PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

自分を変えたい時、観たいオススメ映画5選

自分を変えたい!
一歩を踏み出させてくれた映画

SNSで最新情報をチェック!
自分を変えたい時、背中をそっと押してくれたものはなんだったでしょうか?
寝る前に読んだ本に見つけた言葉や、街角で流れていた音楽、一緒に働いている人の姿…。 そんな様々なきっかけのひとつに「映画」があります。映画で描かれる多様な人生に触れることでの、新たな価値観との出会い。
あの人の「自分を変えたい」という思いを、後押ししてくれた映画をご紹介します。

「人の目を気にしてしまう自分」を変えてくれた映画

●『Kids Return キッズ・リターン』

  1. 人の目ばかり気にする日々にさようなら。ありのままの自分が歩む、第二の人生。『キッズ・リターン』
    どうしても語らせてほしい一本 「自分をアップデートできた映画」
    人の目ばかり気にする日々にさようなら。ありのままの自分が歩む、第二の人生。
    『キッズ・リターン』
    いつも人の目を気にしてしまい、情けない自分をなかなかさらけ出せなくて悩んでしまう時はありませんか? そんな自分を抜け出させてくれた映画体験記です。

◯『キッズ・リターン』をTSUTAYA DISACSでレンタルする

「仕事だけの自分」を変えてくれた映画

●『LIFE!/ライフ 』

  1. 仕事を辞めた方がいい?現実から逃げていた私は、一本の映画と出会いトラベルフォトグラファーに
    トラベルフォトグラファー・KYON.J インタビュー
    仕事を辞めた方がいい?
    現実から逃げていた私は、一本の映画と出会いトラベルフォトグラファーに
    毎日が家と仕事の往復で、精神的に疲れ、「会社を辞めた方がいいのではないかな…」と思うも、現実を直視しないで紛らわせていたKYON.J さん。そんなキョンさんが秘境をめぐり、フォトグラファーとして世界をめぐる旅に向かわせてくれた映画との出会いを語るインタビュー。

◯『LIFE!/ライフ』をAmazon Prime Videoで観る[30日間無料]

「スランプと向き合えなかった自分」を変えてくれた映画

●『魔女の宅急便』

  1. 大人になって新しい自分を知る。だから挑戦はやめられない『魔女の宅急便』
    どうしても語らせてほしい一本 『新生活・挑戦』
    大人になって新しい自分を知る。
    だから挑戦はやめられない
    『魔女の宅急便』
    スランプに陥った時、もがけどもがけど抜け出せない。そんな自分に向き合うのもイヤと自己嫌悪に苛まされてしまうことはありませんか? 挫折と向き合うことで、新たな挑戦に向かわせてくれた映画体験記。

◯『魔女の宅急便』をTSUTAYA DISACSでレンタルする

「素直になれない自分」を変えてくれた映画

●『トランスアメリカ』

  1. 人に嫌われるのが怖くて、自分を隠してしまうことがあるけれど。素直になりたい『トランスアメリカ』
    どうしても語らせてほしい一本 「大事な人と観たい、大事な人に届けたい映画」
    人に嫌われるのが怖くて、自分を隠してしまうことがあるけれど。素直になりたい『トランスアメリカ』
    傷つくことを恐れて、“本当の自分”を閉じ込めてしまうことはありませんか? 自分をさらけ出すということは怖いけれど、それ以上に自分を隠し続ける人生のほうがずっと辛いと気づかせてくれた映画体験記。

◯『トランスアメリカ』をAmazon Prime Videoで観る[30日間無料]

◯『トランスアメリカ』をU-NEXTで観る【31日間無料】

「生きる希望を見失った自分」を
再び立ち上がらせてくれた映画

●『ライムライト』

  1. 夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』
    どうしても語らせてほしい一本「大事な人と観たい、大事な人に届けたい映画」
    夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』
    人生には、一度や二度、生きていることが辛く苦しく思えるようになってしまう辛い体験が訪れる時があります。そんな時、「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。」と、いまここを生きる大切さを教えてくれた映画体験記。

◯『ライムライト』をTSUTAYA DISACSでレンタルする【30日間無料】

みんなの忘れられない映画体験を味わう
RANKING
  1. 01
    映画を観た日のアレコレ No.64
    フリーアナウンサー
    大橋未歩の映画日記
    2022年4月3日
  2. 02
    映画を観た日のアレコレ No.65
    ダンサー・振付師
    Seishiroの映画日記
    2022年4月26日
  3. 03
    グラフィックデザイナー 大島依提亜 インタビュー
    映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる!
    宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは?
  4. 愛情の残酷さと、バカバカしさと。 04
    瀬戸康史×城定秀夫監督 インタビュー
    愛情の残酷さと、バカバカしさと。
  5. 臆病なライダーが、カレーの脇道をひた走る。/『イージー・ライダー』 05
    水野仁輔の旅と映画をめぐる話 vol.17
    臆病なライダーが、カレーの脇道をひた走る。/『イージー・ライダー』
  6. 世界は暗いままではない。 映画をとおして「生きる力」を描く 06
    伊東蒼×片山慎三監督 インタビュー
    世界は暗いままではない。
    映画をとおして「生きる力」を描く
  7. スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』 07
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第16回
    スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』
  8. 「耳」を映画館の環境に! おうち映画をもっと楽しむ、おすすめヘッドホン・イヤホン9選 08
    映画鑑賞におすすめ! おすすめヘッドホン・イヤホン特集
    「耳」を映画館の環境に!
    おうち映画をもっと楽しむ、おすすめヘッドホン・イヤホン9選
  9. 「目の前にいる人」へ想いを巡らすことは、見知らぬ他人への想像力となる 09
    嵐莉菜×奥平大兼×川和田恵真監督 インタビュー
    「目の前にいる人」へ想いを巡らすことは、見知らぬ他人への想像力となる
  10. 「悪かった」 「僕もごめんね」 10
    映画の言葉『カモン カモン』ジョニーとジェシーの言葉
    「悪かった」
    「僕もごめんね」
シェアする