PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画を観た日のアレコレ No.63

俳優・モデル・歌手・デザイナー
紗羅マリーの映画日記
2022年4月5日

SNSで最新情報をチェック!
映画を観た日のアレコレ
思うように外に出かけられない今、どんな風に1日を過ごしていますか? 映画を観ていますか?
何を食べ、何を思い、どんな映画を観たのか。 誰かの“映画を観た一日”を覗いてみたら、どんな風景が見えるでしょう? 日常の中に溶け込む、映画のある風景を映し出す連載「映画を観た日のアレコレ」。
63回目は、俳優・モデル・歌手・デザイナー 紗羅マリーさんの映画日記です。
日記の持ち主
俳優・モデル・歌手・デザイナー
紗羅マリー
Mary Sara
1986年12月12日生まれ、愛知県出身。
10代の頃からモデルとして活動開始。女優、歌手、自身のファッションブランドirojikakeのデザイナーも務めるなど、幅広い分野で活躍中。出演作として、ミュージカル舞台『RENT』(17)、映画『ニワトリ★スター』(18)、『花と雨』(20)など。

2022年4月5日

『ハウス・ジャック・ビルド』を観るか
『コーヒー&シガレッツ』を観るか
そんな全く違う2択に悩みながら
入れた砂糖は、いつもの完璧な塩梅とは程遠い
喉を溶かすほどの量で
丁寧に淹れたミルクティーが
一瞬にして台無しになってしまった。

最悪だ

最悪な気持ちのまま
最悪な気持ちになる映画を観るのは
やめよう。となったおかげで
サイコパス映画を選択から抜く事に成功。

そうと決まれば、私は足音立てずに子供部屋へ行き、息子の寝息を確認。
毎夜決まって この作業をする。
そして、思いっきり身体を伸ばし、
夜はここからだぜぇ!
な気持ちで笑みを浮かべ
お菓子コーナーから1つだけ引っ張り出して
映画を観ながら貪るのだ。

この感覚は、学生時代
こっそり家を抜け出してバレなかった時の
達成感に似ている。

さて、ふと 頭によぎった事がある。
私は、いつから狂気的な映画を観てないのだろうか。

記憶を手繰り寄せると、
最後に観たのは妊娠前。8年前だ…
『ムカデ人間2』だった。
えらい恐ろしいチョイスをしているな
きっと、心がざわついてたのだろう

でも、本当に子を身籠ってから
めっきり観なくなった。

あれは、
きっと狂気的なものを観たあとでの
情緒が揺らぎ 瞼が上がらないアンニュイな姿で
男の肩を借りるために観ていたのだろう。
まあ、そんな節もある 笑

何にしろ観なくなったのは
性を取り持つための糸口
を必要としなくなったこと。
あと、子供を育てる上で
感情を出来るだけ平坦に保っていた方が
過ごしやすいからだろう。

曲へのアイディアになるかもしれない
なんて事も片隅にはある。
だけど、私がいるバンドは
ハッピーヤローなミュージックなのだ。

狂気的なものに触発されたとて
ステージ上でそれを表現するわけではない。

そういえば一度、ライブ後の打ち上げをこっそり抜けた私は、友達が間借りをしているバーに行って飲んでいたことがある。
1時間たち2時間経ち、面白いもんで

私がいることを聞きつけて
バンドメンバーが
1人ずつ ポツリポツリとこの店にやってくる。
なんて仲のいい大人たちだろうか。

そこのBGMでFaraquetがかかった時
ラーナーズ は! 次のライブから
プログレをやることにしましょー!
なんて、酔った勢いで軽いジョークを飛ばしたら
それは他にバンドを作ってやりなさい!
と叱られた。

それほどまでに
私たちはハッピーヤローを貫いているのだ。

映画に触発されて
自分の中の狂気を増殖させるより
なんてことない幸せなものを見て、幸せを噛み締めた方が今の自分にとってはよい。
そう思って8年が過ぎた

まあだけど、
そうは言っても 誰しもが持ち合わせている
狂気 優しさ 脆さ etc…
そのパーセンテージの比率が違えど
必ず潜んでいる。
どこにベクトルを合わせているかの違いだろう。
とても優しかった人が、何かの拍子で
殺人鬼になってしまうこともあれば
誰がどう見ても悪の罪人が
道端の花を愛でる瞬間だってある。

表裏一体と言うべきか。

だから私はたまに
サイコパスな映画を観たくなる。
自分の中にある “そこ” の部分の感覚を
震わせて 潜んでいる感情を確認するために。

結局、ここまで全く今日観る映画に触れてこないまま来てしまった。

『コーヒー&シガレッツ』
私の中でこの映画の内容は
どーでもよいのだ。

だけど、
そのどーでもいいことの積み重ねが
どーってことない毎日に、
美しい色をつけてくれる。

さ、身支度をして
物語の旅に出よう。
甘ったるいミルクティーも、
嫌じゃない気がしてきた。

PINTSCOPEでは「映画を観た日のアレコレ」を連載中!
ぜひ、Twitter公式アカウントをフォローしてあなたの「心の一本」を見つけに来てください。

BACK NUMBER
INFORMATION
『ニワトリ☆フェニックス』
出演:井浦新、成田凌、紗羅マリー、LiLiCo、津田寛治、阿部亮平、奥田瑛二、ジョーブログ(YouTuber)、都若丸、佐藤太一郎、シャック、マグナム弾吉 ほか
脚本・監督:かなた狼
企画:GUM株式会社(Gentle Underground Monkeys Co,Ltd.)
製作プロダクション:GUM株式会社
2022年4月15日(金) 全国ロードショー
©2022映画「ニワトリ☆フェニックス」製作委員会
PROFILE
俳優・モデル・歌手・デザイナー
紗羅マリー
Mary Sara
1986年12月12日生まれ、愛知県出身。
10代の頃からモデルとして活動開始。女優、歌手、自身のファッションブランドirojikakeのデザイナーも務めるなど、幅広い分野で活躍中。出演作として、ミュージカル舞台『RENT』(17)、映画『ニワトリ★スター』(18)、『花と雨』(20)など。
RANKING
  1. 01
    映画を観た日のアレコレ No.64
    フリーアナウンサー
    大橋未歩の映画日記
    2022年4月3日
  2. 02
    映画を観た日のアレコレ No.65
    ダンサー・振付師
    Seishiroの映画日記
    2022年4月26日
  3. 03
    嵐莉菜×奥平大兼×川和田恵真監督 インタビュー
    「目の前にいる人」へ想いを巡らすことは、見知らぬ他人への想像力となる
  4. 映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる! 宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは? 04
    グラフィックデザイナー 大島依提亜 インタビュー
    映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる!
    宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは?
  5. 「悪かった」 「僕もごめんね」 05
    映画の言葉『カモン カモン』ジョニーとジェシーの言葉
    「悪かった」
    「僕もごめんね」
  6. 極上のお酒を求めて街歩き。まだ知らなかった魅惑の世界へ導いてくれた『夜は短し歩けよ乙女』 06
    どうしても語らせてほしい一本 「映画でお出かけ、旅気分!」
    極上のお酒を求めて街歩き。まだ知らなかった魅惑の世界へ導いてくれた『夜は短し歩けよ乙女』
  7. 臆病なライダーが、カレーの脇道をひた走る。/『イージー・ライダー』 07
    水野仁輔の旅と映画をめぐる話 vol.17
    臆病なライダーが、カレーの脇道をひた走る。/『イージー・ライダー』
  8. 「耳」を映画館の環境に! おうち映画をもっと楽しむ、おすすめヘッドホン・イヤホン9選 08
    映画鑑賞におすすめ! おすすめヘッドホン・イヤホン特集
    「耳」を映画館の環境に!
    おうち映画をもっと楽しむ、おすすめヘッドホン・イヤホン9選
  9. スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』 09
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第16回
    スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』
  10. 映画界・新エースのインスピレーション源は、名作日本映画にあり!? 10
    『ミッドサマー』アリ・アスター監督×画家 ヒグチユウコ×デザイナー 大島依提亜
    映画界・新エースのインスピレーション源は、名作日本映画にあり!?
シェアする