PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の大切な映画があれば…人と映画の物語

有賀薫の心においしい映画とスープ 6皿目

仕事か恋か、その選択を超えていけ
『プラダを着た悪魔』

SNSで最新情報をチェック!
有賀薫の心においしい映画とスープ

(シンプルレシピを通じ、日々ごきげんな暮らしを発信する、スープ作家・有賀薫さん。スープの周辺にある物語性は、映画につながる部分があるかも? とのことで、映画コラム連載をお引き受けいただきました! 題して「心においしい映画とスープ」。映画を観て思いついたスープレシピ付きで、隔月連載中です。)

『プラダを着た悪魔』の公開は2006年、もう13年も前なんですね。当時の私は、フリーのライターとして小さな仕事は途切れなく来るものの、これという専門性はなく、キャリアも積み上がらず、家事や子育ての板挟みでうつうつとしていました。

だから、アン・ハサウェイ演じるエディター見習いのアンディが、横暴な上司であるミランダのもと、一流のファッション誌の世界で上へ、上へと駆け上っていく姿は痛快に感じられたものです。仕事が忙しくなるにつれ、恋人や親友とのすれ違いに悩むアンディに共感した女性は、私を含めて多かったのではないでしょうか。

「仕事か恋か」(結婚するとこれは「仕事か家庭か」へとスライドしていくわけですが)、女性が社会進出をはじめてから、繰り返し描かれてきたテーマです。家族や恋人、親しい人との関係を最優先することが女性の美徳とされる日本では、仕事をしようとすると、かなりシビアに突きつけられる問題でもあります。

でも、最近あらためてこの映画を観て、ああ、私の視野はずいぶん狭かったんだなと気づきました。アンディは決して仕事か恋かという小さな選択をしたわけではなかった。「華やかな世界を創造するファッション誌のエディターとしての生き方」と「真実を追いかけるジャーナリストとしての生き方」どちらの道を生きるかという、より大きなスケールの選択をしたんだと思えたのです。彼女が選んだ瞬間から、仕事も人間関係もリスタートしていく。映画のラストは、次の物語のはじまりでもあります。

映画の終盤に、ミランダがアンディに向かって「あなたは私に似ている」とつぶやく場面がありました。おそらくそれは仕事の手法ではなく、進む道を自ら決断するという生き方のこと。本質的な相似を感じてふと漏らした言葉によって、ミランダは思いがけずアンディに自分の道を選べと伝えてしまったのです。良いシーンでした。

彼女たちとは比べものにもなりませんが、私もスープ作家という、突拍子もない肩書で仕事をはじめる!と決心したところから人間関係や仕事がみるみる変わっていきました。数年たって、自分のさまざまな悩みが自然に溶けていたことに気づきました。決断し、踏み出すことの大きさを感じます。

仕事の悩みも、恋の悩みも、結局は自分の生きる道に沿っているかどうかであり、ひとつの問題なんだと思います。仕事か恋かの選択を越えて、自分の人生に向き合うことが、女性の自立にとってはすごく大事なこと。『プラダを着た悪魔』に登場する、わが道を行く女性たちに元気をもらいつつ、私自身も自分らしいランウェイを、歩いていこうと思っています。

+++

仕事か恋か、ではなく「ランウェイ」か「ジャーナリスト」か、「プラダ」か「ノーブランドのセーター」か、そんな選択をしたアンディ。彼女が選び取った世界に合いそうな、シンプルで質実なスープを作ってみました。ミランダが皮肉って言うところの「さえないブルーのセーター」で、気取りなく食べられるスープです。

スペアリブと大根をごろっと煮込んで塩で食べます。時間は多少かかりますし見た目は地味ですが、骨から出た濃厚なだしを大根が吸って、うまみたっぷりのご馳走。決して難しくありませんので、ぜひ作ってみてください。

◎映画のスープレシピ:
『骨太に生きる、女のスープ』
(スペアリブと大根のスープ)

材料(2人分)所要時間 1時間15分

豚のスペアリブ…300g(長い場合は4~5センチにカットしてもらう)

大根…10cm

塩、胡椒…適量

(あれば)長ねぎの青い部分

(好みで)小口切りした青ねぎ 白ごま レモンの輪切りなど 少々

◎つくり方

1 大根は皮をむき、横半分にしてから縦4等分にする。豚のスペアリブは塩小さじ1をすりこんで20分ほど置き(所要時間外)、熱湯をかけておく。

2 大根とスペアリブを鍋に入れ、具材がかぶるぐらいの水、塩ひとつまみを入れて中火にかける。長ねぎの青い部分があれば、一緒に鍋に加える。

3 煮立ったらアクを取り除き、弱火に切り替えて1時間ほど煮る。塩で味をととのえ、胡椒をふる。器に盛り、好みで青ねぎや白ごま、レモンの輪切りを添える。

有賀薫の心においしい映画とスープ
RANKING
  1. No.01
    【ハロウィン特別企画 ホラー映画座談会】Base Ball Bear小出祐介×中原翔子×大場渉太
    怖いだけじゃない!
    ホラー映画には、人生をサバイブするコツが描かれてるってホント?
  2. No.02
    有村架純 インタビュー
    「役者は向いてないと思うこともある」 揺らぎ、悩み、前進する有村架純25歳。
  3. No.03
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  4. 熊谷和徳から ハナレグミ永積崇へ 「生きてグルーヴ」1通目 No.04
    熊谷和徳の映画往復書簡 #1
    熊谷和徳から
    ハナレグミ永積崇へ
    「生きてグルーヴ」1通目
  5. 「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」 その“呪い”から、映画と旅が解放してくれた No.05
    地球の広報・旅人・エッセイスト たかのてるこインタビュー
    「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」 その“呪い”から、映画と旅が解放してくれた
  6. 映画を通して見つけだした、福士蒼汰の考える「本当の優しさ」とは No.06
    福士蒼汰 インタビュー
    映画を通して見つけだした、福士蒼汰の考える「本当の優しさ」とは
  7. 人の本質がまる見え!? 怖い…けど面白い! 「トラウマ映画」のススメ No.07
    編集後記 004
    人の本質がまる見え!?
    怖い…けど面白い!
    「トラウマ映画」のススメ
  8. 大切な誰かとともに、淡々と運命を乗り越える。その人間性の強さに、僕は勇気づけられるんだ No.08
    松重豊 インタビュー
    大切な誰かとともに、淡々と運命を乗り越える。その人間性の強さに、僕は勇気づけられるんだ
  9. 映画も音楽も、暴力には勝てない。 でも“無力”だからこそ素敵なんだ No.09
    音楽家・大友良英 インタビュー
    映画も音楽も、暴力には勝てない。
    でも“無力”だからこそ素敵なんだ
  10. 過去を捨てて生きてきた。頼れるのは自分しかいない。中井貴一の“今しか見ない”生き方とは? No.10
    中井貴一 インタビュー
    過去を捨てて生きてきた。頼れるのは自分しかいない。中井貴一の“今しか見ない”生き方とは?
FEATURED FILM
監督:デイヴィッド・フランケル
出演:アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ
メリル・ストリープとアン・ハサウェイ共演で贈る傑作ラブコメディ。ジャーナリストを目指してNYにやって来たアンディは、一流ファッション誌の鬼編集長・ミランダのアシスタントに抜擢される。オシャレに興味のないアンディはミランダにコテンパンにされるが、仕事をこなそうと必死に努力。アンディの生活は仕事で多忙を極め、キャリアのためとはいえ、恋愛や友情などプライベートはないも同然になっていき…。映画の初盤でミランダが、アンディが着ていたノーブランドのセーターを「その冴えないブルーのセーターは…」と皮肉る印象的なシーンは、ミランダを演じたメリル・ストリープのアイデアで付け加えられたという。さすが名女優!
PROFILE
スープ作家
有賀薫
Kaoru Ariga
1964年生まれ、東京都出身。スープ作家。2011年から7年間、約2700日にわたり朝のスープづくり『スープ・カレンダー』を日々更新。スープの実験室「スープ・ラボ」をはじめ、イベントや各種媒体を通じ、おいしさに最短距離で届くシンプルなレシピや、日々楽に料理をする考え方などを発信中。著書に『365日のめざましスープ』(SBクリエイティブ)『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)、『スープ・レッスン』(プレジデント社)、『おつかれさまスープ』(学研プラス)。新刊『朝10分でできる スープ弁当』(マガジンハウス)が好評発売中。