PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の大切な映画があれば…人と映画の物語

有賀薫の心においしい映画とスープ 1皿目

幸せをみつける才能 『ライフ・イズ・ビューティフル』

SNSで最新情報をチェック!
有賀薫の心においしい映画とスープ

毎朝欠かさず、スープをつくっています。
朝に弱い息子のためにつくり始めたのが朝のスープのきっかけでした。これが習慣になり、ライフワークになり、仕事になってしまいました。今は365日、スープの日々です。そんな私に、映画とスープのコラムを書きませんか? というお声がかかりました。

えっ、なぜ私? 時間に追われがちな私は、ふだん、映画に触れる機会が少ないのです。でも、そういう人にぜひ書いて欲しいと編集者の川口さんが言ってくれたので、自分のスープと何か結びつきそうな、お気に入りの映画を何本か思い起こしてみました。そのときふっと心に浮かんだのが映画『ライフ・イズ・ビューティフル』の中の、ワンシーンです。

それは、この映画の主人公グイドの息子ジョズエが、「お風呂に絶対入らない!」とだだをこねて、小さな家具の中に隠れてしまうシーンです。隠れて出てこないジョズエを、グイドは「ショーペンハウアーの意志の力」で動かしてみせます。これは、「意志の力があれば何事も成し遂げられる」という哲学者の考えの引用で、1本の映画を通してじつは大きな意味を持っているのですが、ひとまずこのエピソードの中では、面白おかしく、家族の幸せな一場面を演出するセリフとして描かれています。

とりたてて何ということはない、ささやかなワンシーンです。でも、冬の朝、かけ布団にみの虫のようにくるまってしまい、「起きなさい!」とどんなに声を荒げて叱っても、ちっとも布団から出てこなかった息子が「おいしいスープつくったけど、食べる?」の一言で、むくりと起き出してきたときの記憶とこのシーンが、自分の中で重なりました。それまでの私は、子どもを起こすことが目的になっていました。でもほんとうなら、一日の始まりはお互い、すがすがしくごきげんに始めたい。厳しく冷たい言葉よりも、湯気を立てる温かいスープのほうが、誰だって気持ちよく目覚められるはずです。

グイドには、どんな小さなできごとも見逃さず、誰かをハッピーにするための小道具に変えていく才能があります。映画後半、ナチスの収容所という辛く重く暗い空気の中にあっても、そのアイデアは途絶えることのない泉のように湧いて出て、幼い息子ジョズエは彼のつくり出した温かい空気に守られ続けるのです。

自分は、“幸せの感受性”を磨けているでしょうか。スープに使う野菜に季節を感じ、ひらめいたアイデアにわくわくし、食卓での家族との他愛ない話を楽しむ。単調な日々の小さなかけらを幸せに変える習慣をつければ、ただ楽しく過ごせるというだけではありません。辛いことが起こったり、心が折れそうになったりしたときに自分や周囲を勇気づける大きな武器になる。日々の生活こそが、美しい人生につながっていくのです。

さて、この連載では毎回、最後にそれぞれの映画にちなんだスープのレシピをご紹介します。
『ライフ・イズ・ビューティフル』のロケ地は、イタリア・トスカーナ州の町アレッツォ。イタリアのスープといえば、誰もが思い浮かべるのがミネストローネですが、トスカーナではこの地域でとれる白いんげん豆が入るのが特長。煮くずれた豆がおいしく、素朴だけれどにぎやかで温かい、まるでグイドのようなスープです。私たちが思い浮かべる赤くベーコンなども入るミネストローネとはちょっと違いますが、ありあわせの野菜でお腹を満たす、生活に根差したスープです。もしかしてグイドたちも家族三人で、朝食に食べていたかもしれませんね。

◎映画のスープレシピ:
『すがすがしい一日を迎えるためのスープ』
(トスカーナ風ミネストローネ)

材料 (大鍋1つ分) 所用時間40分

・A
たまねぎ…1/4個、 セロリの茎…1/3本、 にんじん…小1本、 にんにく…1片

・B
トマト…中1個またはプチトマト5個、 じゃがいも…1個、 キャベツ…3枚、 小松菜…1/3束

(Aは必須、Bは好きな野菜に変えても可)

・白いんげん豆(ゆでたもの・缶詰可)…100g

・オリーブオイル…大さじ3

・塩…小さじ1

◎つくり方

1 たまねぎとセロリ、にんにくはみじん切り、にんじんは1cm角に切る。キャベツは2cm角に切る。小松菜も2cm幅に切る。

2 鍋にオリーブオイルとたまねぎ、セロリ、にんにくを入れて炒める。たまねぎの匂いが消えたらにんじんも加えてさらに炒める。キャベツと小松菜を足して、7~8分炒めていく。

3 切ったトマトとじゃがいも、水約300mLと塩小さじ1を加え、約20分煮る。白いんげん豆を加え、さらに20分煮て、塩で味をととのえる。

有賀薫の心においしい映画とスープ
RANKING
  1. No.01
    間宮祥太朗 インタビュー
    「えぐみ」のある、キミが好き。
    “あたりまえ”を逆転させた、あなたと映画
  2. No.02
    熊谷和徳の映画往復書簡 #2
    ハナレグミ永積崇から
    熊谷和徳へ
    「こちらNICE西日なう」2通目
  3. No.03
    山崎まさよし×篠原哲雄監督 インタビュー
    泥棒とミュージシャンは、似ている?一人の「個」として自分を守るために必要なこと
  4. エンディングを見届ける。 “終わり”があるからこそ、人生は豊かだ No.04
    渡辺大知 インタビュー
    エンディングを見届ける。
    “終わり”があるからこそ、人生は豊かだ
  5. 熊谷和徳から ハナレグミ永積崇へ 「生きてグルーヴ」1通目 No.05
    熊谷和徳の映画往復書簡 #1
    熊谷和徳から
    ハナレグミ永積崇へ
    「生きてグルーヴ」1通目
  6. 「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。 No.06
    有村架純 インタビュー
    「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。
  7. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? No.07
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  8. 「その痛みを想像できるのか?」 死ぬこと、殺すこと、生きること。 No.08
    塚本晋也監督 インタビュー
    「その痛みを想像できるのか?」
    死ぬこと、殺すこと、生きること。
  9. 映画を通して見つけだした、福士蒼汰の考える「本当の優しさ」とは No.09
    福士蒼汰 インタビュー
    映画を通して見つけだした、福士蒼汰の考える「本当の優しさ」とは
  10. 映画を通じて、未知の自分を探求する。市川実日子はそこで“本来の自分”の姿に出会った No.10
    市川実日子 インタビュー
    映画を通じて、未知の自分を探求する。市川実日子はそこで“本来の自分”の姿に出会った
FEATURED FILM
監督・脚本:ロベルト・ベニーニ
出演:ロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ、ジョルジオ・カンタリーニ、ジュスティーノ・デュラーノ
カンヌ映画祭で審査員グランプリに輝き、アカデミー賞で作品賞ほか7部門にノミネートされた感動作。第二次世界大戦下、歴史に翻弄されるユダヤ人親子の運命を、ユーモラスかつ温かい視点で描く。1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは小学校の教師ドーラに一目惚れ。彼女もグイドの優しさやユーモアに惹かれ、結婚を承諾する。やがて息子も生まれ、一家は幸せな日々を送っていた。が、ある日突然、彼らに強制収容所への収監命令が下る。
PROFILE
スープ作家
有賀薫
Kaoru Ariga
1964年生まれ、東京都出身。スープ作家。2011年から7年間、約2700日にわたり朝のスープづくり『スープ・カレンダー』を日々更新。スープの実験室「スープ・ラボ」をはじめ、イベントや各種媒体を通じ、おいしさに最短距離で届くシンプルなレシピや、日々楽に料理をする考え方などを発信中。著書に『365日のめざましスープ』(SBクリエイティブ)『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)、『スープ・レッスン』(プレジデント社)、『おつかれさまスープ』(学研プラス)。新刊『朝10分でできる スープ弁当』(マガジンハウス)が好評発売中。