PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の大切な映画があれば…人と映画の物語

cinecaのおかしネマ vol.2

パイは母なる大地のように

SNSで最新情報をチェック!
cinecaのおかしネマ vol.2

(「映画を題材に物語性のあるお菓子を創案、制作」されている菓子作家・cinecaの土谷みおさん。朝起きて一番にすることは「映画を観ること」なくらい、映画が好きな土谷さんが「映画の中のお菓子」に注目し、毎回ひとつテーマとなる”お菓子”の話をお届けします。第2回のテーマは「パイ」。土谷さんを取材した連載「DVD棚、見せてください。」はこちら。

そろそろ温かいお菓子が食べたいと思うと同時に、あの夏の暑さが少し恋しくなる季節がやってきた。そんな二つの季節が心で交わるとき、あの映画を思い出す。

『とらわれて夏』という映画の中で、息をのむほど官能的にパイを作るシーンがある。
たしか3、4年くらい前、ケイト・ウィンスレット見たさに観た映画だけど、パイ作りのシーンが記憶にずどんと残り、パイと言えば…と、忘れられない映画になった。

それは、ケイト・ウィンスレット演じるアデルが彼女の息子と、偶然に家の中にかくまうことになった逃亡犯の男と3人でピーチパイを作るシーン。
夏の日の昼下がり、キッチンには光が射し込み、肌はじんわり汗ばむ。男は熟れすぎたピーチを頬張りながら、“いい考え”があると、ひと言。
「作っている時は電話が鳴っても出るな」なんてカッコイイことを言いながらパイ作りが始まる。3人そろってピーチの皮を剥き、大きめのボウルにひとまとめに入れたかと思えば、砂糖を手のひらにザザーッと乗せてピーチと絡める作業。一つのボウルの中で、三人の手が下から上へなめらかに往復し、たまにぶつかり、ピーチはいっそう水々しくしっとりとしていく。
おもむろにカップでざっくりと粉をすくい、そこにバターを投げ入れ、二本のナイフを持つ。男がアデルの後ろに回り、ナイフを持たせ、その上から自分の手をかぶせる。2人で一緒に真ん中から外へ切るように、の動きを何回か繰り返すことでバターと粉がさっくりと混ぜ合わさっていく。
「パイ作りにはめん棒よりも自分の手が最高の道具だ」とかなんとか、いわゆるお菓子の道具はほとんど使わずに手をすべらせ、力強く転がし、生地をのばしていく。
そうして出来たパイ生地をオーブン皿に敷き、上にはピーチを山のようにこんもりと盛る。いよいよ運命の瞬間は、ピーチにかぶせるもう一枚のパイ生地。大役を任されたアデルは手が震え緊張するが、男が耳元でささやいた「“屋根”をのせて」の一言が効く。
最後はオーブンでぐつぐつと焼きこまれ、決して綺麗とは言えないが見事なキツネ色のざっくりとした大胆なパイが出来上がる。

cinecaのおかしネマ vol.2

この映画はこの先ずっと1人で生きていくと思っていた女性が、思わぬ出会いから新しい“家族”を夢見る話だ。いつもどこかさみしげなアデルの家が、人質として始まった男との生活で、まるで暖炉に火がついたように光が灯り、あたたかい場所へ変化していく。
ゆっくりとスリリングに作られていく“家族のようなもの”を見ていると、パイの土台を作り、中身を入れ、屋根をかぶせる、そんな工程と重なる気がする。

パイが登場する映画はたくさんある。

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』のいつも売れ残ってしまう“ブルーベリーパイ”や、
『ハロルドとモード』のハーブティーといっしょに楽しむ“ジンジャーパイ”、
『シェイプ・オブ・ウォーター』の“キーライムパイ”は美しいグリーンだけどおいしくはなくて、
『パターソン』の“チーズと芽キャベツのパイ”はある日のメインディッシュでオンリーワンディッシュ。
『恋人たちの予感』の“パイ・ア・ラ・モード”は、温めたパイの“横に”冷たいアイスクリームを添えて欲しいというこだわりの一品。

あのパイもこのパイも…それぞれのシーンを思い返してみると、恋人と、隣人と、夫婦と、友人と、そこには二人以上でパイを囲む風景があることにハッとする。

甘くてもしょっぱくてもいけるこのお菓子は、いつも家族をうつす鏡のように食卓に鎮座する。エピソードを繋ぎ、家を語り、家族を背負う、まあるいあたたかい食べもの。
ああ…パイって…母なる大地のようだ。
あたたかい大地が目の前に広がると、なにもかもが包まれ飲み込まれていく。おとといの悩みごとも、きのう傷ついた事実も、みんな甘い記憶になってまた新しく今日をはじめられる。

だから、一日の終わりになると、だれかが皿に焼いたままのパイを持って「いっしょに食べよう。」ってピンポンしに来てくれることを私は今日も待っているんだ。

cinecaのおかしネマ vol.2
RANKING
  1. No.01
    クリエイティブディレクター 原野守弘 インタビュー「男はつらいよ50周年×PINTSCOPE」
    “枠組み”を超えていけ!
    人を動かすものづくりを『男はつらいよ』に読み解く
  2. No.02
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  3. No.03
    山田真歩のやっほー!シネマ 第11回
    ゆっくり歩くと見えてくるもの
  4. 汚いものこそ美しい。 成海璃子の「美しいとおもうこと」 No.04
    成海璃子 インタビュー
    汚いものこそ美しい。
    成海璃子の「美しいとおもうこと」
  5. 樹木希林さんの言葉「表現者は最後までひとりぼっち」を考え続けている。映画は、生きづらさの支えだった No.05
    吉村界人 インタビュー
    樹木希林さんの言葉「表現者は最後までひとりぼっち」を考え続けている。映画は、生きづらさの支えだった
  6. 過去の経験にしがみつかない。 常に新しい自分でいるために No.06
    石原さとみ インタビュー
    過去の経験にしがみつかない。
    常に新しい自分でいるために
  7. 「その痛みを想像できるのか?」 死ぬこと、殺すこと、生きること。 No.07
    塚本晋也監督 インタビュー
    「その痛みを想像できるのか?」
    死ぬこと、殺すこと、生きること。
  8. 「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。 No.08
    有村架純 インタビュー
    「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。
  9. 好きな映画の話を相手にすると 深いところで一気につながる感覚がある  No.09
    DVD棚、見せてください。第20回
    好きな映画の話を相手にすると
    深いところで一気につながる感覚がある
  10. 「ものをつくって世に出す」ということは、 人を救うことも、殺すこともある。 “ものづくり”の本質とは? No.10
    野尻克己監督×橋口亮輔監督 対談
    「ものをつくって世に出す」ということは、 人を救うことも、殺すこともある。 “ものづくり”の本質とは?
PROFILE
菓子作家
土谷みお
Mio Tsuchiya
1984年東京生まれ。多摩美術大学卒業後、グラフィックデザイナーを経て菓子ブランド「cineca(チネカ)」を2012年に立ち上げる。ブランドのディレクション、デザイン、制作をすべて一人で手がけている。2017年、cinecaのショップ「四月」を東京浅草にオープン。不定期でオープンしている。雑誌「PERK」でコラム「cinecaのおいしい映画」を連載中。