PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画を観た日のアレコレ No.33

2021年1月7日
石黒亜矢子の映画日記

SNSで最新情報をチェック!

なかなか思うように外に出かけられない今、どんな風に1日を過ごしていますか? 映画を観ていますか?

何を食べ、何を思い、どんな映画を観たのか。
誰かの“映画を観た一日”を覗いてみたら、どんな風景が見えるでしょう?
日常の中に溶け込む、映画のある風景を映し出す連載「映画を観た日のアレコレ」。

33回目は、絵本作家 石黒亜矢子さんの映画日記です。

日記の持ち主
絵本作家
石黒亜矢子
Ayako Ishiguro
1973年生まれ。絵描き。
主に創造の生き物、妖怪,化け猫などを描く。
絵本、装丁画、挿絵などの仕事をしながら、個展開催や企画展参加などで活動中。
猫と爬虫類の世話、部屋で映画を観る事が幸せ。
個人販売店「月光蔵」: https://gekko.katalok.ooo/ja
Instagram: @ishiguroayako

2021年1月7日

毎朝午前6時に起床。
爬虫類ケージのバスキングライトのスイッチを入れ、早起きの小さな恐竜たちの可愛い顔をマジマジと眺める。
『ジュラシック・パーク』が大好きだ。
恐竜映画の傑作中の傑作だと思う。初めて映画館で観た時には、あの壮大な音楽と、本当にそこで生きているような恐竜たちの映像に鳥肌がたち、感動と羨ましさでボロボロ泣いたものだ。劇中に登場する尻尾に特徴のあるアンキロサウルスが、うちにいるトゲオアガマにほんのちょっと似ている。

次に、猫のトイレ掃除と餌やり。家族の朝食の支度。上の子と家人の昼の弁当作り。洗濯物干し。部屋の片付け。爬虫類の餌やり。
午前8時。子供たちを学校に送り出して、ようやく腰を下ろす。ここまでで結構クタクタになる。『ミセス・ダウト』に来てもらいたい。ロビン・ウィリアムズ、大好きだった。亡くなったときはとても悲しかった。

午前9時から10時の間に、仕事場のある実家に向かう。徒歩8分程度の距離。
実家に到着。居間で母と談笑しつつ両親の飼猫を弄り倒す。去年もらってきたばかりの雄の子猫だ。食い意地が張っていて可愛い。猫の脳味噌は20gしかないとどこかで聞いた事があるが、『こねこ』に登場する猫たちの演技力はすごかった。猫ってこんなにできる子なの! と驚いたものだ。特に主人公に一番懐いている猫の芸当と賢さは、群を抜いていた。あれは雌猫であろう。

午前11時。インスタントコーヒーを片手にようやく仕事部屋に向かう。机の真正面にはiPad miniというミニミニシアターを設置している。滑って倒れないように、iPadの角二つを練り消しで固定している。そのミニシアターの横には『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のDVDが飾ってある。この映画は、だいぶ前にアートディレクターで友人の大島依提亜さん(ちなみに「依提亜」がうまく漢字変換できず、毎回一度、依頼、提訴、亜細亜と打って頭文字だけとっている)に教えてもらっていたのだが、グズグズと観ておらず忘れていた。
そんなある日、Netflixの「あなたにおすすめの映画」で紹介されていて「あれ? これ依提亜さんが前にオススメしてたなあ」と、なんとなく観たらめちゃくちゃ面白かった代物だ。今年中にオマージュ画を描きたい。

机に向かうとすぐにNetflixを立ち上げて、本日の仕事のお供の映画を選ぶ。お供になる映画には条件がある。日本語吹き替え版のやつ、何回か観てるやつ、特に夢中にならなくても良さそうなやつ。絵を描く作業をしながら観るので、画面から目を離すことが多い為だ。映画に対してとても失礼だが、そんな片手間な楽しみ方もできる映画って偉大だと思う。

今日の仕事のお供はエディ・マーフィの『星の王子ニューヨークへ行く』だ。好きすぎて繰り返し観ている。会話と挿入曲だけでもどの場面か想像がつくので、好きなシーンの音がきたら画面に目を向ける。好きな登場人物は、アキーム王子の幼なじみで側近のセミと、リサの恋人で整髪料会社のドラ息子・ダリル。二人とも、それぞれにクセが強いんじゃ。今年、続編が配信されるということで、とてもとても楽しみにしている。

また仕事中とは別に、昔から私はお気にいりの映画を何回も観る。新しい映画を次々と知るのも楽しいのだが、よく知っている大好きな映画は精神安定剤になる。好きな定番映画を挙げるとなると、あれもこれもと浮かんできてキリがないが、一つ挙げるとすれば、去年シリーズ最終章を迎えた『イップ・マン』シリーズ。香港に実在した功夫(カンフー)家イップ・マンをモデルにした功夫映画だ。詠春拳えいしゅんけん (※1)は、一見地味な拳法だが、イップ・マン役のドニー・イェンの詠春拳が最高にかっこいいのだ。インスタもフォローしちゃってる。そういや、劇中でイップ・マンが練習に使っていた木人椿ジークンドー(※2)がコストコに売っていたが、売れたのかな。

※1:中国広東省で創始された武術の一種。

※2:人に見立てた、詠春拳の訓練道具。

石黒亜矢子の映画日記

BACK NUMBER
PROFILE
絵本作家
石黒亜矢子
Ayako Ishiguro
1973年生まれ。絵描き。
主に創造の生き物、妖怪,化け猫などを描く。
絵本、装丁画、挿絵などの仕事をしながら、個展開催や企画展参加などで活動中。
猫と爬虫類の世話、部屋で映画を観る事が幸せ。
個人販売店「月光蔵」: https://gekko.katalok.ooo/ja
Instagram: @ishiguroayako
RANKING
  1. 01
    竹財輝之助×猪塚健太×三木康一郎監督 インタビュー
    弱さや矛盾を抱えながら、大切な人と向かい合う難しさと尊さ
    『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』
  2. 02
    柳亭小痴楽 映画世渡り術 第六回
    つい気落ちしてしまう皆さんへ。
    『男はつらいよ』に学んだフーテン人生訓の話
  3. 03
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  4. ホラーよりも怖い!? 究極の恐怖が一人の父親を襲う『震える舌』 04
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第4回
    ホラーよりも怖い!?
    究極の恐怖が一人の父親を襲う『震える舌』
  5. ハロプロ、峯田、バンプ…。 夢中になった“いま”が 僕たちの中で、ずっときらめいている 05
    松坂桃李×仲野太賀 インタビュー
    ハロプロ、峯田、バンプ…。
    夢中になった“いま”が
    僕たちの中で、ずっときらめいている
  6. 映画が「好き」だから、「本気」で観る。古今東西の作品から受け取ったもの 06
    磯村勇斗 インタビュー
    映画が「好き」だから、「本気」で観る。古今東西の作品から受け取ったもの
  7. この世界は“カラフル”だ。緑のネイルと『ブックスマート』 07
    シアタールームの窓から 第4回
    この世界は“カラフル”だ。緑のネイルと『ブックスマート』
  8. 夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』 08
    どうしても語らせてほしい一本「大事な人と観たい、大事な人に届けたい映画」
    夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』
  9. わがままな彼氏へ映画館帰りにブチ切れ「例の儀式、決行させたろか!?」 『ミッドサマー』 09
    漫画「ときめき一杯 映画デート」4杯目
    わがままな彼氏へ映画館帰りにブチ切れ「例の儀式、決行させたろか!?」
    『ミッドサマー』
  10. 「えぐみ」のある、キミが好き。 “あたりまえ”を逆転させた、あなたと映画 10
    間宮祥太朗 インタビュー
    「えぐみ」のある、キミが好き。
    “あたりまえ”を逆転させた、あなたと映画
シェアする