PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画を観た日のアレコレ No.27

漫画家
マキヒロチの映画日記
2020年11月24日

SNSで最新情報をチェック!
なかなか思うように外に出かけられない今、どんな風に1日を過ごしていますか? 映画を観ていますか?
何を食べ、何を思い、どんな映画を観たのか。
誰かの“映画を観た一日”を覗いてみたら、どんな風景が見えるでしょう?
日常の中に溶け込む、映画のある風景を映し出す連載「映画を観た日のアレコレ」。
27回目は、漫画家 マキヒロチさんの映画日記です。
日記の持ち主
漫画家
マキヒロチ
MAKIHIROCHI
第46回小学館新人コミック大賞入選。ビッグコミックスピリッツにてデビュー。『いつかティファニーで朝食を』では「朝食女子」というワードもブームに。現在は、『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』、『SKETCHY』(ともにヤンマガサード)で連載中。

2020年11月24日

今朝はアイマッサージャーをつけたまま起きた。
アイマスクじゃない。VRゴーグルみたいなごつい機械だ。外す前に寝落ちしてたぐらいここ最近の私はとても忙しくて、昨日3つの仕事を納品することができたからやっとゆっくり寝れたという感じ。
それまで夜中まで付き合ってくれてたアシスタントさん達ありがとう…愛してます。

午前10時に起きて支度をし、某駅に向かった。
『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』の街取材をしに。
毎回街案内をしてくれる人と、ぶらぶら歩いたり覗いたり食べたりしているだけの取材だけれど、担当編集者と案内人とぶらぶらしてる時間はリフレッシュの時間でもある。

今日はずっと会ってみたかったスケーターの柳町唯さんが案内してくれることになり、スケートボードの漫画連載をしている私としては楽しくて仕方なかった。
歩きながら柳町さんの人生について聞いていたら、彼はリアル『人間交差点』『黄昏流星群』みたいな人で、ずーっと話を聞いてたいぐらい楽しかった。
ざっとぶらぶら歩き、一杯昼飲みして、柳町さんが次の用事に向かうとのことで解散した。

そして、これからどーしよーかなーなんて考えてて、最近全然映画を観てなかったから見逃してた『ミッドナイトスワン』を観ようと思い立ち日比谷へ。
今年はコロナもあって観逃してた作品が多く、「そのうち目黒シネマとかでやってくれたらその時観ればいいやー」なんてのらりくらりしていたけれど、もう気づけば年末。
観れるタイミングで観ていかないと、毎年呟いてる今年のベストランキングが出せない!

日比谷のTOHOシネマズはよく行く映画館。
旦那さんが一番好きな映画館で、よく二人で食事やショッピングがてら映画を観に行く。
久しぶりだと思ってたけど、そういえば今月二人で『鬼滅の刃』を観に行ってたわ。
鬼滅はなんだろう…こんなこと言ったら元も子もないけれど、もうジャンプ系の作品のノリは合わないのかもしれないと二人で凹んでしまった(笑)。

山手線を有楽町で降り、ぶらぶらクリスマスプレゼントの下見なんかしながら東京ミッドタウン日比谷に向かい、劇場内に入ると最終回ということもあって、人がまばらだった。
お行儀悪いけれど足を崩してリラックス。
『いつかティファニーで朝食を』でも主人公が劇場で足を崩して映画を観てるシーンを描いたことがあるけれど、私自身を描いたようなもんだ。
肝心の『ミッドナイトスワン』は、とにかく何を描きたかったのかがすごく分かりやすくていい映画だった。
そして主役の二人が本当に素晴らしくて、全てに恵まれてるように感じた映画だった。 面白い映画を観れたことは1日を大きく左右する。
まあもう日付変わるけど。

今年のランキングはどうだろう…? 『ジョジョ・ラビット』か『1917 命をかけた伝令』か、Netflixのテイラー・スウィフトの『ミス・アメリカーナ』で迷う。Filmarksのアプリでは、それよりも点数を低くつけてしまったけれど『2分の1の魔法』と『WAVES ウェイブス』もよかった。

ああ…もう年末だ。
どこでおせちを頼もうかなあ。

マキヒロチの映画日記・写真
BACK NUMBER
PROFILE
漫画家
マキヒロチ
MAKIHIROCHI
第46回小学館新人コミック大賞入選。ビッグコミックスピリッツにてデビュー。『いつかティファニーで朝食を』では「朝食女子」というワードもブームに。現在は、『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』、『SKETCHY』(ともにヤンマガサード)で連載中。
RANKING
  1. 01
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第4回
    ホラーよりも怖い!?
    究極の恐怖が一人の父親を襲う『震える舌』
  2. 02
    おすすめ恋愛映画(邦画)特集!
    特別な一本を選ぶなら…
    おすすめ恋愛映画12選【邦画】
  3. 03
    林遣都 インタビュー
    命と向き合う。その生き方が「命の大切さ」そのものとなる
  4. 世界的タップダンサー熊谷和徳の道は、1本の映画から始まった【前編】 04
    タップダンサー・熊谷和徳 インタビュー
    世界的タップダンサー熊谷和徳の道は、1本の映画から始まった【前編】
  5. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 05
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない!
    それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  6. 「伝えたい」ことを「伝える」ために。自分を嘘なく、晒け出す『サイダーのように言葉が湧き上がる』 06
    市川染五郎×イシグロキョウヘイ監督 インタビュー
    「伝えたい」ことを「伝える」ために。自分を嘘なく、晒け出す『サイダーのように言葉が湧き上がる』
  7. 夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』 07
    どうしても語らせてほしい一本「大事な人と観たい、大事な人に届けたい映画」
    夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』
  8. 人の本質がまる見え!? 怖い…けど面白い! 「トラウマ映画」のススメ 08
    実体験にもとづく! オススメ「トラウマ映画」特集
    人の本質がまる見え!?
    怖い…けど面白い!
    「トラウマ映画」のススメ
  9. 「思ってるだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ」 09
    映画の言葉『男はつらいよ お帰り 寅さん』のセリフより
    「思ってるだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ」
  10. 本能と理性の間に人生はある 『タンポポ』 10
    有賀薫の心においしい映画とスープ 17皿目
    本能と理性の間に人生はある
    『タンポポ』
シェアする