PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

熊谷和徳の映画往復書簡 #4

ハナレグミ永積崇から
熊谷和徳へ
「終わりがあるから始まる」4通目

SNSで最新情報をチェック!
熊谷和徳の映画往復書簡

(手紙だからこそ、語れることがある。ニューヨークと日本を拠点に世界で活躍されているタップダンサー熊谷和徳さんが、交流のあるアーティストたちと日常の気づきや心に残った映画について語り合う「映画往復書簡」。ミュージシャンのハナレグミ・永積 崇さんとの往復書簡を全4回でお届けします。永積さんから熊谷さんへ、1月に書き綴った4通目をどうぞ。熊谷さんからの3通目「TARiKi-他力」は、こちら。

hello KAZ

あけましておめでとう
今年はぜひどこかで一緒に演奏しよう!
KAZと演奏できる時間はいつもいつもスペシャルです!
この上ない緊張感の中に、足跡のない果てのない雪原のような全方向の自由を感じます。
また あの気持ち味わいたいよ。

熊谷和徳の映画往復書簡 #4

『最強のふたり』 観たよ〜
日本で公開された頃観にいったはずなんだけど
内容が全く思い出せなくて。
改めて観たけどとてもいい映画だね!
こういうの男の友情っていうのかな??
ちょっと憧れるんだよね。。
僕はあまり人とつるめなかった一人行動の青春時代を過ごしてきて
そのまま今に至るから
こんな風にちょっとずつ自分の内を相手にさらけ出しあってお互い歩み寄って
絆が結ばれて 友情!みたいなのめちゃくちゃ憧れるんだよね、、
だから観ていて自分重ねてみたりするんだけど。
だけど俺あんな風に気の利いたことできるかな? って
夜中に街に連れ出してお茶できるかな?
話聞いてる間に寝るな絶対、、
睡魔に勝てる気がしない、、
そういえば君の前でも寝たことあるね。。
もう自己中まっしぐらで、、返品不可の完成品

熊谷和徳の映画往復書簡 #4

『他力』
ニューヨークで何十年とやり抜く上で
一人で切り抜けてきたことは数限りなくあるんだろうね
その孤独な戦いの時間は、想像しても想像しきれないのだろうな。。
僕の弾き語りの場合はどうなんだろ
僕はできるだけその場にいる人やオーディエンスに関わってもらおうとするかもしれない
時には手拍子や掛け声もらったり もしくは会場のセッティングを自分でやって
できるだけ聞き手と距離を近づけあってわざと緊張感作ったり
時に舞台を真ん中に客席を360度の円形にしたり
カフェのキッチン脇など、演奏者によってはノイズと思われるような音が混じる
状況にあえてして 一人だけで完結する空間にならないようにするかもしれない。
突然起こった出来事から選曲を変えたりね。
思った通りの音がするのってやりすぎると僕は飽きちゃうんだ
それにそんな風にまじまじと聞いてもらえるような高度な音楽でもないしね、、
伝えたい事ってのはそこにとどまる物体なのじゃなく
日々色を変え鮮やかになったり移ろったり呼吸する瞬間の事だからさ
思いも寄らない人の気配や音を出来事を使って曲に混ぜ込んで自分も思ってもみなかった曲になったら
嬉しいなと思ってるよ。(それにしても日本の会場ってちょっと音も空間も完璧すぎるばしょが多くて、たまに息苦しくなるんだよね
もっとバカになりたいんだけど、決まり事や規制が多くて遊びにくい。。)
僕にとっての一人はたくさんに囲まれてはじめて現れる場所なのかもしれない。

熊谷和徳の映画往復書簡 #4

ハナレグミって場所も初めの頃からどんどん変わってきてる。
初めはスーパーバタードッグってバンドから離れて(その意味からとってのハナレグミじゃないよ。よく言われるけど)
一人でも百人とでもやれる自由な場所と思って始めたんだけど
やってくうちに一人でなんとかせねば! ハナレグミが?自分が?今考えてる事??
みたいにどんどん追い詰まってきちゃっていたんだ。
そこにきて大きな地震とか自分の人生でも大きなことが続いてだいぶしんどくなってきてしまった時もあったんだけど、
まさにこの数年『他力』を意識するようになってきていて
曲作りやライブなど沢山の人の意見や発想を借りて
形にするのが今は楽しくなってきてる。
自分の中では使い古した発想でも、新たな人との交わりによって
また輝きをもって放てることもあるんだね

熊谷和徳の映画往復書簡 #4

僕が最近考えてるのは
時間をかけて使って変化してきた 『声』 かな
最近歌っていてふと思ったのが
前よりも今の声の方がぴったりな曲があるんだよね
それに出会えた時はめちゃくちゃ嬉しい!
自分の声がこの先もどんな風に変化していくのか?それによって
またどんな歌が歌えるようになるのか?楽しみになってきてるよ
そしてどんな風に歌が終わるのかも大切な気がするんだ。
『終わる?』
歌って終わりに向けて歌ってる気がするんだよ
消えるからこそ歌になるんだと。
だからこそ人の中にとどまろうとする力が備わる気がするんだ
音と音の消えて鳴り出す間とか、そして音が鳴り止んでからも受け取った相手に残る、反響しているものが歌なんじゃないかなって。
そう思ってがんばってるんだけどね。
だからさ 話題のAI美空ひばりっていう発想は僕はがっかりしたし嫌だったな、、
もう終わりが来ないんだって。。
時間をかけて歌うことの奇跡が失われる気がしたよね。
NYでは話題じゃない?

熊谷和徳の映画往復書簡 #4

wao! 今回最終回なんだよね?
二回だけだけだったけど
手紙を読めるのはとても楽しみだったよ
KAZの文章はタップ後の君みたいに毎回汗かいてるのが最高!!!
この先も楽しみにしてるよ。
僕からのおすすめ映画はフランスのアニメ
『イリュージョニスト』
もうね KAZ君観たら絶対泣いちゃうよ。。
僕はこの手の切ないおじさんが主人公物映画大好物なんだ!
切ないストーリーなんだけどその心模様を取り巻く
街角や安宿の部屋に差し込む光がとっても美しい。
いつどんな時にも世界は光を放っているんだな
何一つ言葉で確認し合うことはなく
家族は物音で会話しているんだと教わったよ
だだひたすら娘に愛を捧げるおじさんの姿に胸が締め付けられる
この映画見てると早く年取りたくなる、、
けど!!
いやいや、、まだまだやるど〜〜〜〜今を味わうど〜〜〜〜!
と心の拳を立てるのでした。

RANKING
  1. 01
    グラフィックデザイナー 大島依提亜 インタビュー
    映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる!
    宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは?
  2. 02
    熊谷和徳の映画往復書簡 #5
    父・熊谷和徳から
    娘・NiKiへ
    「立ち止まったっていいよ。」
  3. 03
    有賀薫の心においしい映画とスープ 10皿目
    一点をみつめること
    『初恋のきた道』
  4. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 04
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  5. 描いたのは“家族”でも“同性婚”でもなく、それぞれの「幸せのカタチ」 05
    宮沢氷魚×今泉力哉監督 インタビュー
    描いたのは“家族”でも“同性婚”でもなく、それぞれの「幸せのカタチ」
  6. 映画界・新エースのインスピレーション源は、名作日本映画にあり!? 06
    アリ・アスター監督×画家 ヒグチユウコ×デザイナー 大島依提亜
    映画界・新エースのインスピレーション源は、名作日本映画にあり!?
  7. やさしい嘘の味 07
    cinecaのアイスクリーム・ノート ザ・ムービー vol.2
    やさしい嘘の味
  8. 続・私の日本舞踊ビギニングス 「男のいない女たち」 08
    山田真歩のやっほー!シネマ 第13回
    続・私の日本舞踊ビギニングス
    「男のいない女たち」
  9. 相手の中に映る「予想外の自分」を どう受け入れるか 09
    松田龍平 インタビュー
    相手の中に映る「予想外の自分」を
    どう受け入れるか
  10. まるで寅さんのように。 「フジロック」≒『男はつらいよ』!? 時代を切り拓く男の共通点 10
    「FUJIROCK FESTIVAL」主催 SMASH代表 日高正博さん インタビュー 「男はつらいよ50周年×PINTSCOPE」
    まるで寅さんのように。
    「フジロック」≒『男はつらいよ』!?
    時代を切り拓く男の共通点
PROFILE
ミュージシャン
永積崇
Takashi Nagazumi
1974年、東京都生まれ。
高校2年の頃よりアコースティック・ギターで弾き語りをはじめる。1997年、SUPER BUTTER DOG でメジャー・デビュー。 2002年夏よりバンドと併行して、ハナレグミ名義でひっそりとソロ活動をスタート。 これまでにオリジナルアルバム6枚をリリース。2005年、9月24日に東京・小金井公園にてワンマン・フリー・ライヴ『hana-uta fes.』を開催。台風の影響による大雨から一時は開催自体が危ぶまれたものの、なんと2万人もの観衆が会場に集結。予想以上の大成功を納めた。 2009年、シングル「光と影」・アルバム『あいのわ』をリリース。4年半ぶりとなる全国ツアーでは12公演を遂行し、ファイナルの日本武道館では約1万人の観客を圧倒するステージを披露した。 2017年10月、是枝裕和監督作品「海よりもまだ深く」主題歌『深呼吸』も収録された7枚目となる待望のオリジナルアルバム『SHINJITERU』をリリース。 2018年よりU-zhaanとのツアー”タカシタブラタカシ”、フジファブリックなどユニット”ハナレフジ”などで精力的に活動中。 その深く温かい声と抜群の歌唱力を持って多くのファンから熱い支持を得ている。
2020年2月には、東京と大阪にてワンマンホールツアー「THE MOMENT」を開催。
ハナレグミ オフィシャルHP: http://www.hanaregumi.jp/
FEATURED FILM
1950年代のパリ。場末の劇場やバーで手品を披露していた老手品師のタチシェフは、スコットランドの離島にやって来る。この辺ぴな田舎ではタチシェフの芸もまだまだ歓迎され、バーで出会った少女アリスはタチシェフを“魔法使い”だと信じるように。そして島を離れるタチシェフについてきたアリスに、彼もまた生き別れた娘の面影を見るようになり……。
監督・脚本・音楽:シルヴァン・ショメ
出演:ジャン=クロード・ドンダ エイリー・ランキン レイモンド・マーンズ
INFORMATION
ハナレグミ 東阪ホールツアー2020 「THE MOMENT」
「THE MOMENT ~HORN NIGHT~」With 東京スカパラダイスオーケストラ
【日程】
2020年2月7日(金) 東京・NHKホール
開場18:00 / 開演19:00
お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888

「THE MOMENT ~STRINGS NIGHT~」With 鈴木正人(from LITTLE CREATURES)、美央ストリングス and more
【日程】
2020年2月8日(土) 東京・NHKホール
開場16:30 / 開演17:30
お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888

2020年2月23日(日) 大阪・オリックス劇場
開場17:00 / 開演17:30
お問い合わせ:清水音泉 06-6357-3666

《チケット料金》
指定席:¥7,200(税別)
※未就学児童入場不可

《チケット一般発売》
2019年11月23日(土)10時〜
ローソンチケット: http://l-tike.com/
チケットぴあ: http://t.pia.jp/
シェアする