PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉

「明日のことは分からない。だから毎晩が舞台の初日であり、千秋楽でもある。」

SNSで最新情報をチェック!
©Vienna Waits Productions LLC.
映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。
そんな、映画の中の言葉を紹介します。

明日のことは分からない。だから毎晩が舞台の初日であり、千秋楽でもある。

By ジャック・ダンボワーズ

『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』より

45年以上も愛され続けている傑作ミュージカル『コーラスライン』。オーディション参加者たちのモノローグで構成された『コーラスライン』は、成功を夢見てブロードウェイに集まる人々の物語そのものです。

『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』は、『コーラスライン』のリバイバル公演に向けた大規模オーディションに密着したドキュメンタリー作品。膨大な数の挑戦者から徐々に絞られていくダンサーたちの想いに寄り添いながら、舞台さながらのドラマが展開していきます。オーディションは0か1の世界です。いくら努力しても、10分程度の審査時間で実力を発揮できなければパー。参加者たちは緊張と恐怖に耐えながら戦い続けます。彼らを突き動かしているのは、「いつか私だって!」という想いだけ。

「明日のことは分からない。だから毎晩が舞台の初日であり、千秋楽でもある。」

これは、ある参加者の父親の言葉です。かつてダンサーだった彼は、キャリアの途中で怪我を負い再起不能に。踊れなくなった今も、彼は言います。「ダンスは自分のすべてで“宇宙”だ」。たとえ手に入れられたとしても、いつ失うかわからない成功。そんな厳しくて脆い世界を追い求め続けるダンサーたちの、「その瞬間」に賭ける情熱を目撃すると、自分も毎日を全力で生きなければ!と思えるかもしれませんよ。

PINTSCOPEでは、TOPページで「映画の言葉」を定期的に更新中!

BACK NUMBER
RANKING
  1. 01
    三浦春馬 インタビュー
    「普通の人」ってどんな人?
    三浦春馬がヒントを求めた先は、動物園!
  2. 02
    吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE) インタビュー
    ステイホーム中に、吉野北人が見つめ直した「なりたい自分」と「自分を磨く映画」
  3. 03
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  4. 後戻りのできない空の色 『彼女がその名を知らない鳥たち』 04
    映画の余韻を爪にまとう 第1回
    後戻りのできない空の色
    『彼女がその名を知らない鳥たち』
  5. 今ここで何を感じ、考えたか。 言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。 05
    森山未來 インタビュー
    今ここで何を感じ、考えたか。
    言葉に頼らない挑戦の先にある、存在表明。
  6. 恐怖に魅せられて…。聞いたら最後、誰かに伝えずにはいられない「こわ〜い話」の魅力って!? 06
    乙一(監督:安達寛高)×『怪と幽』編集長 似田貝大介
    恐怖に魅せられて…。聞いたら最後、誰かに伝えずにはいられない「こわ〜い話」の魅力って!?
  7. “好き”が深いからこそ見える世界がある!鉄道ファンの漫画家が楽しむ映画とは? 07
    DVD棚、見せてください。第27回
    “好き”が深いからこそ見える世界がある!鉄道ファンの漫画家が楽しむ映画とは?
  8. 多部未華子が“恋する”人と映画 08
    多部未華子 インタビュー
    多部未華子が“恋する”人と映画
  9. 映画を通じて、未知の自分を探求する。市川実日子はそこで“本来の自分”の姿に出会った 09
    市川実日子 インタビュー
    映画を通じて、未知の自分を探求する。市川実日子はそこで“本来の自分”の姿に出会った
  10. 映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる! 宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは? 10
    グラフィックデザイナー 大島依提亜 インタビュー
    映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる!
    宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは?
FEATURED FILM
『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 プレミアム・エディション<2枚組>』
監督・製作:ジェイムズ・D・スターン/アダム・デル・デオ
製作総指揮:ジョン・ブレリオ(ミュージカル「コーラスライン」プロデューサー)
編集:フェルナンド・ビレナ/ブラッド・フラー
キャスト:マイケル・ベネット/ドナ・マケクニー/ボブ・エイヴィアン/バイヨーク・リー /「コーラスライン」オリジナルキャスト 他
©Vienna Waits Productions LLC.
ニューヨークの街角に、アメリカ各地、果ては国外から集まったダンサーたちによる長い長い列ができている。彼らの願いは、16年ぶりに再演される伝説的なミュージカル「コーラスライン」の舞台に立つこと。応募者数3,000人、最終選考まで8ヶ月、そして選ばれるのはわずか19名という過酷なオーディションが始まる。ブロードウェイ史上初めてカメラが捉えたその舞台裏には、想像を遥かに超える過酷な闘いがあった。代役候補から8ヶ月の間にめきめきと成長し、有力ダンサーの強力なライバルとなった新人。ほぼ手に入れた役を最後の瞬間に新鋭にさらわれる一流ダンサー。最終選考で互いの努力を知り尽くす親友とひとつの役を争うことになった日本人ダンサー。長きに渡るオーディションに挑み勝ち抜いていく者、敗れ去る者、それぞれの夢、希望、葛藤…。彼らダンサーたちの生の姿は、人生が変わる瞬間の光と影のドラマに満ちている。筋書きのない真実のストーリーが、圧倒的な迫力で見る者の胸を打つ!
シェアする