PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の大切な映画があれば…人と映画の物語
「好き」と「かっこいい」を突き通すことで、生まれる世界があるそうだ。【前編】

演出家・いのうえひでのり インタビュー

「好き」と「かっこいい」を突き通すことで、生まれる世界があるそうだ。【前編】

SNSで最新情報をチェック!

独自の世界観で人気を博し、チケットがなかなか入手できない劇団のひとつである「劇団☆新感線」。豪華なセット上で、役者たちが一糸乱れぬアクションを繰り広げる「劇団☆新感線」のスペクタクルな世界は、演劇界のいちジャンルとして確立されています。映画で主演を演じるような有名俳優をキャストに迎えることも多く、舞台をベースに、大画面でその活劇を楽しむことのできる「ゲキ×シネ」という映画シリーズも数多く発表しています。

主宰であり、演出を務めるいのうえひでのりさんは、年間100本観るほどの映画好き。幼少期から映画に触れ、大人になった今も、忙しい稽古の合間をぬって映画館に通っているそうです。映画にまつわるお話を聞く中で、演出家・いのうえひでのりとして譲れない信条が見えてきました。キーワードは、「かっこいい」。あふれる情熱と遊び心の塊のような、いのうえさん。その創造の原点を伺います。

「好き」と「かっこいい」、を突き通す。追及することで、生まれる世界があるらしい。【前編】
僕を日常から切り離し、
別世界へと連れて行ってほしい!

2017年3月にできた、大スクリーンと観客席が360度回転する新しい劇場“IHIステージアラウンド東京”。そのこけら落とし公演として、劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』が公演されました。1年以上に渡り、同じ演目を「花」「鳥」「風」「月」「極」と5回に分けて異なるキャストを迎え、それぞれのキャストに合わせた演出や物語が繰り広げられるという大胆な試み。毎回違った視点で見ることができるので、それぞれの回の楽しみがありました。

いのうえありがとうございます。最初は、観客席が360度回転するといった舞台の特殊な構造に戸惑いましたけど、この公演を始めた「花」の頃に比べて、終盤の頃の「極」では劇場を使うのがだいぶ上手くなっていました。物語は、脚本の中島(かずき)くんが毎回書き換えてくれました。1回目より2回目と、回を重ねるごとに色々な表現を研究できるのは良かったですね。

大迫力の映像が使用されていたり、“城”や“野原”などとセットが大きく変わったりする様は壮観でした。

いのうえ芝居と芝居をつなぐのに、大スクリーンで映像が使えたのは大きかったですね。観客席が回転することで、場面転換もできる劇場でした。

劇団旗揚げ当時には、「映画やアニメ」と「舞台」の長所をマックスで掛け算したいとおっしゃっていましたね。いのうえさんは、大変な映画好きだとお伺いしました。とはいえ、1年以上舞台を上演するとなると、昨年はお忙しくて、なかなか映画を観る時間をつくれなかったのではないでしょうか。

いのうえそうですね。ただ、普段は、舞台中でも稽古前後に時間をみつけて映画館に通っています。稽古後に行くのは、やっぱりきついものがあるよね(笑)。だいたい年間100本は映画館で観ていましたけど、今はすこし減ったかな。

稽古の前後に行かれていたんですか…! いのうえさんをモーニングショーの時間帯に、映画館で目撃したという情報があったのですが、それは稽古前だったのですね。そもそも、映画を好きになったきっかけは?

いのうえ東宝系の怪獣映画ですね。最初は「映画が好き」というよりは「怪獣が好き」でした。小学校低学年くらいの時に『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』(1966年)を観て、そこから怪獣映画に大ハマリしたんですよ。春休みと夏休みにアニメと怪獣映画の“2本立て同時上映”があり、ゴジラやモスラなどの怪獣映画を観るのが子どもの頃の一大イベントでした。それで、映画館の雰囲気を好きになったんですよね。

あとは、時代劇も好きでした。時代劇映画ばかり放送する「火曜映画劇場」を夢中で観ていました。往年の俳優が主演する時代劇を、ゴールデンタイムに放送していたんですよ。見応えあったなあ。片岡千恵蔵さんや市川歌右衛門さんが登場する映画とか、小学校低学年のときに好きで観ていたんですよね。

「好き」と「かっこいい」、を突き通す。追及することで、生まれる世界があるらしい。【前編】

時代劇六大スターのおふたりですね。怪獣映画と時代劇、ちょっと意外な組み合わせに感じますが?

いのうえどちらも別世界に連れて行ってもらえるような、ワクワク感がある。それが好きだったんですよね。サラリーマンが主人公のような、日常的な話にはあんまり惹かれなかったですね。

日常とは、別の世界に連れて行ってもらえる感覚がお好きだったんですね。そのジャンルで特に好きだった映画は?

いのうえ今観てもワクワクするのが、『キングコング対ゴジラ』(1962年)。なんというのかな……クレージーキャッツが主演していた人気シリーズ『クレージー映画』や加山雄三さん主演の『若大将シリーズ』に通ずるんですが、あの時代の東宝がつくり出す明るい空気感のある作品が好きで。お気楽な製薬会社の社員がキングコング対ゴジラを宣伝に利用しようとするという設定で、おもしろかったなぁ。もちろん、特撮部分も無論カッコいいんだけど。当時、僕らのような子どもが騒ぐから“子ども向け”と思われてしまいがちだけど、あれは子ども向けなどではなく、大人が観て楽しめる「映画」だった。

人間物語がしっかり描かれていた、ということでしょうか。

いのうえそうですね。特撮だけでなく人間物語もきちんと楽しめる。子ども向けと思われているけれど、実はドラマがしっかりしているという意味では、『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966年)も鮮烈に覚えていますね。観た後しばらくトラウマで(笑)。オープニングで、ガイラという怪獣が背後から人を襲って食べてしまうという衝撃的なシーンがあって、子どもながらに怖かったですね。あの水の中で足を進めても前に行かない感じと、怪獣がだんだん迫ってくるのが見事に恐怖を増幅させていて…夢に出てきそうな。僕らの世代の人は、この映画がトラウマになっている人多いと思いますよ。

悪夢的な映画なのに、子どもも大人も幅広い世代が楽しめるというのは、やはりドラマがしっかりしているということが大きいんですね。

いのうえこの映画は、日本の古い神話『海彦山彦』の物語をベースにしているのかなぁ。スタッフも当時の一流の人たちが集まっていて。本作の監督は本多猪四郎さんという方で、『影武者』(1980年)以降、黒澤明さんの助監督を担っていた方です。だから、職人技というか細かい部分までしっかり創り上げられている。特撮部分もドラマ部分も、どちらも見ごたえがありました。

「好き」と「かっこいい」、を突き通す。追及することで、生まれる世界があるらしい。【前編】
マックイーンに、ブルース・リー。
ヒーローが、創作意欲の原点。

難しい質問かもしれませんが、いちばんお好きな映画は?

いのうえ『大脱走』(1963年)です。

即答ですね!

いのうえ主演のスティーブ・マックイーンが僕のマイフェバリットスター。それまで観ていなかった洋画を観るようになった小学校高学年のとき、最初に好きになった俳優さんです。そして、今でも一番好きですね! 身長は高くないんだけど、寡黙で、男としてかっこいい。高倉健か、スティーブ・マックイーン。当時の僕らの世代のヒーローです。皆、どちらかのポスターを貼っていたな。僕ももちろん、スティーブ・マックイーンのポスターを貼っていたし、写真集も3-4冊買いました。

それ以来、ずっといのうえさんのヒーローなんですね。

いのうえ小学生の頃、初めて「ゴールデン洋画劇場」で『大脱走』を観たんだけど、前編と後編とに分かれて放映されていたんですよ。前編の1週間後にある後編がとにかく楽しみでしかたなかった。放送日はお菓子を用意して、テレビの前でわくわくしながら待ちました。おふくろも弟も好きで一緒に観ていたな。

ちょっとした、家族のイベントだったんですね。

いのうえ夢中でしたね。映画館のリバイバル上映も観に行ったし、DVDセットも3回くらい販売されていて、そのたびに買っちゃうんですよ(笑)。その後、映画としては、ブルース・リーと『仁義なき戦い』にハマっていくんです。

最近だと、「劇団☆新感線」っぽい映画だといろんな方に勧められて観た、韓国映画の『群盗:民乱の時代』(2014年)も、かっこよかったです。悪役が非常に美しい綺麗な男性で、「綺麗なんだけど生い立ちにいろんなものを背負っている」という登場人物。『髑髏城の七人』(「劇団☆新感線」作品)の蘭兵衞に似ています。過去に何かがあったことを感じさせる人間臭さがいいんですよ。そこにリアリティを感じて、観客は感情移入することができる。

お話を伺っていて、いのうえさんは、ご自身が感情移入できる「カッコイイ男性」に心惹かれるんだなと思いました。

いのうえそうですね。僕の作品も、「キャラクターへの感情移入のしやすさ」は大事にしていますね。

映画好きになったのはご両親の影響ですか?

いのうえいや、友だちの影響です。周りに、映画や音楽が好きな友だちが多かったんですよ。小学校高学年の時は、同級生の影響で、初めて洋画を名画座へ観に行きました。『ウエスト・サイド物語』(1961)と『真夜中のカーボーイ』(1969年)の二本立て。『真夜中の〜』は、最後にちょっと切なくなって。一緒にいった友達には兄貴がいて、そこから音楽とか映画の情報が入ってくるんで、ませているんですよ。ビートルズなんかの洋楽もそいつ経由で知りましたね。

中学生になるとご多分に漏れずブルース・リーにハマりまして。当時、中坊は皆、学校にヌンチャクを持って行っていました(笑)。お金持ちの友達が8mmカメラを持っていたので、仲間うちでカンフー映画を撮ることもありましたね。

へえ! 中学生にして8mm映画ですか。どんな映画ですか?

いのうえブルース・リーを見よう見まねで、『燃えよドラゴン』(1973年)のコピーのような作品を撮っていました。その時は監督も、撮影も、出演もして(笑)。いわれてみれば、基本的にその頃からずっと、アクションと活劇が好きですね。撮ることで、別の世界と通じて、その世界に魅了される感覚が楽しくて。ブルース・リーが出演している映画を観ると、思わずヌンチャクを振るような、その延長でした。

「好き」と「かっこいい」、を突き通す。追及することで、生まれる世界があるらしい。【前編】

高校では、映画の道ではなく、演劇部に入られるのですね。

いのうえ本当は映画研究会(映研)に入りたかったんですが、僕の行った高校にはなかったんです。当時映研ブームで、周りの高校にはあったんですけどね。「作品をつくる」「クリエイティブなことに携わる」という意味では“映画”と“演劇”は近いのかなと思って、演劇部に入りました。

そこから演劇にのめり込んでいったんですね?

いのうえいや、最初は積極的ではなかったです(笑)。男子校で、部員が6人しかいなかったんですけど、放課後に部室に集まってダラダラとくだらないことばっかり話していましたね。時々発声練習とかするんですけど、基本は遊んでばっかり。でも、今思えばその当時遊んでいた時間が、今につながっている気はしますね。

そうなんですね。演劇は積極的にやってなかった、と?

いのうえただ、そんな風にダラダラしている感じなのに、実はオリジナル作品しかやらないという伝統がある演劇部で(笑)。大会があったので、自分たちでシナリオを書いて、演劇の大会に出場しました。それが、地区大会を経て県大会までは進んで。そこでのウケがね…よかったんですよ。県大会でのウケが一番よかった!

どんなお芝居だったんですか?

いのうえ『桃太郎地獄絵巻』という、桃太郎の話をベースにした話なんです。実は侵略しようとしているのは桃太郎側だった、鬼は平和に暮らそうとしているのに…という物語。今、「劇団☆新感線」でやっていることと根本的には変わらない作品です(笑)。

観てみたいです。

いのうえロック・バンドKISSをまねて、全員白塗りのメイクで、家から持ってきたスピーカーでハードロックを大音量でかけながらやっていました。ハードロックと格闘シーンがたくさんあって。映画とか音楽とか、自分の好きなものを舞台に詰め込んでいましたね。

ジャンル問わず、好きなものを舞台に詰め込んでいたんですね。これとこれを掛け合わせたら「おもしろいかな」という感覚で決められるんですか?

いのうえ「おもしろい」というよりは、これとこれを組み合わせたら「カッコイイかな」という感覚で決めています。KISSもカッコイイし、ハードロックもカッコイイでしょ。

スティーブ・マックイーンもそうですが、ご自身にとって「カッコいい」ことを大事にされ続けているんですね。

いのうえそうですね。昔から全然変わらんなと。三つ子の魂百までって、こういうことですよ(笑)。

「好き」と「かっこいい」、を突き通す。追及することで、生まれる世界があるらしい。【前編】
RANKING
  1. No.01
    クリエイティブディレクター 原野守弘 インタビュー「男はつらいよ50周年×PINTSCOPE」
    “枠組み”を超えていけ!
    人を動かすものづくりを『男はつらいよ』に読み解く
  2. No.02
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  3. No.03
    山田真歩のやっほー!シネマ 第11回
    ゆっくり歩くと見えてくるもの
  4. 汚いものこそ美しい。 成海璃子の「美しいとおもうこと」 No.04
    成海璃子 インタビュー
    汚いものこそ美しい。
    成海璃子の「美しいとおもうこと」
  5. 樹木希林さんの言葉「表現者は最後までひとりぼっち」を考え続けている。映画は、生きづらさの支えだった No.05
    吉村界人 インタビュー
    樹木希林さんの言葉「表現者は最後までひとりぼっち」を考え続けている。映画は、生きづらさの支えだった
  6. 過去の経験にしがみつかない。 常に新しい自分でいるために No.06
    石原さとみ インタビュー
    過去の経験にしがみつかない。
    常に新しい自分でいるために
  7. 「その痛みを想像できるのか?」 死ぬこと、殺すこと、生きること。 No.07
    塚本晋也監督 インタビュー
    「その痛みを想像できるのか?」
    死ぬこと、殺すこと、生きること。
  8. 「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。 No.08
    有村架純 インタビュー
    「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。
  9. 好きな映画の話を相手にすると 深いところで一気につながる感覚がある  No.09
    DVD棚、見せてください。第20回
    好きな映画の話を相手にすると
    深いところで一気につながる感覚がある
  10. 「ものをつくって世に出す」ということは、 人を救うことも、殺すこともある。 “ものづくり”の本質とは? No.10
    野尻克己監督×橋口亮輔監督 対談
    「ものをつくって世に出す」ということは、 人を救うことも、殺すこともある。 “ものづくり”の本質とは?
PROFILE
演出家
いのうえひでのり
Hidenori Inoue
1960年1月24日生まれ、福岡県出身。大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科に入学し、在学中の1980年に劇団☆新感線を旗揚げ。「髑髏城の七人」「SHIROH」の演出が評価され第14回日本演劇協会賞を獲得。その後も第9回千田是也賞、第57回芸術選奨文部科学大臣新人賞、第50回紀伊國屋演劇賞の個人賞などを受賞し、演劇界に地位を築く。2017年にはIHIステージアラウンド東京にて劇団☆新感線『髑髏城の七人』花鳥風月極と上演。2018年7月23日より、劇団☆新感線『メタルマクベス』を同劇場にて上演する。