PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

どうしても語らせてほしい一本 『新生活・挑戦』

大人になって新しい自分を知る。
だから挑戦はやめられない
『魔女の宅急便』

SNSで最新情報をチェック!
ひとつの映画体験が、人生を動かすことがあります。
「あの時、あの映画を観て、私の人生が動きだした」
そんな自分にとって特別な、そして誰かに語りたい映画体験記。
今回のテーマは「新たな生活・挑戦」です。
新たな挑戦に向かうあなたの心にぴったりの一本が見つかるかもしれませんよ!
ライター
安達友絵
Tomoe Adachi
映画誌での執筆、児童書の編集などを経て、現在フリーライターとして活動。お酒と、犬と、韓国カルチャーに夢中の日々。

新しい挑戦に失敗はつきもの。でも、そのチャレンジが苦労もなくトントン拍子で進んでいくと、ちょっとした挫折から思わぬ底なし沼にはまってしまうこともあります。そんな時、私がいつも心に思い出す映画が『魔女の宅急便』(1989)です。

子どもの頃から運動神経の悪い私は、学校で部活に打ち込むこともなく、これまでずっとスポーツや競技とは無縁の人生を送ってきました。そんな私が3年前から始め、一度も離れることなく今も続けられているのが、弓道です。
「自分の身体を使って何かをする」ことは、私にとっては新しい挑戦でしたが、弓を構えて矢を放つ、というシンプルな動きをひたすら鍛錬していくこの競技に、私はどっぷりとはまってしまったのです。早起きして仕事の前に朝練に行き、休日は家族に頼んで講習会や試合にでかけ、寝ても覚めても頭の中は弓道のことばかり! 弓を引きながら身体をゆっくり開いていく感覚が気持ちよく、高確率で的に的中していたことも、のめり込んだ理由のひとつでした。

ところが、弓道を始めて2年目に受けた弐段の審査で、普段は一度もしたことのないミスを犯し、私は同期の中でただ一人不合格に…。目の前は真っ暗、励ましてくれるみんなの声もはるか遠くに聞こえ、会場の明治神宮からどうやって帰宅したのか、ショックのあまり覚えていないほどでした。
何をしていても気分は晴れず、沈んだ気分のまま翌週弓道場に向かうと、これまで面白いほど的中していた矢が、全く当たらなくなっていました。弓と矢を持つ自分の手が他人の手のように感じられ、そんな状態がしばらく続くと、家に置いている道具を見るのも嫌になってしまいました。

そんな時に思い出したのが、子どもの頃から何度も観ていた映画『魔女の宅急便』で、キキが森に住む絵描きの少女・ウルスラに会いに行く場面です。魔法が使えなくなり、自信をなくしたキキの横顔をスケッチしながら「私もよく描けなくなるよ」と言うウルスラ。「そういう時は、描いて描いて描きまくる!それでもダメなら、散歩したり、景色を見たり、昼寝したり、何もしない。そのうち、急に描きたくなるんだよ」。キキが空を飛べなくなり、子どもの頃は退屈に感じていたこの場面が、すっと頭に浮かんできたのです。

映画ではその後、親友のピンチを救うことで、「自分なりの空を飛ぶ理由」を見つけたキキがスランプを脱出しますが、私もスランプになって初めて、自分なりの弓道と向き合うことができた気がしました。静かな弓道場で、自分の矢が的を射抜く爽快な音は、運動音痴がコンプレックスだった私にとっては本当に特別でした。でも、的中率や審査などの結果にこだわりすぎて、最初に感じた気持ちを忘れていたのです。自分の身体を使うことを楽しむ。そうして続けていくと、自然と的にも当たるようになっていきました。
コンプレックスを突破して調子に乗ったり、挫折して年甲斐もなく落ち込んだり。大人になっても、自分も知らない自分の姿はまだまだたくさんある。だから挑戦はやめられないのです。

BACK NUMBER
FEATURED FILM
原作:角野栄子
プロデューサー・脚本・監督:宮崎 駿
音楽:久石 譲
音楽演出:高畑 勲
主題歌:荒井由実
声の出演:高山みなみ/佐久間レイ/山口勝平/加藤治子/戸田恵子

発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
PROFILE
ライター
安達友絵
Tomoe Adachi
映画誌での執筆、児童書の編集などを経て、現在フリーライターとして活動。お酒と、犬と、韓国カルチャーに夢中の日々。
RANKING
  1. 01
    映画を観た日のアレコレ No.64
    フリーアナウンサー
    大橋未歩の映画日記
    2022年4月3日
  2. 02
    映画を観た日のアレコレ No.65
    ダンサー・振付師
    Seishiroの映画日記
    2022年4月26日
  3. 03
    グラフィックデザイナー 大島依提亜 インタビュー
    映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる!
    宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは?
  4. 愛情の残酷さと、バカバカしさと。 04
    瀬戸康史×城定秀夫監督 インタビュー
    愛情の残酷さと、バカバカしさと。
  5. 臆病なライダーが、カレーの脇道をひた走る。/『イージー・ライダー』 05
    水野仁輔の旅と映画をめぐる話 vol.17
    臆病なライダーが、カレーの脇道をひた走る。/『イージー・ライダー』
  6. 世界は暗いままではない。 映画をとおして「生きる力」を描く 06
    伊東蒼×片山慎三監督 インタビュー
    世界は暗いままではない。
    映画をとおして「生きる力」を描く
  7. スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』 07
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第16回
    スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』
  8. 「耳」を映画館の環境に! おうち映画をもっと楽しむ、おすすめヘッドホン・イヤホン9選 08
    映画鑑賞におすすめ! おすすめヘッドホン・イヤホン特集
    「耳」を映画館の環境に!
    おうち映画をもっと楽しむ、おすすめヘッドホン・イヤホン9選
  9. 「目の前にいる人」へ想いを巡らすことは、見知らぬ他人への想像力となる 09
    嵐莉菜×奥平大兼×川和田恵真監督 インタビュー
    「目の前にいる人」へ想いを巡らすことは、見知らぬ他人への想像力となる
  10. 「悪かった」 「僕もごめんね」 10
    映画の言葉『カモン カモン』ジョニーとジェシーの言葉
    「悪かった」
    「僕もごめんね」
シェアする