PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

100万回のキスよりもっと! 映画に学ぶ「愛の伝え方」

あなたの隣にいられる幸せを
あなたの目を見て伝える
『パーフェクトワールド 君といる奇跡』

SNSで最新情報をチェック!
「愛している!」この想いを伝えたい。
でも、この溢れる想いは言葉だけじゃ伝えられない!
そんなアイラブユーの言葉だけじゃ足りない、あなたへ
映画に描かれた様々な「愛を伝えるシーン」から、言葉やキスやハグだけではない“大切な人への愛の表現” を紹介します!
誰かを想う、その気持ちの届け方は、ひとつだけではありませんよ。

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』
つぐみが、お見舞いに来てくれた樹に近寄るシーンより

あなたの隣に並び、
あなたと同じ高さで目を合わせ、見つめ合う

大切な人が、悩み、苦しんでいる時に、「どうすれば力になれるんだろう」と自分をもどかしく感じることはありませんか? その人の立場にたって理解しようとしても、その人の苦しみの全てを理解するのは、なかなか難しいことです。

そんな時「私はあなたの隣にいられるのが嬉しい」という、一緒に過ごせる喜びを伝えることこそが、大切だと教えてくれた映画があります。事故により、脊髄損傷で下半身が不随になった鮎川樹(岩田剛典)と彼を一途に愛する川奈つぐみ(杉咲花)が、二人でいるために、ひとつずつ障害を乗り越えていく姿を描いた『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(2018)です。

インテリアコーディネーターのつぐみは、高校時代に憧れていた建築士の先輩・樹と設計会社の飲み会で偶然再会します。久しぶりに会った樹が車いすで過ごす姿に、最初は戸惑いますが、ひたむきに仕事へ向き合う彼に惹かれていきます。樹も、最初は「誰とも交際しない」と心を閉ざしていましたが、つぐみの真っ直ぐな思いに惹かれ、二人は付き合うことに。

しかし、周囲の反対にあったり、お互いの向き合い方の塩梅がつかめなかったり、なかなかうまくいかない中、つぐみは樹と一緒にいる際に足をケガしてしまいます。隣にいたのに助けられなかった自分を責める樹。追い打ちをかけるよう、つぐみをお見舞いに行った先では、彼女の父親から「頼む。娘と別れてくれ」と頭を下げられます。そんなこととはつゆ知らず、車椅子で移動していたつぐみは樹を見つけ近寄り、彼をじっと見つめ、嬉しそうに「目線が同じだね」と伝えるのです。彼女のこれまでの自分に対する思いが全部つまったその言葉に、たまらず樹は彼女を抱き寄せます。

恋愛も、他者と他者とのコミュニケーションの一つ。それぞれの生まれ育った環境や背格好も、好きなものも違います。どんなに一緒にいても、相手が何を考え、何に苦しみ、悩んでいるのか、その全てを理解することはできないし、できなくてもいいと思うのです。それよりも大事なことは、「私は、あなたの隣にいたい。そして、あなたをもっと知りたい」という気持ちを相手に伝えることなのだと、私はこのシーンを観て思いました。

自分とは違う、すべては理解できない。でも、だからこそもっと一緒にいて、もっと知りたいと思う。だからこそ、一人じゃないと思える。そして、同じ目線の高さで、同じ方向を見ることはできる。それが愛なのではないでしょうか。

RANKING
  1. 01
    三浦春馬 インタビュー
    「普通の人」ってどんな人?
    三浦春馬がヒントを求めた先は、動物園!
  2. 02
    吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE) インタビュー
    ステイホーム中に、吉野北人が見つめ直した「なりたい自分」と「自分を磨く映画」
  3. 03
    映画を観た日のアレコレ No.16
    2020年8月24日
    フィロソフィーのダンス
    十束おとはの映画日記
  4. 恋愛は一般論では語れない!? 「恋愛映画」の魅力を探る! 04
    成田凌×行定勲監督 インタビュー
    恋愛は一般論では語れない!?
    「恋愛映画」の魅力を探る!
  5. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 05
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  6. 2020年8月26日 根本宗子の映画日記 06
    映画を観た日のアレコレ No.17
    2020年8月26日
    根本宗子の映画日記
  7. 今ここで何を感じ、考えたか。 言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。 07
    森山未來 インタビュー
    今ここで何を感じ、考えたか。
    言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。
  8. わたしのすべては映画でできている。6歳で“映画音楽作曲家”を志した彼女の美学 08
    映画音楽作曲家 世武裕子 インタビュー
    わたしのすべては映画でできている。6歳で“映画音楽作曲家”を志した彼女の美学
  9. 一点をみつめること 『初恋のきた道』 09
    有賀薫の心においしい映画とスープ 10皿目
    一点をみつめること
    『初恋のきた道』
  10. 多部未華子が“恋する”人と映画 10
    多部未華子 インタビュー
    多部未華子が“恋する”人と映画
FEATURED FILM
パーフェクトワールド 君といる奇跡
原作:有賀リエ「パーフェクトワールド」(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
出演:岩田剛典、杉咲花、須賀健太、芦名星、マギー、大政絢
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会
©有賀リエ/講談社
インテリアコーディネーターとして働く川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)と仕事で偶然再会する。樹は大学生の時に事故に遭い、車イスに乗る生活を送っていたが、幼いころからの夢だった建築士となり、懸命に働いていた。樹のキラキラした笑顔、そして真摯に仕事に取り組む姿に触れて、再び樹への恋心を募らせるつぐみ。だが樹は歩けなくなって以来、一生ひとりで生きていくと決めていた。その頑なな心を、つぐみのひたむきな想いが溶かしていくが、ふたりの前には「好き」だけでは越えられない、数々の壁が立ちはだかり…
PROFILE
ライター
根津香菜子
Kanako Nezu
ライター。学生時代、入院中に読んだインタビュー記事に胸が震え、ライターを志す。雑誌編集部のアシスタントや、朝日新聞社編集プロダクションでの編集・執筆を経て、2018年フリーライターに。最近は、映画やドラマのキャストインタビューを中心に活動しているほか、朝日新聞社ブックサイト『好書好日』にて、「美味しい」シーンや、食べ物が物語のカギになっている本を作者インタビューと共に紹介する「食いしんぼん」を連載中。
シェアする