PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

熊谷和徳の映画往復書簡

手紙だからこそ、語れることがある。ニューヨークと日本を拠点に世界で活躍されているタップダンサー熊谷和徳(くまがい・かずのり)さんが、交流のあるアーティストたちと日常の気づきや心に残った映画について語り合う「映画往復書簡」。熊谷さんを取材したインタビュー「世界的タップダンサー熊谷和徳の道は、1本の映画から始まった」はこちら
タップダンサー

熊谷和徳

Kazunori Kumagai
1977年 宮城県生まれ。15歳でタップダンスを始め、19歳で渡米。ニューヨーク大学で心理学を学びながら、本場でタップの修行に励む。20歳でブロードウェイのタップダンスミュージカル「NOISE/FUNK」のオーディションに合格。その後、ニューヨークをはじめ世界各国のダンスシーンで活躍し、タップ界のアカデミー賞ともいわれる「フローバート賞」「Bessie Award最優秀賞」と数々の権威ある賞を受賞。19年にはNewsweek Japanにて『世界で活躍する日本人100人』に選ばれる。現在はNYを拠点に世界中で公演を行うかたわらKAZ TAP STUDIOを日本に構え東京と故郷仙台にて後進の育成にも取り組んでいる。
シェアする
連載記事一覧
映画の言葉
物事は単純だ。それに対し人間は不可解なことばかり。物事を複雑にする
By ダイナーの老人
『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』より
ALL FILM GALLERY
RANKING
  1. 01
    蒼井優×高橋一生 インタビュー
    「ゆだねられている」という幸せ。緊張と付き合うためのバランス力とは?
  2. 02
    山田真歩のやっほー!シネマ 第16回
    猫と留守番しながら思ったこと
  3. 03
    山田真歩のやっほー!シネマ 第15回
    いつでも口ずさむ歌があれば
  4. 2020年9月13日 石井玄の映画日記 04
    映画を観た日のアレコレ No.20
    2020年9月13日
    石井玄の映画日記
  5. 2020年9月22日 小谷実由の映画日記 05
    映画を観た日のアレコレ No.22
    2020年9月22日
    小谷実由の映画日記
  6. “おうちシネマセット”6選 「映画×ポップコーン×飲み物」 ベストマッチを探せ!! 06
    【特集】おうち映画がもっと特別になる「ポップコーン」の世界 前編
    “おうちシネマセット”6選
    「映画×ポップコーン×飲み物」
    ベストマッチを探せ!!
  7. 僕たちはいつだって世界を旅することができる。 タンタンと僕と『タンタンと私』 07
    シアタールームの窓から 第2回
    僕たちはいつだって世界を旅することができる。
    タンタンと僕と『タンタンと私』
  8. 一人で悩まなくてもいい。 一緒に考えてくれる人が周りにきっといるはず 08
    シム・ウンギョン×松坂桃李 インタビュー
    一人で悩まなくてもいい。
    一緒に考えてくれる人が周りにきっといるはず
  9. 女も男も、不必要にニコニコしなくていい。だってそれは芯の強さの表れなのだから 09
    黒沢清監督 インタビュー
    女も男も、不必要にニコニコしなくていい。だってそれは芯の強さの表れなのだから
  10. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 10
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
連載記事一覧