PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば PINTSCOPE(ピントスコープ) 心に一本の映画があれば

映画の言葉『居眠り磐音』坂崎磐音のセリフより

「それがしは選んだのだ 生きることを」

SNSで最新情報をチェック!
居眠り磐音
©2019映画「居眠り磐音」製作委員会
映画の中の何気ない台詞が、
あなたにとっての特別な“言葉”となり、
世界を広げ、人生をちょっと豊かにしてくれるかもしれない。
そんな、映画の中の言葉を紹介します。

それがしは選んだのだ
生きることを

By 坂崎磐音

『居眠り磐音』より

過去の出来事を思い出し、後悔から抜け出せない。どうしても後ろばかりを振り返り、前を向いて進めず苦しんでしまう…。そんな時に、背中を押してくれる言葉とは、どんな言葉でしょう。

ベストセラー作家・佐伯泰英の大人気シリーズを映画化した『居眠り磐音』は、松坂桃李が主演をつとめる時代劇エンターテインメント作品です。主人公・坂崎磐音は、ある悲しい事件のために3人の友を失い、そのうち1人は上意討ち(主君の命を受けて、罪人を討つこと)として自ら手に掛け、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩。すべてを失い、江戸に出てきた浪人です。収入のない彼を見かねた大家(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒として働き始めます。そんな折、ある陰謀に巻き込まれ、江戸で出会った大切な人を守るため、悪に立ち向かうことになります。

「それがしは選んだのだ 生きることを」

これは、磐音の過去を知る悪党・阿波屋の有楽斎(柄本明)が、江戸でも剣を握り戦う磐音へ「逃げられへんで。あんたこの先も人を斬る」「そのたびに思いだすんや。竹馬の友を斬った手触りを。地獄やで」と投げかけた後に、磐音が返した言葉です。

磐音は江戸の狭い長屋の一角で、失った3人の位牌に手を合わせ、3人を想います。磐音が想い続けるのは3人だけではありません。どこかで生きているであろう許嫁の奈緒のことも。磐音と奈緒は、「夢であったらいいのに」と思うほどの辛い過去を抱えながら、それでも生きることを選びました。

原作者の佐伯泰英は『陽炎ノ辻 居眠り磐音(一)決定版』 のあとがきにおいて、51巻も続く長編シリーズとなった理由のひとつに、「磐音と奈緒との別離」を挙げています。磐音の奈緒を深く想う気持ちが、次作に繋がったのではないかと。

過去の自分や出来事は変えられません。でも、その過去が自分を決めるのではなく、これから先に続く未来が自身を決め、過去も決めていくのです。大切な人を想い、今周りにいる人も大切にして生きる磐音の姿が、そのことに気づかせてくれたように思います。

↓『居眠り磐音』の原作本を読む

陽炎ノ辻 居眠り磐音(一)決定版 (文春文庫)

BACK NUMBER
FEATURED FILM
居眠り磐音(DVD)
原作:佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)
監督:本木克英 脚本:藤本有紀 音楽:髙見優 企画・プロデュース:藤村直人
主題歌:「LOVED」MISIA(アリオラジャパン)

松坂桃李 木村文乃 芳根京子/柄本佑 杉野遥亮 佐々木蔵之介 奥田瑛二/
陣内孝則 石丸謙二郎 財前直見 西村まさ彦/谷原章介 中村梅雀 柄本明

2019年11月6日リリース
発売元:松竹 販売元:松竹
©2019映画「居眠り磐音」製作委員会
坂崎磐音(松坂桃李)は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった―。
江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう―。
RANKING
  1. 01
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第4回
    ホラーよりも怖い!?
    究極の恐怖が一人の父親を襲う『震える舌』
  2. 02
    おすすめ恋愛映画(邦画)特集!
    特別な一本を選ぶなら…
    おすすめ恋愛映画12選【邦画】
  3. 03
    林遣都 インタビュー
    命と向き合う。その生き方が「命の大切さ」そのものとなる
  4. 世界的タップダンサー熊谷和徳の道は、1本の映画から始まった【前編】 04
    タップダンサー・熊谷和徳 インタビュー
    世界的タップダンサー熊谷和徳の道は、1本の映画から始まった【前編】
  5. 理解できない! それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって? 05
    嗚呼、こんなにも魅惑的な登場人物たち! 第2回
    理解できない!
    それなのに、危険な存在に惹かれてしまう怖さって?
  6. 「伝えたい」ことを「伝える」ために。自分を嘘なく、晒け出す『サイダーのように言葉が湧き上がる』 06
    市川染五郎×イシグロキョウヘイ監督 インタビュー
    「伝えたい」ことを「伝える」ために。自分を嘘なく、晒け出す『サイダーのように言葉が湧き上がる』
  7. 夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』 07
    どうしても語らせてほしい一本「大事な人と観たい、大事な人に届けたい映画」
    夢や希望、生きる意味を見失った時、再び立ち上がる力をくれた映画『ライムライト』
  8. 人の本質がまる見え!? 怖い…けど面白い! 「トラウマ映画」のススメ 08
    実体験にもとづく! オススメ「トラウマ映画」特集
    人の本質がまる見え!?
    怖い…けど面白い!
    「トラウマ映画」のススメ
  9. 「思ってるだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ」 09
    映画の言葉『男はつらいよ お帰り 寅さん』のセリフより
    「思ってるだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ」
  10. 本能と理性の間に人生はある 『タンポポ』 10
    有賀薫の心においしい映画とスープ 17皿目
    本能と理性の間に人生はある
    『タンポポ』
シェアする