PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

熊谷和徳の映画往復書簡

手紙だからこそ、語れることがある。ニューヨークと日本を拠点に世界で活躍されているタップダンサー熊谷和徳(くまがい・かずのり)さんが、交流のあるアーティストたちと日常の気づきや心に残った映画について語り合う「映画往復書簡」。熊谷さんを取材したインタビュー「世界的タップダンサー熊谷和徳の道は、1本の映画から始まった」はこちら
タップダンサー

熊谷和徳

Kazunori Kumagai
1977年 宮城県生まれ。15歳でタップダンスを始め、19歳で渡米。ニューヨーク大学で心理学を学びながら、本場でタップの修行に励む。20歳でブロードウェイのタップダンスミュージカル「NOISE/FUNK」のオーディションに合格。その後、ニューヨークをはじめ世界各国のダンスシーンで活躍し、タップ界のアカデミー賞ともいわれる「フローバート賞」「Bessie Award最優秀賞」と数々の権威ある賞を受賞。19年にはNewsweek Japanにて『世界で活躍する日本人100人』に選ばれる。現在はNYを拠点に世界中で公演を行うかたわらKAZ TAP STUDIOを日本に構え東京と故郷仙台にて後進の育成にも取り組んでいる。
シェアする
連載記事一覧
映画の言葉
必死すなわち生くるなり
By 木部孫八郎
『武士の一分』より
ALL FILM GALLERY
RANKING
  1. 01
    映画を観た日のアレコレ No.31
    2021年1月8日
    押切蓮介の映画日記
  2. 02
    大下ヒロトのいつかの君とつながりたい。第17回
    子供に帰る。
  3. 03
    loundraw インタビュー
    「人の苦しみ」や「辛い現実」に向き合ってこそ、“美しさ”を描くことができる
  4. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 04
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  5. ホラーよりも怖い究極の恐怖とは? 大切な人を失いたくない…我が子を見つめる父親の表情『震える舌』 05
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第4回
    ホラーよりも怖い究極の恐怖とは?
    大切な人を失いたくない…我が子を見つめる父親の表情『震える舌』
  6. 主演として、勇気をもって自分から声を発しなければいけないときもある。 06
    井上真央 インタビュー
    主演として、勇気をもって自分から声を発しなければいけないときもある。
  7. 夢も希望も失って、自分を見失った時、私に再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』 07
    どうしても語らせてほしい一本「大事な人と観たい、大事な人に届けたい映画」
    夢も希望も失って、自分を見失った時、私に再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』
  8. 夫婦の極限状態がぶつかる、生々しい修羅場!不倫による裏切りで、人はどう壊れていくのか?『死の棘』 08
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第9回
    夫婦の極限状態がぶつかる、生々しい修羅場!不倫による裏切りで、人はどう壊れていくのか?『死の棘』
  9. 「愛とはなんだ?」<br>めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない?『愛がなんだ』 09
    岸井ゆきの×成田凌×深川麻衣×若葉竜也
    「愛とはなんだ?」
    めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない?『愛がなんだ』
  10. 上司や部下との付き合い方に悩む皆さんへ。 『セッション』と、文枝師匠の話 10
    柳亭小痴楽 映画世渡り術 第五回
    上司や部下との付き合い方に悩む皆さんへ。
    『セッション』と、文枝師匠の話
連載記事一覧