PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉

「人がどう思うかは関係ない。誰を愛するかは私が決める。私の人生よ」

SNSで最新情報をチェック!
映画の言葉
©2016 – VVZ PRODUCTION – GAUMONT – M6 FILM

映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。

そんな、映画の中の言葉を紹介します。

人がどう思うかは関係ない。誰を愛するかは私が決める。私の人生よ

By ディアーヌ

「おとなの恋の測り方」より

「普通の人生を送ることができればそれでいい」と思っている人は多いはず。でも、“普通”って何ですか?

離婚三年目の敏腕弁護士ディアーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)の前に現れたのは、知性・ユーモア・財力・思いやりを備えた身長136㎝の男性でした。彼以上の人などいないとわかっているし、どうしようもなく惹かれていながらも、ディアーヌは彼との交際を公にすることに躊躇します。

2人の間に立ちはだかる障害は、彼の低身長ではなく、ディアーヌが心の中に勝手に作った“普通”のイメージ。自分たちは“普通の”カップルじゃないと思い込んでいるから、彼女は他人の視線が気になってしまうのです。でも実際、ディアーヌ以外の誰が気にしているというのでしょう? 仮に誰かが気にしていたとして、それが何だというのでしょう? どこにも実態がないそんな空虚な概念に囚われて、本当に大切な人を失ってしまうなんて、バカみたいだと思いませんか?そのことにやっと気づいたディアーヌが口にしたのが、この言葉です。

私が生きているのは、他の誰のものでもない私だけの人生。心の中にある偏見や思い込みに邪魔されている場合ではありません。そんなものはさっさと追い出して、大事なものを掴まなければ! ありもしない“普通”に惑わされそうになったら、私もこう呟こうと思います。「私が決める。私の人生よ」

PINTSCOPEでは、TOPページで「映画の言葉」を定期的に更新中!

BACK NUMBER
RANKING
  1. 01
    蒼井優×高橋一生 インタビュー
    「ゆだねられている」という幸せ。緊張と付き合うためのバランス力とは?
  2. 02
    山田真歩のやっほー!シネマ 第16回
    猫と留守番しながら思ったこと
  3. 03
    山田真歩のやっほー!シネマ 第15回
    いつでも口ずさむ歌があれば
  4. 2020年9月13日 石井玄の映画日記 04
    映画を観た日のアレコレ No.20
    2020年9月13日
    石井玄の映画日記
  5. 2020年9月22日 小谷実由の映画日記 05
    映画を観た日のアレコレ No.22
    2020年9月22日
    小谷実由の映画日記
  6. “おうちシネマセット”6選 「映画×ポップコーン×飲み物」 ベストマッチを探せ!! 06
    【特集】おうち映画がもっと特別になる「ポップコーン」の世界 前編
    “おうちシネマセット”6選
    「映画×ポップコーン×飲み物」
    ベストマッチを探せ!!
  7. 僕たちはいつだって世界を旅することができる。 タンタンと僕と『タンタンと私』 07
    シアタールームの窓から 第2回
    僕たちはいつだって世界を旅することができる。
    タンタンと僕と『タンタンと私』
  8. 一人で悩まなくてもいい。 一緒に考えてくれる人が周りにきっといるはず 08
    シム・ウンギョン×松坂桃李 インタビュー
    一人で悩まなくてもいい。
    一緒に考えてくれる人が周りにきっといるはず
  9. 女も男も、不必要にニコニコしなくていい。だってそれは芯の強さの表れなのだから 09
    黒沢清監督 インタビュー
    女も男も、不必要にニコニコしなくていい。だってそれは芯の強さの表れなのだから
  10. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 10
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
FEATURED FILM
おとなの恋の測り方(DVD)
監督:ローラン・ティラール
脚本:ローラン・ティラール、グレゴワール・ヴィニュロン
出演者:ジャン・デュジャルダン、ヴィルジニー・エフィラ
©2016 - VVZ PRODUCTION – GAUMONT - M6 FILM
敏腕弁護士ディアーヌは仕事のパートナーで、3年前に離婚した元夫とオフィスで会うたび喧嘩ばかり。ある日、アレクサンドルという男性から彼女の携帯を拾ったとの電話をうける。知的でユーモラスな話に魅かれたディアーヌは、彼と会うことに。ドレスアップし、期待に胸を膨らませた彼女の前に現れたのは、自分よりもずっと身長の低い男性だった。落胆する彼女だったが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルにいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼とデートを重ね、惹かれていくディアーヌ。ただ、どうしても身長差が気になってしまう。果たしてこの恋の行方は…?
シェアする