さん自身は、どういう時間を重ねると人と距離が縮まっていきますか?

松田食事を一緒にしたからとか、長い時間話したからとか、特にこれというきっかけはないかもしれないですね。一緒に過ごして楽しかったとは思うけど、一生の友だちになれるかどうかはまた別というか。

そういう意味では、僕は人との付き合いも、自分で選んでいるようで選んでいない、わりと流れに身を任せるようなところがあって。

日浅は、あれだけ同じ時間を共にした今野の元も、あっさり去ってしまいますよね。その行動も、共感できる部分はありますか?

松田ひとつのことに固執しない感じは、僕もわかります。きっと日浅は、自分が当たり障りなく誰とでも付き合える性格だから、物静かで内向的な今野に対して、興味を持ったと思うんです。どんな奴か知りたい、と思ったんでしょうね。

でもそれで仲良くなっても、その後、他に優先することや心の動くことがあったら、流れに身を任せていくのかなと。自分の興味主体で、正直に生きているのが日浅なのかなと思います。

 alt=

松田さんが固執しないというのは、人間関係でもお仕事の中でも同じでしょうか?

松田ひとつの考えに固執しないことが多いですね。映画の現場も、今回は役のイメージをあまり固めずに撮影に行ったんですが、作品によってはもっと作り込んでいくこともあります。

こだわりとか固執することで、大事な瞬間を逃すんじゃないかなという気がしていて。自分の気持ちが動いた時にちゃんと行動できるような人間でいたい、と思います。それは仕事でも、普段の人付き合いでも、同じですね。

お忙しいと思うのですが、映画館には最近行かれていますか?

松田そうですね、最近だと『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)を観に行きましたね。

1969年のハリウッドを舞台に、かつて西部劇のスターであった落ち目の俳優と、彼の付き人の専属スタントマン、二人の姿を描いた作品ですね。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作としても、話題になりました。

松田役者としての生き様を見せつけられました。自分に重ねるつもりはなくても、仕事柄、おのずと重ねて観てしまいますよね。

 alt=
RANKING
  1. No.01
    アリ・アスター監督×画家 ヒグチユウコ×デザイナー 大島依提亜
    映画界・新エースのインスピレーション源は、名作日本映画にあり!?
  2. No.02
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  3. No.03
    DVD棚、見せてください。第22回
    「この時代に生まれたかった!」
    生真面目だからこそ刺さる!?
    平成生まれの役者がのめりこむ、昭和の映画たち
  4. 相手の中に映る「予想外の自分」を どう受け入れるか No.04
    松田龍平 インタビュー
    相手の中に映る「予想外の自分」を
    どう受け入れるか
  5. 「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」 その“呪い”から、映画と旅が解放してくれた No.05
    地球の広報・旅人・エッセイスト たかのてるこインタビュー
    「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」 その“呪い”から、映画と旅が解放してくれた
  6. 描いたのは“家族”でも“同性婚”でもなく、それぞれの「幸せのカタチ」 No.06
    宮沢氷魚×今泉力哉監督 インタビュー
    描いたのは“家族”でも“同性婚”でもなく、それぞれの「幸せのカタチ」
  7. 人生において“失ったもの”が その後の人生を支えることもある No.07
    永瀬正敏 インタビュー
    人生において“失ったもの”が
    その後の人生を支えることもある
  8. “窮屈”から脱して、映画を世界へ! 海外をまたにかける日本クリエイターの挑戦。『37セカンズ』 No.08
    HIKARI監督×山口晋プロデューサー 対談
    “窮屈”から脱して、映画を世界へ!
    海外をまたにかける日本クリエイターの挑戦。『37セカンズ』
  9. 映画は僕に“予期せぬ幸せな出会い”をもたらす存在 【前編】 No.09
    柄本佑 インタビュー
    映画は僕に“予期せぬ幸せな出会い”をもたらす存在 【前編】
  10. 思うがままに生きたい皆さんへ。 『イエスマン』と、落語家だった親父の話 No.10
    柳亭小痴楽 映画世渡り術 第一回
    思うがままに生きたい皆さんへ。
    『イエスマン』と、落語家だった親父の話
PROFILE
俳優
松田龍平
Ryuhei Matsuda
1983年生まれ、東京都出身。『御法度』(99)で鮮烈なデビューを遂げ、その後、主演作『青い春』(02)での圧倒的な存在感で注目を浴びる。『舟を編む』(13)で第37回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、第38回報知映画賞主演男優賞、第68回毎日映画コンクール男優主演賞、第23回日本映画批評家大賞主演男優賞他、多くの賞を受賞。主な出演作に『劔岳点の記』(09)、『まほろ駅前多田便利軒』シリーズ(11・13・14)、『北のカナリアたち』(12)、『探偵はBARにいる』シリーズ(11・13・17)、『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』(15)、『モヒカン故郷に帰る』『ぼくのおじさん』(16)、『散歩する侵略者』(17)、『羊の木』『泣き虫しょったんの奇跡』(18)など。映画『影裏』が出品された第2回海南島国際映画祭(19)で、最優秀俳優賞を受賞。
INFORMATION
『影裏』
出演:綾野剛 筒井真理子 中村倫也 平埜生成 / 國村隼 / 永島暎子 安田顕 松田龍平
監督:大友啓史
配給:ソニー・ミュージックエンタテインメント
2月14日(金)より、全国ロードショー
Ⓒ2020「影裏」製作委員会
今野秋一(綾野剛)は、会社の転勤をきっかけにすべてを捨てるように移り住んだ岩手・盛岡で、同い年の同僚・日浅典博(松田龍平)と出会う。日浅は大学入学時に上京し、卒業と同時に生まれ故郷に戻り、今は父親と二人で暮らしているという。慣れない地でただ一人、日浅に心を許していく今野。二人で酒を酌み交わし、二人で釣りをし、たわいもないことで笑う…。まるで遅れてやってきたかのような成熟した青春の日々に、今野は言いようのない心地よさを感じていた。しかし、翌年の冬、日浅は突然、今野に一言も告げずに会社を辞めてしまう。
シェアする