PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉

「実際は迷ってばっかりだけどさ
やるしかないよね」

SNSで最新情報をチェック!
©2017「PとJK」製作委員会
映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。
そんな、映画の中の言葉を紹介します。

実際は迷ってばっかりだけどさ
やるしかないよね

By 警察官・小森ふみ

『PとJK』より

ふと「今のままでいいのかな?」と思う時、自分自身を鼓舞するように言い聞かせる言葉ってありませんか?

『PとJK』に登場する警察官の功太(亀梨和也)と高校生のカコ(土屋太鳳)は、年齢や立場を超えて結婚生活をおくる夫婦です。出会いは、カコが年齢を偽って参加した合コン。カコが実は女子高生だと知った功太は、彼女に冷たい態度をとりますが、その帰り道に起きたある出来事をきっかけに、カコの真っすぐな気持ちに応えることを決意します。それは、「結婚」という形で。二人が様々な困難に立ち向かいながら絆を深めていく姿が、北海道・函館の市電が走る街並みや、海を臨む美しい風景の中で描かれます。

スタートを切った二人の新婚生活は、上手くいかないことばかり。警察官の功太は「守秘義務があるから」と、仕事のことは話さず、自分のことも多くは語ろうとしません。そんな功太に、カコは「警察官じゃない功太くんはどこにいるの?」と聞きますが、功太は何も言えないまま二人の関係はぎくしゃくしてしまいます。

そんなある日、功太は同じ交番に勤務する先輩警察官の小森ふみ(大政絢)に「警察官じゃない自分っていると思いますか?」と尋ねてみます。すると、小森は「いないな。24時間、365日かっこいい警察官でありたいと思っているから」と答えたあと、少し考えてからつぶやいたセリフが「実際は迷ってばっかりだけどさ やるしかないよね」でした。

今の自分に対して「こうありたい!」と強い信念を抱いていても、壁にぶつかったり、つまずいたりすることで、「これでいいのだろうか」と迷うこともあるでしょう。そんな時、最後にたどりつくのが「やるしかない」という気持ちなのかもしれません。意志が強い、弱い関係なく、人は自問自答を繰り返しながら人生を進めていきます。ふと歩みを止めた時「実際は迷ってばっかりだけどさ やるしかないよね」という言葉が、再び自分を信じるためのエールになるのではないでしょうか。

PINTSCOPEでは、TOPページで「映画の言葉」を定期的に更新中!

BACK NUMBER
RANKING
  1. 01
    三浦春馬 インタビュー
    「普通の人」ってどんな人?
    三浦春馬がヒントを求めた先は、動物園!
  2. 02
    吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE) インタビュー
    ステイホーム中に、吉野北人が見つめ直した「なりたい自分」と「自分を磨く映画」
  3. 03
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  4. 後戻りのできない空の色 『彼女がその名を知らない鳥たち』 04
    映画の余韻を爪にまとう 第1回
    後戻りのできない空の色
    『彼女がその名を知らない鳥たち』
  5. 今ここで何を感じ、考えたか。 言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。 05
    森山未來 インタビュー
    今ここで何を感じ、考えたか。
    言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。
  6. 恐怖に魅せられて…。聞いたら最後、誰かに伝えずにはいられない「こわ〜い話」の魅力って!? 06
    乙一(監督:安達寛高)×『怪と幽』編集長 似田貝大介
    恐怖に魅せられて…。聞いたら最後、誰かに伝えずにはいられない「こわ〜い話」の魅力って!?
  7. “好き”が深いからこそ見える世界がある!鉄道ファンの漫画家が楽しむ映画とは? 07
    DVD棚、見せてください。第27回
    “好き”が深いからこそ見える世界がある!鉄道ファンの漫画家が楽しむ映画とは?
  8. 多部未華子が“恋する”人と映画 08
    多部未華子 インタビュー
    多部未華子が“恋する”人と映画
  9. 映画を通じて、未知の自分を探求する。市川実日子はそこで“本来の自分”の姿に出会った 09
    市川実日子 インタビュー
    映画を通じて、未知の自分を探求する。市川実日子はそこで“本来の自分”の姿に出会った
  10. 映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる! 宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは? 10
    グラフィックデザイナー 大島依提亜 インタビュー
    映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる!
    宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは?
FEATURED FILM
PとJK
原作:三次マキ『PとJK』(講談社「別冊フレンド」連載)
監督:廣木隆一
脚本:吉川菜美
音楽:大橋好規 
劇中曲:ブルーノ・マーズ「マリー・ユー」(ワーナーミュージック・ジャパン)
キャスト:亀梨和也 土屋太鳳 高杉真宙 玉城ティナ 西畑大吾(関西ジャニーズJr.) 村上淳 ともさかりえ 大政絢 田口トモロヲ

2017年9月13日リリース
発売元:松竹  販売元:松竹
©2017「PとJK」製作委員会
女子高生で恋愛初心者のカコは、ある日、警察官の功太と出会う。カコは男らしい功太に惹かれ、ふたりの恋がスタートするかに思えたが、功太はカコが実は女子高生だと知り、戸惑う…。功太は職務上、女子高生とは軽々しく付き合うことはできない。そこで功太はいきなり「結婚しよう」とプロポーズ!!!突然のことにカコはビックリしたが、うれしくて功太との結婚を決める。そしてふたりの内緒の結婚生活が始まった。楽しくてラブラブな新婚生活を夢見るカコは、大人な功太にドキドキさせられっぱなし。しかし、そんなハッピーなふたりを巻き込んだ大事件が発生!果たしてふたりは、困難を乗り越え、本当の幸せをつかむことができるのか?
PROFILE
ライター
根津香菜子
Kanako Nezu
ライター。学生時代、入院中に読んだインタビュー記事に胸が震え、ライターを志す。雑誌編集部のアシスタントや、朝日新聞社編集プロダクションでの編集・執筆を経て、2018年フリーライターに。最近は、映画やドラマのキャストインタビューを中心に活動しているほか、朝日新聞社ブックサイト『好書好日』にて、「美味しい」シーンや、食べ物が物語のカギになっている本を作者インタビューと共に紹介する「食いしんぼん」を連載中。
シェアする