PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉『小さいおうち』恭一のセリフより

「そんなに苦しまなくていいんだよ」

SNSで最新情報をチェック!
Ⓒ2014「小さいおうち」製作委員会
映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。
そんな、映画の中の言葉を紹介します。

そんなに苦しまなくていいんだよ

By 恭一

 『小さいおうち』より

「Truth or Dare?(真実か挑戦か)」というパーティーゲームをご存知ですか? “Truth”を選んで質問に正直に答えるか、“Dare”を選んで命令に挑戦するかを選択するのがルールです。例えば「誰にも言ったことがないあなたの秘密は?」 と質問されることがあるかもしれないこのゲームで、あなたは、躊躇なく“Truth”を選ぶことができますか?

『小さいおうち』の舞台は昭和初期。タキ(黒木華)は、赤い屋根の小さなおうちで女中として働き始めます。華やかで美しい雇い主の妻・時子(松たか子)を慕い穏やかな日々を過ごすタキ。やがて時子は主人の部下である青年・板倉(吉岡秀隆)と親密になっていきます。しかし、戦争は容赦なく時子と板倉を引き裂こうとしていました。ふたりの不倫を知るタキは大きな葛藤を抱えつつ、ある行動を取るのですが……。

数十年後。老人となったタキ(倍賞千恵子)は親戚の青年・健史(妻夫木聡)に言われて、自身の半生を文章にしていきます。しかし、ある場面を最後に執筆は止まり、そのうちタキは亡くなってしまいました。健史は時子の息子・恭一(米倉斉加年)を探し当て、一緒にタキの遺品の中にあった手紙の封を開けます。そして、タキが犯した小さな罪を知るのでした。

母親の不倫とタキの罪を知った恭一は、タキにこう伝えたいと語ります。

「そんなに苦しまなくていいんだよ」

誰にも打ち明けられなかったタキの密かな恋心と小さな罪。

「君の小さな小さな罪は、もうとっくに許されているんだからね」

この許しの言葉の力はとても大きく、健史はタキを想って泣き崩れます。何十年もタキを縛り付けていた後悔が、この短い言葉によって空に溶けていくような気がしました。

「Truth or Dare?」の選択を迫られたとき、「Truth」と答えることを躊躇するような秘密や後悔は、きっと誰にでもあるはず。誰にも伝えられないと心の中にしまいこんでいたあなたの想いを、勇気を出して誰かに打ち明けてみたら、苦しみが溶けていくかもしれませんよ。

PINTSCOPEでは、TOPページで「映画の言葉」を定期的に更新中!

BACK NUMBER
FEATURED FILM
小さいおうち(DVD)
監督:山田洋次
原作:中島京子(文春文庫刊)
脚本:山田洋次 平松恵美子
音楽:久石譲

キャスト:
松たか子 黒木華 片岡孝太郎 吉岡秀隆
妻夫木聡 倍賞千恵子

2018年5月2日リリース
発売・販売元:松竹

Ⓒ2014「小さいおうち」製作委員会
昭和11年。田舎から出てきた純真な娘・タキは、東京郊外に建つ少しモダンな、赤い三角屋根の小さなお家で奉公することになった。そこには、若く美しい奥様・時子と、旦那様・雅樹、そして、可愛いお坊ちゃまが、穏やかに暮らしていた。しかしある日、一人の青年・板倉が現れ、奥様の心があやしく傾いていく。タキは、複雑な思いを胸に、その行方を見つめ続ける…。
それから60数年後の現代。晩年のタキが大学ノートに綴った自叙伝には、“小さいおうち”で過ごした日々の記憶が記されていた。残されたノートを読んだ親類の健史は、秘められ続けてきた思いもよらない真実にたどり着く。
PROFILE
映画・演劇ライター
八巻綾
Aya Yamaki
映画・演劇ライター。テレビ局にてミュージカル『フル・モンティ』や展覧会『ティム・バートン展』など、舞台・展覧会を中心としたイベントプロデューサーとして勤務した後、退職して関西に移住。八巻綾またはumisodachiの名前で映画・演劇レビューを中心にライター活動を開始。WEBサイト『めがね新聞』にてコラム【めがねと映画と舞台と】を連載中。
RANKING
  1. 01
    大下ヒロトのいつかの君とつながりたい。第17回
    子供に帰る。
  2. 02
    映画を観た日のアレコレ No.31
    2021年1月8日
    押切蓮介の映画日記
  3. 03
    映画を観た日のアレコレ No.32
    2021年1月13日
    菓子研究家
    福田里香の映画日記
  4. 「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」 その“呪い”から、映画と旅が解放してくれた 04
    地球の広報・旅人・エッセイスト たかのてるこインタビュー
    「会社を辞めて、生きていけるワケがない!」 その“呪い”から、映画と旅が解放してくれた
  5. 主演として、勇気をもって自分から声を発しなければいけないときもある。 05
    井上真央 インタビュー
    主演として、勇気をもって自分から声を発しなければいけないときもある。
  6. ホラーよりも怖い究極の恐怖とは? 大切な人を失いたくない…我が子を見つめる父親の表情『震える舌』 06
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第4回
    ホラーよりも怖い究極の恐怖とは?
    大切な人を失いたくない…我が子を見つめる父親の表情『震える舌』
  7. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 07
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  8. 不透明な未来に向けて選択するために、葛藤を繰り返しつづける。『日本のいちばん長い日』 08
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち!第13回
    不透明な未来に向けて選択するために、葛藤を繰り返しつづける。『日本のいちばん長い日』
  9. くだらなくて、かけがえのない味 09
    cinecaのアイスクリーム・ノート ザ・ムービー vol.7
    くだらなくて、かけがえのない味
  10. 「愛とはなんだ?」<br>めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない?『愛がなんだ』 10
    岸井ゆきの×成田凌×深川麻衣×若葉竜也
    「愛とはなんだ?」
    めんどくさい、正解がない、よくわからない…でも手探りし続けられるからこそ、いいんじゃない?『愛がなんだ』
シェアする