PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の大切な映画があれば…人と映画の物語

cinecaのおかしネマ vol.4

心の穴を覗くドーナツ

SNSで最新情報をチェック!
cinecaのおかしネマ

(「映画を題材に物語性のあるお菓子を創案、制作」されている菓子作家・cinecaの土谷みおさん。朝起きて一番にすることは「映画を観ること」なくらい、映画が好きな土谷さんが「映画の中のお菓子」に注目し、毎回ひとつテーマとなる”お菓子”の話をお届けします。第4回のテーマは「ドーナツ」。土谷さんを取材した連載「DVD棚、見せてください。」はこちら。

ドーナツという食べものは不思議な力を持っていると思う。ただ小麦粉を揚げただけのお菓子と言ってしまえばそれまでだけど、そんな素朴なお菓子に私たちはなぜ惹かれるんだろう。

その最大の魅力はあの「穴」にあるんじゃないかと考えている。あの穴はドーナツを揚げるときの熱の通りを良くするため科学的に考えられた形だけど、結果、意図せずみんなに愛される奇跡の穴となった。ドーナツはただの丸じゃない、穴がある。それがポイントなのだ。

わたしはいつからか心に穴があいている。飼っていた猫の死を受け入れなくてはいけなかったときからか、自分と母に大きな違いがあることを感じたときからか、想いが叶わない恋を目の当たりにしたときからか、嘘をつかなくてはいけない現実を知ったときからか、その穴はいつからあいているのかわからない。
たぶん最初は針でプスっと開けたくらいのとても小さな穴だったのだろうが、歳を重ねるごとに少しずつ大きくなっていったような気がする。

映画『チョコレートドーナツ』(2012年)の原題は『Any day now』だ。Any day nowは“もうすぐ”の意味。そんな言葉を邦題にどう変換するか考えるだけでむずかしそうだけど、『チョコレートドーナツ』というタイトルへ着地させたことは偉業であると、この映画を観た人であればみんなきっと納得する。
麻薬依存の母親が育児放棄したダウン症の男の子マルコ(アイザック・レイヴァ)と、ルディ(アラン・カミング)とポール(ギャレット・ディラハント)というゲイのカップルが出会い、一緒に過ごし、マルコを養子にしたいと行動する。1970年代のアメリカで、実際にあった話に基づいた物語だ。
母親にまともに愛されたことがないマルコがルディたちとはじめて3人揃って食事を共にする日、マルコは「ドーナツが食べたい」と言う。ルディは「そんな体に悪いもの」と答えるが、ポールは「たまになら害にならないよ」とチョコレートドーナツを用意する。パクリと頬張るマルコのその口から「ありがとう」という言葉があまりに自然と出てくるシーンに胸が熱くなる。このとき見えることのないマルコの心の穴が少しだけ塞がったような気がした。

愛を求める子供、社会で認められたい同性愛者、自分の存在を守りたい大人。ただ求め、愛され、守りたいだけなのになかなか叶わない現実が知らぬ間に心に穴をあけていく。
その穴は普段は静かに在るだけだからなかなか気づかないけれど、スースーっと風が通ることがあって、そんなときだけ知らされる。現代に生きるわたしたちみんなが抱えているかもしれない、寂しいとか苦しいとかそんな簡単な言葉では表現できないようなむずかしくてもやっとした感情や想いが、この穴の中にはある。

cinecaのおかしネマ

わたしはドーナツが大好きだ。それがあまり体に良くないことも、ハイカロリーで栄養バランスが悪いこともわかっているけれど、それでも食べたいと思ったときはドーナツを買いに出かける。
もしかしたら無意識のうちに心の穴からこぼれ落ちるなにかを止めたくて、ドーナツを手にしているのかもしれないと『チョコレートドーナツ』を観たときに気がついた。
なにかを“食べたい”と思う欲求に正直になっていいときがあると、食べたいものを食べた方が良い日があるんだと教わった。

ドーナツを掴み、心の穴を覗こう。そして、ドーナツの穴を食べてしまえば心の穴もきっと消えてなくなる、かもしれないから。
きっとドーナツはわたしたちの心の穴を覗くことができる魔法のお菓子なんだって、わたしはずっとずっと本気で信じているのだ。

cinecaのおかしネマ
FEATURED FILM
監督:トラヴィス・ファイン、出演:アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァほか
©︎2012 FAMLEEFILM,LLC
僕たちは忘れない。
ぽっかりと空いた心の穴が
愛で満たされた日々―。

世界の片隅で家族になった3人。実話から生まれた魂を震わす物語。
わずか1館の公開から100館越えの拡大へ―。話題沸騰、口コミが口コミを呼び日本中を感動に包みこむ大ヒット!
行列、満席、リピーター多数。社会現象にまでなった今年最大級の話題作。
PROFILE
菓子作家
土谷みお
Mio Tsuchiya
1984年東京生まれ。多摩美術大学卒業後、グラフィックデザイナーを経て菓子ブランド「cineca(チネカ)」を2012年に立ち上げる。ブランドのディレクション、デザイン、制作をすべて一人で手がけている。2017年、cinecaのショップ「四月」を東京浅草にオープン。不定期でオープンしている。雑誌「PERK」でコラム「cinecaのおいしい映画」を連載中。
RANKING最新ランキング
  1. No.01
    松本穂香 インタビュー
    まっすぐで不器用で、
    どこか自分に自信が持てないでいる人たちは、私に似ている。
  2. No.02
    木村文乃 インタビュー
    “不器用だからこそ、わかる”
    木村文乃が迷った時に、先に進む方法とは
  3. No.03
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  4. 「映画を観続けてきた自分の人生を、誰かに見せたい」 映画ファンが集う空間をつくった、飲食店オーナーのDVD棚 No.04
    DVD棚、見せてください。第15回
    「映画を観続けてきた自分の人生を、誰かに見せたい」
    映画ファンが集う空間をつくった、飲食店オーナーのDVD棚
  5. 僕の永遠のスター“ビル・マーレイ” No.05
    Homecomings 福富優樹のビデオショップ・コーナーズ vol.6
    僕の永遠のスター“ビル・マーレイ”
  6. 「愛とはなんだ?」<br>めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない? No.06
    岸井ゆきの×成田凌×深川麻衣×若葉竜也
    「愛とはなんだ?」
    めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない?
  7. 多部未華子が“恋する”人と映画 No.07
    多部未華子 インタビュー
    多部未華子が“恋する”人と映画
  8. 映画は僕に“予期せぬ幸せな出会い”をもたらす存在 【前編】 No.08
    柄本佑 インタビュー
    映画は僕に“予期せぬ幸せな出会い”をもたらす存在 【前編】
  9. 「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」という“呪い”から、映画と旅が解放してくれた。『生きるって、なに?』を生んだ、愛と葛藤の日々とは? No.09
    地球の広報・旅人・エッセイスト たかのてるこインタビュー
    「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」という“呪い”から、映画と旅が解放してくれた。『生きるって、なに?』を生んだ、愛と葛藤の日々とは?
  10. 表現者として、ひとりの人として。井浦新が語る、いちばん大切なもの【後編】 No.10
    井浦新 インタビュー
    表現者として、ひとりの人として。井浦新が語る、いちばん大切なもの【後編】