PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉『PとJK』小森ふみのセリフより

「実際は迷ってばっかりだけどさ
やるしかないよね」

SNSで最新情報をチェック!
©2017「PとJK」製作委員会
映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。
そんな、映画の中の言葉を紹介します。

実際は迷ってばっかりだけどさ
やるしかないよね

By 警察官・小森ふみ

『PとJK』より

ふと「今のままでいいのかな?」と思う時、自分自身を鼓舞するように言い聞かせる言葉ってありませんか?

『PとJK』に登場する警察官の功太(亀梨和也)と高校生のカコ(土屋太鳳)は、年齢や立場を超えて結婚生活をおくる夫婦です。出会いは、カコが年齢を偽って参加した合コン。カコが実は女子高生だと知った功太は、彼女に冷たい態度をとりますが、その帰り道に起きたある出来事をきっかけに、カコの真っすぐな気持ちに応えることを決意します。それは、「結婚」という形で。二人が様々な困難に立ち向かいながら絆を深めていく姿が、北海道・函館の市電が走る街並みや、海を臨む美しい風景の中で描かれます。

スタートを切った二人の新婚生活は、上手くいかないことばかり。警察官の功太は「守秘義務があるから」と、仕事のことは話さず、自分のことも多くは語ろうとしません。そんな功太に、カコは「警察官じゃない功太くんはどこにいるの?」と聞きますが、功太は何も言えないまま二人の関係はぎくしゃくしてしまいます。

そんなある日、功太は同じ交番に勤務する先輩警察官の小森ふみ(大政絢)に「警察官じゃない自分っていると思いますか?」と尋ねてみます。すると、小森は「いないな。24時間、365日かっこいい警察官でありたいと思っているから」と答えたあと、少し考えてからつぶやいたセリフが「実際は迷ってばっかりだけどさ やるしかないよね」でした。

今の自分に対して「こうありたい!」と強い信念を抱いていても、壁にぶつかったり、つまずいたりすることで、「これでいいのだろうか」と迷うこともあるでしょう。そんな時、最後にたどりつくのが「やるしかない」という気持ちなのかもしれません。意志が強い、弱い関係なく、人は自問自答を繰り返しながら人生を進めていきます。ふと歩みを止めた時「実際は迷ってばっかりだけどさ やるしかないよね」という言葉が、再び自分を信じるためのエールになるのではないでしょうか。

PINTSCOPEでは、TOPページで「映画の言葉」を定期的に更新中!

BACK NUMBER
FEATURED FILM
PとJK [DVD]
原作:三次マキ『PとJK』(講談社「別冊フレンド」連載)
監督:廣木隆一
脚本:吉川菜美
音楽:大橋好規 
劇中曲:ブルーノ・マーズ「マリー・ユー」(ワーナーミュージック・ジャパン)
キャスト:亀梨和也 土屋太鳳 高杉真宙 玉城ティナ 西畑大吾(関西ジャニーズJr.) 村上淳 ともさかりえ 大政絢 田口トモロヲ

2017年9月13日リリース
発売元:松竹  販売元:松竹
©2017「PとJK」製作委員会
女子高生で恋愛初心者のカコは、ある日、警察官の功太と出会う。カコは男らしい功太に惹かれ、ふたりの恋がスタートするかに思えたが、功太はカコが実は女子高生だと知り、戸惑う…。功太は職務上、女子高生とは軽々しく付き合うことはできない。そこで功太はいきなり「結婚しよう」とプロポーズ!!!突然のことにカコはビックリしたが、うれしくて功太との結婚を決める。そしてふたりの内緒の結婚生活が始まった。楽しくてラブラブな新婚生活を夢見るカコは、大人な功太にドキドキさせられっぱなし。しかし、そんなハッピーなふたりを巻き込んだ大事件が発生!果たしてふたりは、困難を乗り越え、本当の幸せをつかむことができるのか?
PROFILE
ライター
根津香菜子
Kanako Nezu
ライター。学生時代、入院中に読んだインタビュー記事に胸が震え、ライターを志す。雑誌編集部のアシスタントや、朝日新聞社編集プロダクションでの編集・執筆を経て、2018年フリーライターに。最近は、映画やドラマのキャストインタビューを中心に活動しているほか、朝日新聞社ブックサイト『好書好日』にて、「美味しい」シーンや、食べ物が物語のカギになっている本を作者インタビューと共に紹介する「食いしんぼん」を連載中。
RANKING
  1. 01
    映画を観た日のアレコレ No.64
    フリーアナウンサー
    大橋未歩の映画日記
    2022年4月3日
  2. 02
    映画を観た日のアレコレ No.65
    ダンサー・振付師
    Seishiroの映画日記
    2022年4月26日
  3. 03
    グラフィックデザイナー 大島依提亜 インタビュー
    映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる!
    宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは?
  4. 愛情の残酷さと、バカバカしさと。 04
    瀬戸康史×城定秀夫監督 インタビュー
    愛情の残酷さと、バカバカしさと。
  5. 臆病なライダーが、カレーの脇道をひた走る。/『イージー・ライダー』 05
    水野仁輔の旅と映画をめぐる話 vol.17
    臆病なライダーが、カレーの脇道をひた走る。/『イージー・ライダー』
  6. 世界は暗いままではない。 映画をとおして「生きる力」を描く 06
    伊東蒼×片山慎三監督 インタビュー
    世界は暗いままではない。
    映画をとおして「生きる力」を描く
  7. スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』 07
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第16回
    スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』
  8. 「耳」を映画館の環境に! おうち映画をもっと楽しむ、おすすめヘッドホン・イヤホン9選 08
    映画鑑賞におすすめ! おすすめヘッドホン・イヤホン特集
    「耳」を映画館の環境に!
    おうち映画をもっと楽しむ、おすすめヘッドホン・イヤホン9選
  9. 「目の前にいる人」へ想いを巡らすことは、見知らぬ他人への想像力となる 09
    嵐莉菜×奥平大兼×川和田恵真監督 インタビュー
    「目の前にいる人」へ想いを巡らすことは、見知らぬ他人への想像力となる
  10. 「悪かった」 「僕もごめんね」 10
    映画の言葉『カモン カモン』ジョニーとジェシーの言葉
    「悪かった」
    「僕もごめんね」
シェアする