PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

100万回のキスよりもっと! 映画に学ぶ「愛の伝え方」

寂しい夜に思い出せる存在がいることの「愛されている」心強さ『愛がなんだ』

SNSで最新情報をチェック!
「愛している!」この想いを伝えたい。
でも、この溢れる想いは言葉だけじゃ伝えられない!
そんなアイラブユーの言葉だけじゃ足りない、あなたへ
映画に描かれた様々な「愛を伝えるシーン」から、言葉やキスやハグだけではない“大切な人への愛の表現” を紹介します!
誰かを想う、その気持ちの届け方は、ひとつだけではありませんよ。

「愛されている」心強さ『愛がなんだ』

「今日は誰もいねえよ」って時、あの人に最後に思い出してもらえる存在でありたいと願う。

「テルコとナカハラの年越しシーンより」より

家でひとりで呑んだ夜、無性に寂しくなって、電話帳をはじからはじまで繰り返し眺めたことがあります。「だれでもいいから今すぐに話したい。なんなら今から和民に集合して、サワーで悪酔いしながら歴代の元彼の愚痴を朝まで話したい」。そんなざわつく気持ちとはウラハラに、深夜に突然「和民行かね?」と誘える相手など、だれも浮かんできやしません。

『愛がなんだ』(2019)の主人公テルコ(岸井ゆきの)は、片思いのマモちゃん(成田凌)に都合よく振り回されてばかり。そんなテルコと同じくらい不毛な恋をしているのは、テルコの親友、葉子(深川麻衣)に片思いをする、カメラマンのナカハラ(若葉竜也)。

葉子は家にナカハラを呼び出しては、テルコの相手をさせて男の元に出かけたり、テルコとマモちゃん、マモちゃんが片思いするスミレとの、謎のグループ交際に無理やりナカハラを送り込んだりと、やりたい放題。ハタからみれば生殺し状態のナカハラは、それでも忠犬のごとく、葉子の無茶苦茶で無慈悲な命令に従います。

ナカハラの登場するシーンはどれも印象的なのですが、私が特に好きなのは、大晦日、葉子が出かけてしまった葉子の家で、取り残されたナカハラがテルコと2人、お互いの片思いについて話すシーン。

「夜中に1人で部屋で呑んでたりしてて、寂しいなーってとき、無性に誰かにどうでもいい話聞いてほしいことないですか? おれは、葉子さんにそういう時にいつでも呼び出してもらえるところにいたいんですよね」「今日は誰もいねえよって時に、あナカハラいんじゃんて、思い出してもらえれば、それでいいっす」

思わず「エモい…」と呟いて、和民じゃないのにレモンサワーをあおりました。「いつでも思い出していい」存在があることは、ひとりぼっちの夜の孤独をどれだけ和らげてくれることか。その存在は紛れもなく、自分が誰かに愛されている証なのだと思います。

ナカハラは結局、葉子への思いを断ち切ることにしたのだけれど、葉子にとって、いっとき、ただまっすぐに自分を待っていてくれた存在がいたという時間は、きっとこの先、彼女の心のプロテクターになってくれるのではないでしょうか。

もっと味わいたいあなたに
  1. 「愛とはなんだ?」めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない?『愛がなんだ』
    岸井ゆきの×成田凌×深川麻衣×若葉竜也
    「愛とはなんだ?」
    めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない?『愛がなんだ』
    メインの登場人物を演じた岸井ゆきのさん、成田凌さん、深川麻衣さん、若葉竜也さんに「愛とはなんだ?」について語っていただいたインタビューから味わうのはいかがでしょう!?
BACK NUMBER
FEATURED FILM
原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)
監督:今泉力哉 
出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子 /江口のりこ
配給:エレファントハウス
“好き”と言えないすべての人へ。
角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を、“正解のない恋の形”を模索し続ける恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が見事に映画化。
テルコ、マモちゃん、テルコの友達の葉子、葉子を追いかけるナカハラ、マモちゃんがあこがれるすみれ…彼らの関係はあまりにもリアルで、ヒリヒリして、恥ずかしくて、でも、どうしようもなく好き…この映画には、恋のすべてが詰まっています。
PROFILE
ライター・コピーライター
原田さつき
Satsuki Harada
コラム、インタビュー、機関紙、広告等、様々な分野で活動。得意ジャンルは食・酒・ペット・映画。好きな映画ジャンルはホラー。白石晃士監督のファン。思い出の映画は「ジョゼと虎と魚たち」。愛猫の名は「LA・LA・LAND」のヒロインから。
RANKING
  1. 01
    映画を観た日のアレコレ No.32
    2021年1月13日
    菓子研究家
    福田里香の映画日記
  2. 02
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち!第13回
    不透明な未来に向けて選択するために、葛藤を繰り返しつづける。『日本のいちばん長い日』
  3. 03
    地球の広報・旅人・エッセイスト たかのてるこインタビュー
    「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」 その“呪い”から、映画と旅が解放してくれた
  4. 主演として、勇気をもって自分から声を発しなければいけないときもある。 04
    井上真央 インタビュー
    主演として、勇気をもって自分から声を発しなければいけないときもある。
  5. 子供に帰る。 05
    大下ヒロトのいつかの君とつながりたい。第17回
    子供に帰る。
  6. ホラーよりも怖い究極の恐怖とは? 大切な人を失いたくない…我が子を見つめる父親の表情『震える舌』 06
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第4回
    ホラーよりも怖い究極の恐怖とは?
    大切な人を失いたくない…我が子を見つめる父親の表情『震える舌』
  7. 2021年1月8日 押切蓮介の映画日記 07
    映画を観た日のアレコレ No.31
    2021年1月8日
    押切蓮介の映画日記
  8. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 08
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  9. 「愛とはなんだ?」<br>めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない?『愛がなんだ』 09
    岸井ゆきの×成田凌×深川麻衣×若葉竜也
    「愛とはなんだ?」
    めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない?『愛がなんだ』
  10. くだらなくて、かけがえのない味 10
    cinecaのアイスクリーム・ノート ザ・ムービー vol.7
    くだらなくて、かけがえのない味
シェアする