PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』ジョアンナのセリフより

「平凡はイヤ “特別”になりたかった」

9232-2437 Québec Inc – Parallel Films (Salinger) Dac © 2020 All rights reserved.
映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。
そんな、映画の中の言葉を紹介します。

平凡はイヤ
“特別”になりたかった

By ジョアンナ

『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』より

触れた途端、熱が帯びてくるような、踊り出したくなるような、自分にとっての“特別”はありますか? どんな平凡な毎日だって人生だって、「平凡」と感じなくなるような。そんなあなたにとっての“特別”は、あなた自身をも特別にする鍵なのかもしれません。

作家を夢見るジョアンナ(マーガレット・クアリー)は、アメリカ、西海岸の大学で文学を研究する学生。次のセメスター()が始まるまでの休暇中、友人に会うため故郷のニューヨークを訪れます。数日滞在したら戻る予定でしたが、ある記憶をよみがえらせたことをきっかけに、この街で作家をめざすことを決意しました。それは、幼い頃「平凡はイヤ “特別”になりたかった」という気持ちを抱いたことだったのです。

作家という夢に近づくため、出版エージェントで働きだした彼女は、自分の“特別”を見つけている人たちと出会いました。多くの出会いの中で、最初から特別だった人なんていないことに気づきます。誰もが、“特別”に向かって行動し、それを積み重ねていたのです。このことに気づいた瞬間、彼女の世界は大きく動き出しました。

自分が特別かどうかなんてわからない。作家として成功するかどうかもわからない。でも、踏み出さずにはいられない。走り出さずにはいられない。その時、彼女は気づいたはずです。目の前に広がる景色が、色づき、輝き始めたことに。世界がキラキラと輝き始めたその瞬間こそ、自分自身が“特別”になったその時なのかもしれません。

※セメスター:学期。セメスター制(2学期制)を採用する学校では、通常、秋学期と春学期がある。

PINTSCOPEでは隔週で「映画の言葉」をお届けしています。
ぜひ、Twitter公式アカウントをフォローして「心の一本」を見つけに来てください。

あわせて読みたい
BACK NUMBER
INFORMATION
『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』
監督・脚本:フィリップ・ファラルドー(『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』)
原作:「サリンジャーと過ごした⽇々」(ジョアンナ・ラコフ 著/井上里 訳/柏書房)
出演:マーガレット・クアリー、シガニー・ウィーバー、ダグラス・ブース、サーナ・カーズレイク、ブライアン・F・オバーン、コルム・フィオールほか
配給:ビターズ・エンド
原題: My Salinger Year
5月6日(金)新宿ピカデリー、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
公式サイト: bitters.co.jp/mynydiary
Twitter: @my_ny_diary
Instagram: @my_ny_diar@
9232-2437 Québec Inc - Parallel Films (Salinger) Dac © 2020 All rights reserved.
90年代、ニューヨーク。作家を夢見るジョアンナは、老舗出版エージェンシーでJ.D.サリンジャー担当の女上司マーガレットのアシスタントとして働き始める。昼はニューヨークの中心地マンハッタンの豪華なオフィスに通い、夜はブルックリンにある流し台のないアパートで同じく作家志望の彼氏と暮らしている。
日々の仕事は、世界中から毎日大量に届くサリンジャーへの熱烈なファンレターを処理すること。小説の主人公に自分を重ねる10代の若者、戦争体験をサリンジャーに打ち明ける退役軍人、作家志望の娘を亡くした母親――心揺さぶられる手紙を読むにつれ、飾り気のない定型文を送り返すことに気が進まなくなり、ふとした思いつきで個人的に手紙を返し始める。そんなある日、ジョアンナが電話を受けた相手はあのサリンジャーで…。
PROFILE
フリーライター・インタビュアー
藤田真奈
Mana Fujita
フリーランスのライター・インタビュアー。大学卒業後、勢いでフリーランスとして独立。ウェブメディアを中心に、インタビューやイベントレポート、小説連載など様々な媒体で執筆、脚本を行っている。小説をエンタメだけでなく情報を伝える手段にするべく、日々奮闘中。
RANKING
  1. 01
    映画の言葉『THE FIRST SLAM DUNK』宮城リョータのセリフより
    「キツくても…心臓バクバクでも…
    めいっぱい平気なフリをする」
  2. 02
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第12回
    真田広之と田中泯。役者の身体を通して「生」を取り戻す『たそがれ清兵衛』
  3. 03
    蒼井優×高橋一生 インタビュー
    「ゆだねられている」という幸せ。緊張と付き合うためのバランス力とは?
  4. 2022年10月25日〜11月30日 病気宣告、そして『水いらずの星』撮影。 04
    揺れる泪、闘う乳房 〜Pはつらいよ映画日記〜 vol.1
    2022年10月25日〜11月30日
    病気宣告、そして『水いらずの星』撮影。
    Sponsored by 映画『水いらずの星』
  5. 「今 俺 変わろうとしています」 05
    映画の言葉『そして僕は途方に暮れる』菅原裕一のセリフより
    「今 俺 変わろうとしています」
  6. 「メリークリスマス、ロレンス」 ハラとロレンスの絶対的違いを超えた人間愛 『戦場のメリークリスマス』 06
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第20回
    「メリークリスマス、ロレンス」
    ハラとロレンスの絶対的違いを超えた人間愛
    『戦場のメリークリスマス』
  7. スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』 07
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第16回
    スカーレットはいじわるキャラ?女性が自分で人生を決め、自分の力で生き抜くということ『風と共に去りぬ』
  8. 「だってこころちゃんは毎日、闘ってるでしょう?」 08
    映画の言葉『かがみの孤城』喜多嶋先生のセリフより
    「だってこころちゃんは毎日、闘ってるでしょう?」
  9. 映画『少女は卒業しない』トークショー付試写会 09
    特別試写会プレゼント!
    映画『少女は卒業しない』トークショー付試写会
  10. 映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる! 宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは? 10
    グラフィックデザイナー 大島依提亜 インタビュー
    映画好きなら誰もが一度は触れている、大島依提亜さんのデザインの秘密にせまる!
    宝物のようにとっておきたくなるポスター・パンフレットとは?
シェアする