PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

どうしても語らせてほしい一本 「大事な人と観たい、大事な人に届けたい映画」

僕が笑うのは、君を守るため。
笑顔はお守りになることを知った映画『君を忘れない』

SNSで最新情報をチェック!
ひとつの映画体験が、人生を動かすことがあります。
「あの時、あの映画を観て、私の人生が動きだした」
そんな自分にとって特別な、そして誰かに語りたい映画体験記。
今回のテーマは、「大事な人と観たい、大事な人に届けたい映画」です。
あなたが今映画を一緒に観たい、届けたい人は誰ですか?

「あなたにとって大事な人は誰ですか?」と聞かれて思い浮かぶ顔の中に、ひときわ笑顔の男の子がいます。その笑顔を思い出す時、頭に浮かぶ映画が『君を忘れない』(1995)です。

私は中学生の時、ある病気を患い、長い間入院生活を送っていました。そこは難病を患う子供が全国から集まる大学病院の小児病棟で、入院していた多くは、私よりもずっと年下の子ばかりでした。今までの生活が一変し、辛い治療に先の見えない闘病生活。その現実を中々受け止めきれなかった私は、毎日のように泣いていました。

そんなある日、私の元に一人の男の子がやってきてこう言ったのです。

「おねえちゃん、笑って!」

まるでひまわりがパッと咲いたように笑うG君は、小児がんを患って入院していた4歳の男の子でした。その笑顔を見て、「こんなに小さな子が病気と前向きに闘っているのに、私はいつまでメソメソしているんだ」と、自分を恥ずかしく思ったのと同時に、身体中に力が湧いてきたように感じたのです。G君の笑顔は、ふさぎ込んでいた私を暗闇から引っ張り出してくれました。

季節が夏に向かう頃、G君が無菌室に入り、抗がん剤を使った治療を始めることになりました。無菌室に入れば、それまでのようにお母さんと会えなくなってしまいます。まだ4歳のG君にとって、治療よりも辛いことかもしれません。無菌室に移る前日、これまで気丈に振る舞っていたG君のお母さんが、廊下で声を殺して泣いている姿を見かけました。その様子に気づいたG君が、お母さんに近寄り「ママ、笑って」とにっこりと微笑みかけていた姿が、私は今でも忘れられません。

本当はG君だって、怖くて不安で、泣きたかったと思います。でも、彼はまず「自分にとって大事な人」であるお母さんを笑顔にしたかったのです。私に「まずは自分が笑顔になって、誰かを元気づけること」の強さを教えてくれたのが、G君でした。その“笑顔の力”を思い出す映画が、『君を忘れない』です。

『君を忘れない』は、特攻隊として招集された若者たちの青春を描いた作品で、上映当時、母に連れられて劇場で観ました。幼い私は、まだ戦争というものがどんなものかも分かっておらず、物語前半で、機銃掃射の攻撃を受けるシーンがとても怖く「この後もこういうシーンが続くのかな?」と緊張していました。でも、最後まで観続けることができたのは、松村邦洋さん演じる特別攻撃隊(特攻)・高松の笑顔があったからです。高松は高所恐怖症で、水を飲んでも太ってしまう体質の持ち主ですが、いつも笑顔を絶やさず、その愛嬌でムードメーカーのような存在です。

出撃の前日、隊員たちは酒を酌み交わし最後の時間を過ごしている中、高松が「俺はみんなのこと忘れないですから。ずっと覚えてますから」と語ります。この時の高松の笑顔が、私にはあの時のG君と同じように感じたのです。なぜなら、その笑顔は、辛い時こそ自らが笑い、大事な人を守るための笑顔だったからです。

戦争と病気。置かれている状況や戦うものは違うけれど、恐怖や苦しさの中で、一人の笑顔がどれだけ周りの人たちの救いと力になったことか。自分が辛いときに、誰かに笑顔を見せるというのは中々できないことです。でも、自分が笑顔を見せれば周りの人たちも笑顔になることを、G君と『君を忘れない』の高松が教えてくれました。

G君の笑顔は今でも私にとってお守りであり、自分の病に負けない気持ちを思い起こしてくれた「大事な人」です。 G君の笑顔に元気をもらった人は私だけではありません。同じ病棟に入院している他の子やその家族、看護師さんやお医者さんなど、病棟にいる人たちに笑顔の力をくれました。もし今、成人したG君ともう一度会えることがあるのならば、『君を忘れない』を一緒に観ながら「あの時、笑顔を見せてくれてありがとう。私は今、元気です。」と伝えたいです。 

BACK NUMBER
RANKING
  1. 01
    三浦春馬 インタビュー
    「普通の人」ってどんな人?
    三浦春馬がヒントを求めた先は、動物園!
  2. 02
    柳亭小痴楽 映画世渡り術 第三回
    どうしても周りに流されちゃう皆さんへ。
    『12人の優しい日本人』
  3. 03
    吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE) インタビュー
    ステイホーム中に、吉野北人が見つめ直した「なりたい自分」と「自分を磨く映画」
  4. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 04
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  5. “好き”が深いからこそ見える世界がある!鉄道ファンの漫画家が楽しむ映画とは? 05
    DVD棚、見せてください。第27回
    “好き”が深いからこそ見える世界がある!鉄道ファンの漫画家が楽しむ映画とは?
  6. 今ここで何を感じ、考えたか。 言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。 06
    森山未來 インタビュー
    今ここで何を感じ、考えたか。
    言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。
  7. 多部未華子が“恋する”人と映画 07
    多部未華子 インタビュー
    多部未華子が“恋する”人と映画
  8. 映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる! 宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは? 08
    グラフィックデザイナー 大島依提亜 インタビュー
    映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる!
    宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは?
  9. いつでも口ずさむ歌があれば 09
    山田真歩のやっほー!シネマ 第15回
    いつでも口ずさむ歌があれば
  10. 「思い切って、人の助けを借りる勇気も、必要なんだよね」 10
    映画の言葉
    「思い切って、人の助けを借りる勇気も、必要なんだよね」
FEATURED FILM
監督:渡邊孝好
脚本:長谷川康夫
出演:唐沢寿明、木村拓哉、反町隆史、袴田吉彦、松村邦洋、水野真紀、戸田菜穂、平田満、高嶋政宏、長塚京三
血をたぎらせて熱い時間を駆け抜けた七人がいた。
木村拓哉、反町隆史そして唐沢寿明。
現在では実現不可能な夢のキャスティングが繰り広げる青春群像!
PROFILE
ライター
根津香菜子
Kanako Nezu
ライター。学生時代、入院中に読んだインタビュー記事に胸が震え、ライターを志す。雑誌編集部のアシスタントや、朝日新聞社編集プロダクションでの編集・執筆を経て、2018年フリーライターに。最近は、映画やドラマのキャストインタビューを中心に活動しているほか、朝日新聞社ブックサイト『好書好日』にて、「美味しい」シーンや、食べ物が物語のカギになっている本を作者インタビューと共に紹介する「食いしんぼん」を連載中。
シェアする