PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉『私が、生きる肌』ベラのセリフより

自分を見失わないために、私が私であることを確認する方法

SNSで最新情報をチェック!
©El Deseo
映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。
そんな、映画の中の言葉を紹介します。

私は呼吸する、呼吸している

By ベラ

『私が、生きる肌』より

数年前、右頬にあった大きなシミを除去しました。科学の力で見た目を変えることは、今は珍しいことではなくなりつつあります。では、仮に自分の外見が完全に失われたとき、「私が私である」ことをどうやって確認すればいいのでしょうか?

ペドロ・アルモドバル監督『私が、生きる肌』の主人公は天才的な形成外科医ロベル(アントニオ・バンデラス)。完璧な人工皮膚の開発のため、ベラ(エレナ・アナヤ)という人物を監禁して実験台にしています。手術を重ねる度にロベルの亡き妻そっくりになっていくベラは、広い部屋にたった1人で過ごしていて、部屋の外に出ることはできません。その壁は、ベラが記した無数の文字で覆われています。

「私は呼吸する、呼吸している」

これは、ベラが壁に書いた言葉の一部です。人工皮膚によって身体を覆うものがすべて入れ替わっても、「私は私である」ことを確認し続けたベラ。ベラがテレビで見たヨガのインストラクターは「あなたには、“隠れ場所”があります。あなたの心の奥に、誰にも踏み込まれず、誰にも破壊されない場所が」と言いました。ベラはその“隠れ場所”を見つけ、決して見失わないように努力していたのだと思います。私の呼吸は、私が私として生きていることの絶対的な証。ベラが壁に刻んだこの言葉にこそ、監禁されていても諦めずに生きる、というベラの覚悟が表れているように感じました。

外見の変化だけではなく、忙しい日々の中で少し無理をしているときなど、自分が自分でないように感じることはありませんか? そんなときは深く呼吸をして、「私は私である」ことを確認してみるといいかもしれません。自分自身を見失わないために。

BACK NUMBER
FEATURED FILM
私が、生きる肌 [DVD]
監督/脚本:ペドロ・アルモドバル『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール〈帰郷〉』『抱擁のかけら』
製作/脚本:アグスティン・アルモドバル
音楽:アルベルト・イグレシアス『ボルベール〈帰郷〉』(06)、『抱擁のかけら』『裏切りのサーカス』
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ『バッド・エデュケーション』(04)、『ボルベール〈帰郷〉』

キャスト:
アントニオ・バンデラス(『スパイキッズ』シリーズ、『マスク・オブ・ゾロ』)
エレナ・アナヤ(『ヴァン・ヘルシング』『美しすぎる母』『シャッターラビリンス』)
マリサ・パレデス(『オール・アバウト・マイ・マザー』『ライフ・イズ・ビューティフル』『デビルズ・バックボーン』)
ジャン・コルネット(『ヴァン・ヘルシング』)

2014年9月3日リリース
発売元・販売元:松竹株式会社
©El Deseo
天才的な形成外科医ロベルは、画期的な人工皮膚の開発に没頭していた。彼が夢見るのは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった“完璧な肌”を創造すること。あらゆる良心の呵責を失ったロベルは、監禁した“ある人物”を実験台にして開発中の人工皮膚を移植し、今は亡き妻そっくりの美女を創り上げていくのだった・・・。
PROFILE
映画・演劇ライター
八巻綾
Aya Yamaki
映画・演劇ライター。テレビ局にてミュージカル『フル・モンティ』や展覧会『ティム・バートン展』など、舞台・展覧会を中心としたイベントプロデューサーとして勤務した後、退職して関西に移住。八巻綾またはumisodachiの名前で映画・演劇レビューを中心にライター活動を開始。WEBサイト『めがね新聞』にてコラム【めがねと映画と舞台と】を連載中。
RANKING
  1. 01
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第4回
    ホラーよりも怖い!?
    究極の恐怖が一人の父親を襲う『震える舌』
  2. 02
    おすすめ恋愛映画(邦画)特集!
    特別な一本を選ぶなら…
    おすすめ恋愛映画12選【邦画】
  3. 03
    林遣都 インタビュー
    命と向き合う。その生き方が「命の大切さ」そのものとなる
  4. 世界的タップダンサー熊谷和徳の道は、1本の映画から始まった【前編】 04
    タップダンサー・熊谷和徳 インタビュー
    世界的タップダンサー熊谷和徳の道は、1本の映画から始まった【前編】
  5. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 05
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない!
    それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  6. 「伝えたい」ことを「伝える」ために。自分を嘘なく、晒け出す『サイダーのように言葉が湧き上がる』 06
    市川染五郎×イシグロキョウヘイ監督 インタビュー
    「伝えたい」ことを「伝える」ために。自分を嘘なく、晒け出す『サイダーのように言葉が湧き上がる』
  7. 夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』 07
    どうしても語らせてほしい一本「大事な人と観たい、大事な人に届けたい映画」
    夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』
  8. 人の本質がまる見え!? 怖い…けど面白い! 「トラウマ映画」のススメ 08
    実体験にもとづく! オススメ「トラウマ映画」特集
    人の本質がまる見え!?
    怖い…けど面白い!
    「トラウマ映画」のススメ
  9. 「思ってるだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ」 09
    映画の言葉『男はつらいよ お帰り 寅さん』のセリフより
    「思ってるだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ」
  10. 本能と理性の間に人生はある 『タンポポ』 10
    有賀薫の心においしい映画とスープ 17皿目
    本能と理性の間に人生はある
    『タンポポ』
シェアする