PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

【PSポッドキャスト】山田真歩のやっほー!シネマ 〜対話篇〜 EP.1

年末年始におすすめの映画(前篇)

2018年から5年にわたり、日常で出合った忘れがたい映画のことや、その作品をきっかけに思い出した風景のことを、自分の内側を見つめながら、コラム連載「やっほー!シネマ」に綴ってきた俳優の山田真歩さん。本連載が「対話篇」として、ポッドキャストのトーク番組に生まれ変わりました。これからは“だれか”と語り合いながら、引き続き、映画のこと、人生のことを言葉にしていきます。

EP.1では真歩さんが、これまで連載を担当してきた編集者・ライターの川口ミリとともに、2023年を振り返りながら、冬休みにぜひ観てほしい映画を前後篇にてご紹介。前篇は、真歩さんのおすすめ映画です。最後には詩の朗読も。どうぞお楽しみください。

冬休みにぜひ観てほしい映画

PINTSCOPEポッドキャストは、こちらから。

タイムコード
01:50-
今年一年を振り返ってみる
09:10-
年末年始に観たい映画 その①『ダンシング・ベートーヴェン』
13:33-
喜びの方に向かっていくこと
19:28-
時間をかけることの大切さ
24:54-
自分の《孤独》も踊りにする
30:53-
年末年始に観たい映画 その②『タンゴ・レッスン』
41:30-
運命は意志の力で作られる
51:44-
女が憧れる女性像
57:50-
朗読
俳優
山田真歩
Maho Yamada
1981年生まれ、東京都出身。女優。2009年映画『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』でデビュー。同年の『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』で主演に抜擢され、NHK連続テレビ小説『花子とアン』(2014年)をはじめ、映画・TV・舞台で活躍。2016年、主演作『アレノ』で高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞。2021年、主演短編映画『かの山』が第78回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティショートフィルムコンペティション部門に入選。近作にドラマ『あなたの番です』、『ナイルパーチの女子会』、『半径5メートル』、『ブラッシュアップライフ』、映画『夕陽のあと』など。女優業の傍ら、ブログでの文章・イラスト執筆なども行う。NHK 大河ドラマ『どうする家康』、舞台『ガラパコスパコス~進化してんのかしてないのか~』(COCOON PRODUCTION 2023)に出演。
編集者
川口ミリ
Milli Kawaguchi
編集者、ライター。映画誌、ライフスタイル誌の編集部を経て、2016年からフリー。2018年からPINTSCOPEに参加。次に名古屋に行くときは、センチュリーシネマ、大須シネマ、伏見ミリオン座といった新しめのミニシアターにも行ってみたい!

PINTSCOPEポッドキャストでは毎週火曜日に新エピソード公開!
ぜひ、番組をフォローして映画の新たな魅力を見つけに来てください。

ご感想、ご質問お待ちしています!
PINTSCOPEポッドキャストのご感想、ご質問をぜひお送りください。
送信完了しました。
ありがとうございました。
送信に失敗しました。
ページを更新して再度送信してください。
コラム連載「山田真歩のやっほー!シネマ」
シェアする