PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉『一度死んでみた』松岡卓のセリフより

「言霊ってあるんだよ、言葉の力って凄いんだから」

SNSで最新情報をチェック!
©2020 松竹 フジテレビジョン
映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。
そんな、映画の中の言葉を紹介します。

言霊ってあるんだよ、
言葉の力って凄いんだから

By 松岡卓

『一度死んでみた』より

SNSで無意識に呟く言葉、口癖になっている言葉。
日ごろ何気なく発する言葉を通して、自分がどんな風に周りから見られているのか、考えてみたことはありますか?

『一度死んでみた』の主人公・野畑七瀬(広瀬すず)は、製薬会社社長の父親(堤真一)と2人暮らし。日々口うるさく干渉してくる父親が大嫌いな七瀬は、口癖のように「死んでくれ!」「クソ親父!」と毒づいていたところ、父親はなんと偶然開発された「一度死んで2日後に生き返る薬」を、会社の裏切り者の手によりあっさり飲まされ、一時的に死んでしまったのです。
そんなこととは知らず、父親のまさかの死に驚きを隠せない七瀬は、父親の部下である松岡卓(吉沢亮)に、父親が死んだ理由を尋ねます。すると松岡は「君があんなに死ねって言ったからだよ」と呟き、こうつづけるのです。

「言霊ってあるんだよ、言葉の力って凄いんだから」

松岡は、社長が薬を飲まされる一部始終を目撃しており一時的に死んでいることを知っているのですが、あまりに酷い言葉が口癖になっていた七瀬に敢えてこの言葉をかけます。
それを聞いた七瀬は父親への暴言の数々を思い返し、自分の無意識の言葉遣いや口癖が、自分の周りからのイメージを形作っていたことを初めて自覚し、発した言葉の責任の重さを痛感するのです。

言葉は、口にすることで、周りや自分に良い影響も悪い影響も与えます。それが無意識の発言だったとしても、発した限りそこには責任がともなうのです。しかし、自分の口癖や何気なく口にする言葉まで、なかなかしっかり注意を向けるのは難しいもの。それらの言葉が自分では気付かないうちに、誰かを、そして自分を傷つけてしまっていることがあるかもしれません。そんな自分のひとつひとつの発言に丁寧に向き合うことの大切さを、この松岡の言葉で改めて気付かされた気がしました。

PINTSCOPEでは、TOPページで「映画の言葉」を定期的に更新中!

BACK NUMBER
FEATURED FILM
一度死んでみた [DVD]
監督:浜崎慎治 脚本:澤本嘉光 音楽:ヒャダイン
製作:松竹 フジテレビ 製作協力:電通 LINE 制作プロダクション:ギークサイト
制作協力:松竹撮影所 配給:松竹

出演:広瀬すず 吉沢 亮 堤 真一
リリー・フランキー 小澤征悦 嶋田久作 木村多江 松田翔太
加藤 諒 でんでん / 柄本時生 前野朋哉 清水 伸 西野七瀬
城田 優 原 日出子 真壁刀義 本間朋晃 / 野口聡一(JAXA宇宙飛行士)
佐藤 健 / 池田エライザ 志尊 淳 / 古田新太 大友康平 竹中直人 妻夫木 聡

2020年10月7日リリース
発売元:フジテレビジョン 販売元:松竹
©2020 松竹 フジテレビジョン
父親のことが大嫌いで、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)は、売れないデスメタルバンドのボーカルをしている。ライブで「一度死んでくれ!」と父・計(堤 真一)への不満をシャウトするのが日常だった。そんなある日、計が本当に死んでしまったとの知らせが。実は計が経営する製薬会社で発明された「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。ところが、計を亡き者にしようとするライバル会社の陰謀で、計は本当に火葬されてしまいそうに…!大嫌いだったはずの父の、絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、存在感が無さすぎてゴーストと呼ばれている計の秘書・松岡(吉沢 亮)とともに、父を救うため立ち上がることに!火葬までのタイムリミットは2日間。はたして七瀬は無事、父を生き返らせることができるのか!?
RANKING
  1. 01
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第4回
    ホラーよりも怖い!?
    究極の恐怖が一人の父親を襲う『震える舌』
  2. 02
    おすすめ恋愛映画(邦画)特集!
    特別な一本を選ぶなら…
    おすすめ恋愛映画12選【邦画】
  3. 03
    林遣都 インタビュー
    命と向き合う。その生き方が「命の大切さ」そのものとなる
  4. 世界的タップダンサー熊谷和徳の道は、1本の映画から始まった【前編】 04
    タップダンサー・熊谷和徳 インタビュー
    世界的タップダンサー熊谷和徳の道は、1本の映画から始まった【前編】
  5. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 05
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない!
    それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  6. 「伝えたい」ことを「伝える」ために。自分を嘘なく、晒け出す『サイダーのように言葉が湧き上がる』 06
    市川染五郎×イシグロキョウヘイ監督 インタビュー
    「伝えたい」ことを「伝える」ために。自分を嘘なく、晒け出す『サイダーのように言葉が湧き上がる』
  7. 夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』 07
    どうしても語らせてほしい一本「大事な人と観たい、大事な人に届けたい映画」
    夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』
  8. 人の本質がまる見え!? 怖い…けど面白い! 「トラウマ映画」のススメ 08
    実体験にもとづく! オススメ「トラウマ映画」特集
    人の本質がまる見え!?
    怖い…けど面白い!
    「トラウマ映画」のススメ
  9. 「思ってるだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ」 09
    映画の言葉『男はつらいよ お帰り 寅さん』のセリフより
    「思ってるだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ」
  10. 本能と理性の間に人生はある 『タンポポ』 10
    有賀薫の心においしい映画とスープ 17皿目
    本能と理性の間に人生はある
    『タンポポ』
シェアする