PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉

「僕は、僕の世界を諦めない」

SNSで最新情報をチェック!
©あした世界が終わるとしても
映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。
そんな、映画の中の言葉を紹介します。

僕は、僕の世界を諦めない

By 狭間真

『あした世界が終わるとしても』より

困難な問題や大きな壁にぶつかったとき、それを乗り越えようとあがくのか、少し立ち止まり機をうかがうのか、あるいは「もういいや」と諦めてしまうのか──あなたの選択によって、あなたが生きる世界は変容していきます。

『あした世界が終わるとしても』は、相対するふたつの世界を舞台に描かれるアクション・ラブストーリー。もうひとつの世界「日本公国」の人物が死ぬと、この世界で相対する人物も死んでしまう“命のリンク”を巡って、主人公・狭間しん(梶裕貴)とその幼馴染みである泉琴莉(内田真礼)、それぞれが相対するジン(中島ヨシキ)、コトコ(千本木彩花)の運命が交錯します。

日本公国が目論むのは、こちらの世界を領土化すること。公国の裏の支配者である公卿たちに担ぎ上げられた公女・リコ(水瀬いのり)は圧倒的な強さでしんたちを追い詰めます。リコを無力化し、リコと“フィックス(=五感共有)”している公卿たちを消滅させるための銃も、残る弾丸は一発のみ。絶体絶命の状況のなか、自分の大切な世界を守るため、自分の大切な存在を取り返すために真は叫びます。

「僕は、僕の世界を諦めない」

「私には無理だ」と諦めそうになったときには、この言葉を思い出してみてはいかがでしょうか。「僕は諦めない」ではなく「僕は、“僕の世界を”諦めない」。この違いはとても大きいと思うのです。あなたが諦めたら、あなたの世界はなにも変わらないし、あなたが諦めなかったら、あなたの世界はきっと変わるでしょう。

そう、あなたの世界の主人公は“あなた”でしかないのです。

PINTSCOPEでは、TOPページで「映画の言葉」を定期的に更新中!

BACK NUMBER
RANKING
  1. 01
    三浦春馬 インタビュー
    「普通の人」ってどんな人?
    三浦春馬がヒントを求めた先は、動物園!
  2. 02
    吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE) インタビュー
    ステイホーム中に、吉野北人が見つめ直した「なりたい自分」と「自分を磨く映画」
  3. 03
    映画を観た日のアレコレ No.16
    2020年8月24日
    フィロソフィーのダンス
    十束おとはの映画日記
  4. 恋愛は一般論では語れない!? 「恋愛映画」の魅力を探る! 04
    成田凌×行定勲監督 インタビュー
    恋愛は一般論では語れない!?
    「恋愛映画」の魅力を探る!
  5. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 05
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  6. 2020年8月26日 根本宗子の映画日記 06
    映画を観た日のアレコレ No.17
    2020年8月26日
    根本宗子の映画日記
  7. 今ここで何を感じ、考えたか。 言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。 07
    森山未來 インタビュー
    今ここで何を感じ、考えたか。
    言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。
  8. わたしのすべては映画でできている。6歳で“映画音楽作曲家”を志した彼女の美学 08
    映画音楽作曲家 世武裕子 インタビュー
    わたしのすべては映画でできている。6歳で“映画音楽作曲家”を志した彼女の美学
  9. 一点をみつめること 『初恋のきた道』 09
    有賀薫の心においしい映画とスープ 10皿目
    一点をみつめること
    『初恋のきた道』
  10. 多部未華子が“恋する”人と映画 10
    多部未華子 インタビュー
    多部未華子が“恋する”人と映画
FEATURED FILM
あした世界が終わるとしても
狭間真:梶裕貴、ジン:中島ヨシキ、泉琴莉:内田真礼、コトコ:千本木彩花、ミコ:悠木碧、リコ:水瀬いのり

原作:クラフター、監督・脚本:櫻木優平
主題歌・挿入歌:あいみょん(主題歌:「あした世界が終わるとしても」 挿入歌:「ら、のはなし」) 
制作:クラフタースタジオ
製作:『あした世界が終わるとしても』製作委員会

2019年7月24日リリース
発売元:松竹 販売元:松竹
©あした世界が終わるとしても
幼いころに母を亡くして以来、心を閉ざしがちな真。
彼をずっと見守ってきた、幼なじみの琴莉。
高校三年の今、ようやく一歩を踏み出そうとしたふたりの前に突然、
もうひとつの日本から、もうひとりの「僕」が現れる――。
PROFILE
フリーライター
とみたまい
Tomita Mai
フリーライター。現在はおもに声優、アニメ、特撮などのジャンルにおいて、インタビュー取材を中心に活動。一方で、母との軋轢、乳がん罹患、子どもを持たない生き方など、自らの体験を通して思うことを細々と発信している。Illustration by JUN OSON
シェアする