PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の大切な映画があれば…人と映画の物語

熊谷和徳の映画往復書簡 #2

ハナレグミ永積崇から
熊谷和徳へ
「こちらNICE西日なう」2通目

SNSで最新情報をチェック!
熊谷和徳の映画往復書簡

(手紙だからこそ、語れることがある。ニューヨークと日本を拠点に世界で活躍されているタップダンサー熊谷和徳さんが、交流のあるアーティストたちと日常の気づきや心に残った映画について語り合う「映画往復書簡」。ミュージシャンのハナレグミ・永積 崇さんとの往復書簡を全4回でお届けします。永積さんから熊谷さんへ、9月中旬に書き綴った2通目をどうぞ。熊谷さんからの1通目「生きてグルーヴ」は、こちら。

カズ 元気ですか〜〜?
気のおけない友達への手紙の時はついつい〜〜線入れちゃうんだよね。
だって 元気ですか?って文字だけいれるとなんか深刻に相手に聞いている気がしちゃっ
てさ、ちがうっすちがうっすよ~~! ってね。
これってきっと言葉よりもニュアンスを伝えたいんだろうね?
受け取る側の空間に初めに一言響きたいのかもしれないな。音の表情で。

いつだったかラジオで金田一秀穂さんが「携帯の絵文字は会話に揺れを作るために
使ってるんだよ」って話をされていた。誰もが同じように使うパソコンの文字に、
自分なりの揺れや余韻を作るために絵文字をいれてるんだって言われていて
すごくしっくりきたなぁ 救われた気がしたんだ。
この身のままに揺れていたいんだな

熊谷和徳の映画往復書簡 #2

歌詞書く時になっていつも陥るのが  あれ? 何書きたいんだっけ?
文字にすることってなんだったっけ?ってね
僕が日々暮らしていて胸が熱くなるのは 余韻 だったり 表情 声色 なんす
直線で描かれた正しさや物言いよりも、割り切れない瞬間に『どちらも大切なのに…』
と声を失っている様に強く胸を打たれたり、自分をかさねたくなるのかもしれない。
今は見えないけど 確かに残る 気配 声 街並み が
理由もなく、でも確かに立ち上がってきて 『おーーーーい!! おーーーーい!!!』
って叫びたくなるそんなことなんだな。
僕は詩人ではないから 足りない部分は声に委ねてる
声で揺らすんだ

熊谷和徳の映画往復書簡 #2

子供の頃に一人でよくやってた遊びがあってね、楽しかった夏休みが終わって
どうにも気が乗らない学校が始まると、部屋で好きな歌を歌うんだけど
夏休みで一番好きだった瞬間を思い浮かべて歌うんだよね。
軽井沢に家族でいった時の足元いっぱいに落ちた松の葉を踏んで
モワッと浮かぶフクフクの蒼の香り、鬼ごっこして追いかける兄貴の後ろ姿
洗濯機の裏のカビ臭さとか、車の下から覗き見る僕のいなくなった世界
目が回るほど心臓を高鳴らせて走り回った瞬間
耳も目も鼻も全部使って思い出しながら歌うんだよ、小さな小さな声で
その好きだった思い出の空間を、超えないように壊さないように小さな小さな声で
繰り返し繰り返しすると タバコの先っちょの大きさだった記憶の火種が大きく大きく
なって、いつの間にか目も耳も鼻も時空を超えてもうその場所にいるんだって遊び。
『これ いつでも夏休みに戻れて無敵じゃん!?』て遊び
(げっ? これ結局今の自分の歌い方と変わらないかも。)

熊谷和徳の映画往復書簡 #2

カズのタップにもその感覚を遊びを感じてる
きっと 小さな小さな記憶を一個一個零さぬように鳴らしているんじゃないかって
初めはきっと独り言だったと思う、誰にもわからない自分だけの言語
でもそれを思って想って何度も何度も繰り返して
一つずつ 『言足』 集めて遠くに遠くに響くように鳴らすうち
一人二人三人何千何万人と共感するtapになったんだろうなって客席で聴いてるよ。
僕も海外でもし弾き語りをこういう感覚で歌った時日本語を知らない人たちに
どんな響きで伝わるんだろう?
その時は 横で頷くように 言足 踏んでくれない?

教えてくれた映画 『Mad Hot Ballroom』 良かった!!
いろんなシーン 先生達の生徒への想いも 子供達の愛嬌たっぷりで吹き出しちゃうよ
うな会話も(女の子達の男子への冷静な物言いが最高におかしくてかわいい!)
でも特に好きなのは、テリー先生がダンスをより上手く踊るポイントを教えるシーンで
『ここは すっ と動くんじゃなくて深くためを入れて…ほら ホ~~~ウ 』
ってシーン。 確かに少しためを入れるとあっという間に動きに下から気持ちがせり上
がってることの凄さ!見てるこっちも先生につられて『ホ~~~ウ』って声が出るね
先生も説明しながら目をつぶって自分に一瞬で情熱的に入り込むんだよね
生徒なんて置いてくくらい 自分に入る一瞬 めちゃんこ好き。。
(すごいピンポイント!)

最近縁あって カズ含め コンドルズの近藤良平さんや 湯浅永麻さん の
最高のダンスパフォーマンスを近くで見せてもらえるようになって体の動きにとても興
味があるんだ。体の動きってきっと言葉になる前の言葉でしょ?
もう一度ここから言葉が生まれたらいいのにな。
きっと今ある言葉だけじゃ言い尽くせない複雑な感情が、今の世界には蠢いている
んじゃないかとふと思う。
それを言い尽くせないからイライラしてしまったり変に高揚したり帰る場所がないね。
そう感じるのは自分の内側を見ていてもそう感じることが多いからなんだけど、
そういう息苦しさがダンスを見ているとスーッと翻訳されていくんだ。
素晴らしいダンスを見ていると、全身が喜ぶ
『青』 といっても 『ソ・ラ』 と言っても『窓』 と言ってもいいじゃないか
確かにある熱をってね。

映画は『海よりもまだ深く』(2016)この映画はエンディング曲と劇中曲で僕もかかわら
せていただいたんだけど。この映画の中の物音が好きなんだ襖が閉まる音とか
団地の反響音 鉄の扉 監督が実際に住んでいた団地なんだって。
だから映画の編集時に物音にはすごくこだわったってお話を聞きました。
家族は物音で会話しているんだと教わったよ
あ、げんきないな? とか おなかすいてんな? とか
意識してなかったけどそうやって物音で確認してる時ってあるね。
ぜひ そういう耳で一度観てみて。

熊谷和徳の映画往復書簡 #2

Have a nice day!!

追伸
例のスナック定食も始めたそうです。

RANKING
  1. No.01
    間宮祥太朗 インタビュー
    「えぐみ」のある、キミが好き。
    “あたりまえ”を逆転させた、あなたと映画
  2. No.02
    熊谷和徳の映画往復書簡 #2
    ハナレグミ永積崇から
    熊谷和徳へ
    「こちらNICE西日なう」2通目
  3. No.03
    熊谷和徳の映画往復書簡 #1
    熊谷和徳から
    ハナレグミ永積崇へ
    「生きてグルーヴ」1通目
  4. 「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。 No.04
    有村架純 インタビュー
    「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。
  5. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? No.05
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  6. 画家の視点で、ゴッホやバスキアが見てきた世界を体験!芸術に触れ、さらに理解が深まる映画とは? No.06
    ジュリアン・シュナーベル監督 インタビュー
    画家の視点で、ゴッホやバスキアが見てきた世界を体験!芸術に触れ、さらに理解が深まる映画とは?
  7. エンディングを見届ける。 “終わり”があるからこそ、人生は豊かだ No.07
    渡辺大知 インタビュー
    エンディングを見届ける。
    “終わり”があるからこそ、人生は豊かだ
  8. 「その痛みを想像できるのか?」 死ぬこと、殺すこと、生きること。 No.08
    塚本晋也監督 インタビュー
    「その痛みを想像できるのか?」
    死ぬこと、殺すこと、生きること。
  9. 映画も音楽も、暴力には勝てない。 でも“無力”だからこそ素敵なんだ No.09
    音楽家・大友良英 インタビュー
    映画も音楽も、暴力には勝てない。
    でも“無力”だからこそ素敵なんだ
  10. 怖いだけじゃない! ホラー映画には、人生をサバイブするコツが描かれてるってホント? No.10
    【ハロウィン特別企画 ホラー映画座談会】Base Ball Bear小出祐介×中原翔子×大場渉太
    怖いだけじゃない!
    ホラー映画には、人生をサバイブするコツが描かれてるってホント?
PROFILE
ミュージシャン
永積崇
Takashi Nagazumi
1974年、東京都生まれ。
高校2年の頃よりアコースティック・ギターで弾き語りをはじめる。1997年、SUPER BUTTER DOG でメジャー・デビュー。 2002年夏よりバンドと併行して、ハナレグミ名義でひっそりとソロ活動をスタート。 これまでにオリジナルアルバム6枚をリリース。2005年、9月24日に東京・小金井公園にてワンマン・フリー・ライヴ『hana-uta fes.』を開催。台風の影響による大雨から一時は開催自体が危ぶまれたものの、なんと2万人もの観衆が会場に集結。予想以上の大成功を納めた。 2009年、シングル「光と影」・アルバム『あいのわ』をリリース。4年半ぶりとなる全国ツアーでは12公演を遂行し、ファイナルの日本武道館では約1万人の観客を圧倒するステージを披露した。 2017年10月、是枝裕和監督作品「海よりもまだ深く」主題歌『深呼吸』も収録された7枚目となる待望のオリジナルアルバム『SHINJITERU』をリリース。 2018年よりU-zhaanとのツアー”タカシタブラタカシ”、フジファブリックなどユニット”ハナレフジ”などで精力的に活動中。 その深く温かい声と抜群の歌唱力を持って多くのファンから熱い支持を得ている。
2020年2月には、東京と大阪にてワンマンホールツアー「THE MOMENT」を開催。
ハナレグミ オフィシャルHP: http://www.hanaregumi.jp/
FEATURED FILM
笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を一度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟(吉沢太陽)の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然が取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが。
出演:阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉沢太陽 橋爪功 樹木希林
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:ハナレグミ
主題歌:ハナレグミ「深呼吸」(Victor Entertainment/Speedstar Records)
INFORMATION
ハナレグミ 東阪ホールツアー2020 「THE MOMENT」
「THE MOMENT ~HORN NIGHT~」With 東京スカパラダイスオーケストラ
【日程】
2020年2月7日(金) 東京・NHKホール
開場18:00 / 開演19:00
お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888

「THE MOMENT ~STRINGS NIGHT~」With 鈴木正人(from LITTLE CREATURES)、美央ストリングス and more
【日程】
2020年2月8日(土) 東京・NHKホール
開場16:30 / 開演17:30
お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888

2020年2月23日(日) 大阪・オリックス劇場
開場17:00 / 開演17:30
お問い合わせ:清水音泉 06-6357-3666

《チケット料金》
指定席:¥7,200(税別)
※未就学児童入場不可

《チケット一般発売》
2019年11月23日(土)10時〜
ローソンチケット: http://l-tike.com/
チケットぴあ: http://t.pia.jp/