PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉

「すてきな荷物が運べた。金なんか要らない」

SNSで最新情報をチェック!
映画『希望のかなた』
© SPUTNIK OY,2017
映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。
そんな、映画の中の言葉を紹介します。

すてきな荷物が運べた。
金なんか要らない

By トラックドライバー

『希望のかなた』より

落し物を拾ってもらったり、怪我をしている際に電車の席を譲ってもらったり、困っている時、見知らぬ人に助けてもらったという経験はありませんか? 助けた人にとっては、小さな善意でも、助けられた人にとっては大きな救いとなることがあります。

アキ・カウリスマキ監督がユーモアたっぷりに描く『希望のかなた』の主人公・カーリドは、内戦が激化する故郷シリアから逃れてきた難民です。逃げる途中で妹とはぐれてしまい、探している中でフィンランドの首都ヘルシンキに流れ着きます。難民申請を却下され、送還されそうになったカーリドは脱走。たまたま行き着いたレストランで雇ってもらえることになり、その上、偽造パスポートまで用意してもらいます。順調に生活していくカーリドでしたが、ずっと妹の居場所を探し続けていました。

ようやく妹の居場所が判明し、「国を出る!」と焦るカーリドを職場のオーナーは制止。知人に頼んで彼女を連れてきてもらうよう手配します。トラックの荷台の隙間に妹を入れてきた運転手が、彼女をカーリドに引き渡した際に言ったのがこのセリフ「すてきな荷物が運べた。金なんか要らない」です。

カーリドは「いい人々のいい国」だと聞いていたフィンランドで、難民申請を却下され、ネオナチから暴力にさらされ、厳しい現実に直面します。しかし、その一方で、その度ごとに、周りの人から救いの手がさしのべられるのです。ある人は脱走に手を貸し、ある人はネオナチの襲撃から救い、ある人は彼のボロボロの姿を見て生きる場所を与えました。彼らは、淡々と、「当たり前」のこととしてカーリドを助けます。なぜなら、「困っている人がそこにいた」から。

見返りなどなくとも、誰かを助けることそのものに喜びを見出す尊さを、この言葉は改めて教えてくれるでしょう。それが、当たり前の人間性なんだと。

PINTSCOPEでは、TOPページで「映画の言葉」を定期的に更新中!

BACK NUMBER
RANKING
  1. 01
    三浦春馬 インタビュー
    「普通の人」ってどんな人?
    三浦春馬がヒントを求めた先は、動物園!
  2. 02
    吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE) インタビュー
    ステイホーム中に、吉野北人が見つめ直した「なりたい自分」と「自分を磨く映画」
  3. 03
    映画を観た日のアレコレ No.16
    2020年8月24日
    フィロソフィーのダンス
    十束おとはの映画日記
  4. 恋愛は一般論では語れない!? 「恋愛映画」の魅力を探る! 04
    成田凌×行定勲監督 インタビュー
    恋愛は一般論では語れない!?
    「恋愛映画」の魅力を探る!
  5. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 05
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  6. 2020年8月26日 根本宗子の映画日記 06
    映画を観た日のアレコレ No.17
    2020年8月26日
    根本宗子の映画日記
  7. 今ここで何を感じ、考えたか。 言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。 07
    森山未來 インタビュー
    今ここで何を感じ、考えたか。
    言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。
  8. わたしのすべては映画でできている。6歳で“映画音楽作曲家”を志した彼女の美学 08
    映画音楽作曲家 世武裕子 インタビュー
    わたしのすべては映画でできている。6歳で“映画音楽作曲家”を志した彼女の美学
  9. 一点をみつめること 『初恋のきた道』 09
    有賀薫の心においしい映画とスープ 10皿目
    一点をみつめること
    『初恋のきた道』
  10. 多部未華子が“恋する”人と映画 10
    多部未華子 インタビュー
    多部未華子が“恋する”人と映画
FEATURED FILM
『希望のかなた』
監督・脚本:アキ・カウリスマキ(『過去のない男』『街のあかり』『ル・アーヴルの靴みがき』)
撮影:ティモ・サルミネン 
キャスト(吹替):
シェルワン・ハジ(小松史法)、サカリ・クオスマネン(糸 博)、カティ・オウティネン(喜代原まり)ほか

2018年7月4日リリース
発売・販売元:松竹 提供:ユーロスペース/松竹
© SPUTNIK OY,2017
内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手をさしのべ、自身のレストランへカーリドを雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた、行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探すふたりはやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。
PROFILE
映画・演劇ライター
八巻綾
Aya Yamaki
映画・演劇ライター。テレビ局にてミュージカル『フル・モンティ』や展覧会『ティム・バートン展』など、舞台・展覧会を中心としたイベントプロデューサーとして勤務した後、退職して関西に移住。八巻綾またはumisodachiの名前で映画・演劇レビューを中心にライター活動を開始。WEBサイト『めがね新聞』にてコラム【めがねと映画と舞台と】を連載中。
シェアする