PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の大切な映画があれば…人と映画の物語

cinecaのおかしネマ vol.6

ゼリー越しに見る世界

SNSで最新情報をチェック!
cinecaのおかしネマ

(「映画を題材に物語性のあるお菓子を創案、制作」されている菓子作家・cinecaの土谷みおさん。朝起きて一番にすることは「映画を観ること」なくらい、映画が好きな土谷さんが「映画の中のお菓子」に注目し、毎回ひとつテーマとなる”お菓子”の話をお届けします。第6回のテーマは「ゼリー」。土谷さんを取材した連載「DVD棚、見せてください。」はこちら。

子供の頃なぜか水中都市に憧れていた。時間が止まり全てが水に封じられたように見える都市。この街がこのままずっと在って欲しいという人間の強い希望や欲望が美しく表現されたイメージだと思った。
映画『シェイプ・オブ・ウォーター』を観たとき、その憧れの水中世界をはじめて実写で見たような気がした。映画のはじまりの水に浸かったインテリアの映像に心が留まる。それはまるでゼリー越しに見る世界のようにも見えた。

物語は、アマゾンの川から無理矢理連れてこられた不思議な生きもの半魚人と女性が恋に落ちるラブロマンスかと思いきや、主人公は発話に障害のある白人女性で、親友は黒人女性とゲイの男性、おまけに上司は白人男性で嫌なヤツという関係性からも見て取れる強い政治的メッセージが含まれている上に、半魚人のモンスター性や野蛮性、それに伴うバイオレンスも容赦ない。主人公と親友の男性がいつも見ているテレビからは1930年〜40年代の様々なハリウッドミュージカル映画が流れていて、それらが指し示す意味合いも大きい。

あまりに多くの要素が詰め込まれた物語に収束はあるのだろうかと、観ているこちらもハラハラとするが、それらをうまく繋ぐものがこの映画にはある。水分だ。観ているうちに自分も頭から水を被ったような気分になるくらい、物語のところかしこに水分が登場する。あるときはバスタブに貯められたお湯で、あるときは倒されたコップからこぼれ落ちる水、あるときは卵を茹で沸かすお湯であり、あるときはドシャ振りの雨、そしてあるときは手のひらのお皿の上にのったゼリーのパイだったり。

cinecaのおかしネマ

ゼリーにはちょっとした保存機能があると考えている。フレッシュな果物は皮をむいて仕舞えば日持ちに期待はできないものだが、ゼリー生地で封じ冷やし固めることで少し長く楽しむことができるようになる。その一手間が、ただフルーツを食べるのとは違う、すこし新しい味わいをもたらしてくれるのだ。

映画に登場するゼリー「キーライムパイ」は、まるで海の底を切り取り、封じたようなブルーグリーンのゼリー生地をパイ生地に流し込み、上にふわりとクリームをのせたものだ。パクリと一口食べると、残りは冷蔵庫へ… 冷蔵庫を覗けば食べ残したキーライムパイが溢れている。そんなシーンから、キーライムパイは見た目に美しいがあまり美味しくはないことが伺える。なぜそれが美味しくない設定なのか考えてみたが、おそらく、みんなの悲しみを内包してしまっているから。人に理解されない悲しみ、誰にもわからない寂しさ、伝えられない不器用な愛情、マイノリティを排除しようとする社会、そんな現実をゼリーが捉え留めてしまったからなのかもしれない。

私たちは往々にしてゼリーにそれほどの美味しさを期待していない。それよりも、ゼリーが包み込む保存された小さな世界を見たくて、いつもとは違うフルーツや味の景色を見たくて手にするのだろう。

映画の中で、あまり美味しくないキーライムパイを何個も何個も買いに出かけてしまうのも、きっと悲しみに隣り合わせの美しさを眺めたいから。悲しみや苦しみを知った者だけが見つけられるこの世に残された美しい欠片を探し求めて、すべてを繋いで離さないあの弾力を求めて、おなかではなく、心を満たすために手にする。そしてゼリー越しの景色を手に入れたあとはまたその景色を自分の中にこっそりと保存するかのように口に運ぶのだ。

cinecaのおかしネマ
RANKING
  1. No.01
    【ハロウィン特別企画 ホラー映画座談会】Base Ball Bear小出祐介×中原翔子×大場渉太
    怖いだけじゃない!
    ホラー映画には、人生をサバイブするコツが描かれてるってホント?
  2. No.02
    有村架純 インタビュー
    「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。
  3. No.03
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  4. 熊谷和徳から ハナレグミ永積崇へ 「生きてグルーヴ」1通目 No.04
    熊谷和徳の映画往復書簡 #1
    熊谷和徳から
    ハナレグミ永積崇へ
    「生きてグルーヴ」1通目
  5. 「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」 その“呪い”から、映画と旅が解放してくれた No.05
    地球の広報・旅人・エッセイスト たかのてるこインタビュー
    「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」 その“呪い”から、映画と旅が解放してくれた
  6. 映画を通して見つけだした、福士蒼汰の考える「本当の優しさ」とは No.06
    福士蒼汰 インタビュー
    映画を通して見つけだした、福士蒼汰の考える「本当の優しさ」とは
  7. 人の本質がまる見え!? 怖い…けど面白い! 「トラウマ映画」のススメ No.07
    編集後記 004
    人の本質がまる見え!?
    怖い…けど面白い!
    「トラウマ映画」のススメ
  8. 大切な誰かとともに、淡々と運命を乗り越える。その人間性の強さに、僕は勇気づけられるんだ No.08
    松重豊 インタビュー
    大切な誰かとともに、淡々と運命を乗り越える。その人間性の強さに、僕は勇気づけられるんだ
  9. 映画も音楽も、暴力には勝てない。 でも“無力”だからこそ素敵なんだ No.09
    音楽家・大友良英 インタビュー
    映画も音楽も、暴力には勝てない。
    でも“無力”だからこそ素敵なんだ
  10. 過去を捨てて生きてきた。頼れるのは自分しかいない。中井貴一の“今しか見ない”生き方とは? No.10
    中井貴一 インタビュー
    過去を捨てて生きてきた。頼れるのは自分しかいない。中井貴一の“今しか見ない”生き方とは?
FEATURED FILM
監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ
出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス
ギレルモ・デル・トロが監督・脚本・製作を手がけ、2017年・第74回ベネチア国際映画祭の金獅子賞、第90回アカデミー賞の作品賞ほか4部門を受賞したファンタジーラブストーリー。米ソ冷戦下のアメリカを舞台に、声を出せない女性が不思議な生き物と心を通わせる。
アカデミー賞では同年最多の全13部門にノミネートされ、作品、監督、美術、音楽の4部門を受賞した。
PROFILE
菓子作家
土谷みお
Mio Tsuchiya
1984年東京生まれ。多摩美術大学卒業後、グラフィックデザイナーを経て菓子ブランド「cineca(チネカ)」を2012年に立ち上げる。ブランドのディレクション、デザイン、制作をすべて一人で手がけている。2017年、cinecaのショップ「四月」を東京浅草にオープン。不定期でオープンしている。雑誌「PERK」でコラム「cinecaのおいしい映画」を連載中。